「距離を置こう」は別れの合図?

2019年05月06日 23時10分

恋愛 マイナビウーマン

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

「距離を置きたい!」と彼氏にいわれたら、さすがにショックですよね。

「あ~この世の終わり(悲)」「何か私、悪いことしたの?」と今までの自分の言動を振り返ってしまいます。

今回は、彼女に「距離を置こう」という男性の心理と、もし言われたときのベストな対処法について、考えてみました。

よかったら参考にしてください。

■どういう意味? 男性が「距離を置こう」という心理

男性が「距離を置こう」というときは、8割方は「別れる」決意が固まっているといっていいと思います。

だから、彼女にとっては厳しい状況(悲)。

ただ、100%嫌いになったわけじゃないのも事実。

まだ未練が残っている部分もあります。

もう可能性がないなら、「別れよう」「好きな人ができた」と致命的な言葉を言うはず。

ただ、「距離を置こう」という男は2タイプいて、彼女のことを真剣に考えている真面目で誠実なタイプか、その真逆で、優柔不断で不誠実な男。

「別れよう」が言いづらいからと、「距離を置こう」という言葉によって自然消滅を狙っているケースもあるので、そこは注意したいですね。

◇【誠実な男のケース】仕事が忙しくなった(集中したい)

このタイプは、恋愛と仕事をバランスよくこなすことのできない不器用な男に多いですね。

実際に仕事が忙しいという話をしてきたり、距離を置く理由として仕事を挙げてくる場合です。

仕事が忙しすぎて、彼女と一緒にいる時間がなかなかとれない罪悪感から言っています。

仕事が落ち着いたら復活するかもと言いたいんでしょうけど。

でも、仕事が落ち着くことなんてないですからね(苦笑)。

このケースはそもそも別れたいわけではないので、元に戻る可能性もあります。

◇【誠実な男のケース】嫌いじゃないけど、結婚を考えると迷う

嫌いじゃないけど、結婚する相手かどうか悩んでいるときに「距離を置こう」という場合があります。

だから、一旦、距離を置いて、本当に必要な人かどうかを考えてみたいということ。

このケースは、元に戻る可能性もあります。

このタイプの男性を見極めるには、シンプルに「距離を置きたい」理由を聞くことが一番。

この理由は、彼女に面と向かって言える理由ですからね。

真面目な男なら、なおさらちゃんと話すと思います。

◇【誠実な男のケース】気になる人ができて、どっちを選ぶか迷っている

ほかに気になる女性ができたから、一旦、距離を置いて考えてみたい場合もあります。

二股をかけながら女性を選ぼうとするのではなく、二股をかけずに、ちゃんと彼女に「距離を置こう」と言えるところは、誠意がありますね。

ただ、かなり気になる女性に引っ張られている感はあります……。

このケースの場合、元に戻る可能性は少ないかもしれません。

この男性側の理由を彼女に面と向かって言うのは、さすがに難しいですね(苦笑)。

おそらく「距離を置こう」と言い出す前に、何か前兆はあったはず。

以前に比べて、LINEのレススピードが格段に遅くなったり、理由なく連絡がとれない時間帯が増えたり、あとはスマホをあなたの目のつくところに置いていたのに、最近まったく見なくなったりするなど。

男は嘘をつくのが基本下手なので、どうしてもちょっとした行動に表れますから。

そのサインを見逃さずにキャッチすることが見極めポイントになります。

◇【誠実な男のケース】気になる人はいないけど、ケンカが絶えない

ほかに誰か気になる女性ができたわけではないけど、一時的に、ケンカが絶えなくなり、顔も見たくなくなる場合もあります。

そんなときに、一旦、距離を置いてクールダウンすれば、また元の関係に戻れると期待しています。

最近、彼氏とケンカが多かったな、と心当たりのある方は、このケースの可能性があります。

◇【不誠実な男のケース】「別れよう」が言いづらく、自然消滅を狙っている

彼女に情があるから、「別れよう」がストレートに言いづらい場合もあります。

このケースでは距離を置くことで、彼女にもほかにいい男性が現れることを少し期待しているところもあります。

男性の中にも「距離を置く」=「一旦別れること」と思っているところもあって、彼女以外の女友だちとも、積極的にご飯に行ってもいいと拡大解釈をします。

距離を置いている期間、たとえば彼がSNSで女友だちと遊んでいる様子を堂々とアップしていたら、この不誠実な男のケースである可能性大。

この場合、元のように彼氏・彼女関係に戻る可能性は低いと思われます。

■「距離を置く=別れる確率」が上がる!

距離を置くことで、改めて、お互いの必要性を知るというプラス面もありますが、大半は、このあと解説するマイナス面がほとんど。

だから別れる確率は上がるでしょうね。

◇理由1:淋しさに慣れてくるから

距離を置いてからすぐは、不安や淋しさでいっぱいですが、だんだんその状況にも慣れてきて、「彼氏がいなくなっても大丈夫かも?」と思うようになります。

慣れって怖い(苦笑)。

◇理由2:ライバルが出現する可能性が出るから

距離を置いている間は、自由にいろんな女性とご飯に行くことが可能。

そうなると、自分以外に、彼にハマる女性が出現する可能性があります。

■距離を置いても別れたくない。距離を置くときの注意点

「距離を置こう」と言われた彼氏に未練があり、距離を置いても別れたくないなら、「理由」を聞くことと、「期間」を決めることが大事です。

◇STEP1:まず理由を聞く

あなたが別れたくないと思うなら、彼氏が距離を置きたくなった理由を聞くことで、自分のダメな部分を反省して、もう一度、彼にチャンスをもらいましょう。

◇STEP2:距離を置く期間を決める

期間を決めないと、ずるずると自然消滅になるパターンが多いです。

彼氏に聞くと、「わからない」とい言われる可能性がありますが、ここは曖昧にしないほうがいいですね。

◇STEP3:「距離を置く」の定義を決める

人によって、「距離を置く」の定義はバラバラ。

できれば、頻繁に会っていた回数を月1回などに減らしたとしても会う時間を作ったり、LINEだけでも繋がっておいたりするほうがいいですね。

距離を置く期間は、ひとつでもいいので彼氏との接点を残すよう、うまく交渉することが大事です。

■距離を置いているときの対処法

彼氏と別れたくないという気持ちが強いと、距離を置いているときも何かと気になってしまいがち。

でも、粘っても逆効果。

ここは、一旦、決めた約束を守ることが大事です。

◇2人で決めたルールを守る

「距離を置く」と、条件つきでルールを決めた以上は、そのルールを守りましょう。

「寂しくなって連絡しちゃった!」といくらかわいく言ったとしても、逆効果ですからね(苦笑)。

◇彼の嫉妬心に火をつける

距離を置かれたことは、高い確率で別れる方向に行く、といいました。

だから、これは一種の賭けですが、距離を置くことで、彼女は「寂しがってるんじゃ?」と彼氏が思っている予想を裏切るかのように、楽しく毎日を送っている情報を、第三者(友だち)を通じて彼氏に入れてみるのもアリです。

ナチュラルに嫉妬心をあおれたら成功ですね。

◇ほかの彼氏候補を探しておく

恋愛リスクヘッジとして、距離を置かれている間も、次の彼氏候補を探すために、いろんな出会いの場に出ていくことが大事です。

彼氏が戻ってくる保証なんてありませんから、一途に待っていてもダメですよ。

◇期待をしない(マインドコントロール)

彼氏が戻ってきたらラッキーくらいの気持ちで、期待しないほうが楽です。

期待しすぎると、日々苦しくなってきますからね。

■粘っても逆効果。過度に期待しないことが大事

「距離を置こう」という男の本音は、8割方はもう別れたいと思っている。

だから、粘っても逆効果。

一発逆転を狙うなら、嫉妬させる作戦がいいといいました。

そして、彼氏が戻ってくると期待をしないことです。

ダメだったときのショックははかりしれませんからね。

戻ってきたらラッキーというセルフマインドを持つほうが楽ですよ。

(TETUYA)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年05月06日 23時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。