「運命の人」の見つけ方8つ

2019年05月06日 12時00分

恋愛 マイナビウーマン

既婚者の中には、相手に対して「この人と結婚するかも!」といった直感があって結婚に至った人たちが多くいるようです。

そういう人は、何を感じ、相手を“運命の人”だと思ったのでしょうか? 実際の既婚者の声を参考にすることで、あなたも運命の相手を見極められるかもしれません。

相手との結婚を直感した人は、どの程度の割合でいるのでしょうか? また、運命の相手だというのは、どのような瞬間にわかるものなのでしょうか? 20~30代の既婚男女にとったアンケートでは、こんな結果がありました。

■運命の人! 「この人と結婚するかも」と感じる瞬間とは

アンケート結果から、日常の中で「この人と結婚するかも」と運命を感じる瞬間の例をご紹介します。当てはまる男性がいるのなら、その人は近く結婚相手になる人かもしれません。

◇(1)否応なく惹かれた

・「ビビッときた」(女性29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「直感」(男性38歳/その他/販売職・サービス系)

よく、出会った瞬間に「ビビビ! ときた」なんていわれるのが、このケースです。第六感が働いただけではなく、現実に自分が思い描いていたような理想通りの異性が現れると、「運命の人だ」と思うことは多いでしょう。

◇(2)出会ったときに懐かしい感じがしたから

・「初めて会ったときになんとなくこの人と結婚するんだろうなぁと思ったし、生活が描けた」(女性32歳/情報・IT/技術職)

・「初めて会ったときに、初めてな感じがしなかった」(男性33歳/自動車関連/その他)

スピリチュアル的にいえば、前世でもつながりがあった相手と出会うと懐かしい感じがするようです。そういう相手は、生まれてくる前から出会うことが運命として決まっていたのかもしれません。

◇(3)共通点が多い

・「やさしかったし、趣味が一緒だったから」(男性33歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「考え方が似ていた。どうしても嫌なことは絶対しなかった。食べ方が好きだった。この人とならずっと一緒にご飯を食べたいと思った」(女性31歳/生保・損保/事務系専門職)

同じ趣味を持っていたり、出身地が同じだったり、共通の知り合いがいたり、職業が同じだったりと、ほかの人に比べて共通点が多いと、なんとなく運命を感じてしまうのです。

実際に、似ている点が多いと親近感を覚え、心の距離を縮めやすいので、恋愛に発展しやすいです。

◇(4)自然体の自分でいられる

・「2人でいるときに無言でいても苦にならなかった」(男性39歳/商社・卸/営業職)

・「居心地がいい」(女性33歳/医療・福祉/専門職)

結婚する相手とはひとつ屋根の下でともに暮らすことになるので、やはり一緒にいて楽な相手がいいですよね。逆をいえば、理想を押しつけてきて、“自分らしさ”を失わせる相手とは一緒にいられません。

そのため、お互いに“自分らしく”いることを認め合えるような居心地のいい相手と出会うと、「この人となら、結婚してもいいな」と思えてくるものなのです。

◇(5)笑いのツボが一緒

・「一緒にいて 楽しいし 笑うポイントが同じ」(男性39歳/その他/販売職・サービス系)

・「趣味や価値観、笑いのツボ、生活リズムが合ったから」(女性26歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

毎日の生活の中で「笑い」を重視する人の中には、笑いのツボが同じ人が現れると、運命を感じることがあります。

「笑い」とひと言でいっても、自虐的な笑い、ドタバタ的な笑い、ひねりのある知的な笑い、ダジャレなどもさまざまな種類があります。何に対しておもしろいと思うのかは、その人の本質の部分に深くかかわってくることも多いもの。

たとえば心やさしい人は、差別的な笑いはおもしろくないと感じます。好きな笑いが似ている人は、本質的な部分が似ているともいえるのです。

◇(6)結婚したいタイミングが合った

・「付き合いはじめたときが結婚適齢期だったから」(女性32歳/その他/その他)

・「いろいろとタイミング合った(男性33歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

結婚にはタイミングが大切です。

自分が結婚したいときに相手には結婚願望がなかったりすると、どんなに好きでも結婚して結ばれることは難しいものです。

逆をいえば、自分が結婚したいときに、結婚願望のある異性でお互いに理想に近い相手に出会うと、運命を感じやすく、結婚にもつながりやすくなります。

◇(7)育った生活環境が似ている

・「自分の親、親戚、友だちに気配りができてた」(男性36歳/自動車関連/事務系専門職)

・「生活の感覚が似ていたから」(女性28歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚をリアルに想像し考えるようになると、「一緒に生活しても違和感のない相手」を探すようになってきます。

そんなときに、育った生活環境が似ている相手に出会うと、「この人とならともに生活ができるかも」と感じ、結婚を意識しやすくなります。

たとえば、「家族団らんを重視した家庭」で育った人と「家族それぞれが好きに行動する家庭」で育った人とでは、思い描く家庭像がちがうこともあります。自分が育った家庭と同じような形を双方が望むようになってしまうと、一緒に暮らすのは難しくなってくるでしょう。

◇(8)結婚に対する理想や価値観が似ている

・「お金に対する価値観が同じ」(男性37歳/学校・教育関連/専門職)

・「金銭感覚や仕事への取り組み方で共感、尊敬する部分が多かったから」(女性28歳/建設・土木/技術職)

結婚について本気で考えるようになると、「どんな人となら一緒に暮らせるのか?」を考えるようになります。

金銭感覚や生活レベル、休日の過ごし方、親との付き合い方など、ともに生活をするにあたり、自分にとっての「これだけは譲れないもの」もわかってくるはずです。

自分が叶えたいことがより多く叶えられそうな“条件のいい相手”に出会うと、「この人こそ、結婚すべき相手なのだ」と運命を感じるでしょう。

■運命の人は2パターンある

実は、ここまで紹介した「この人と結婚するかも」「運命の人かも」と感じた瞬間は、大きく2つのパターンに分かれます。それは、「感情(愛情)で結婚すると思うパターン」と、「理性で結婚すると感じるパターン」です。

否応なく惹かれる相手に出会ったタイミングで、「この人こそ、運命の人だ」と思うこともあれば、そろそろ結婚したいなと思うタイミングのときに出会った、条件が合う人のことを「結婚する運命の相手だ」と感じる場合もあるのです。

パターンによって“運命の人”の意味合いも変わってきます。

◇恋愛の延長線上に結婚があるパターン

・「感情(愛情)から結婚したい」=相手のことを好きでずっと一緒にいたいからという「恋愛の延長としての結婚願望」

ー運命の人=否応なく惹かれてしまう相手

◇人生設計を立てる中に結婚があるパターン

・「理性から結婚したい」=自分の状況や年齢を考慮して、そろそろ家庭を持ちたいからという「人生設計からの結婚願望」

ー運命の人=条件が合う相手

■結婚にはタイミングも重要

また、結婚はひとりでできるものではないため、タイミングが重要となります。

◇結婚よりも優先したことがある

自分に結婚する準備ができていないときは、どんなに素敵な人が現れても心が動かないこともあります。特に恋愛以上に仕事や趣味に夢中のときは、なかなか結婚したいとは思えません。

それは「結婚のタイミングがきていない」といえるのです。

◇余裕がない

本人は「結婚したい」と思っていても、現実的に仕事や趣味が忙しくて、時間も労力も恋愛に費やせないケースもあります。

そういう“恋する余裕がない人”は、自分の意思とは関係なく、人生においての“結婚のタイミング”が来ていないともいえるでしょう。

つまり「運命の人との出会い」と「結婚できるタイミング」がセットとなることで、ようやく結婚に至るのです。

◇結婚を考えると起こる変化

さらに、結婚したいと思うときには、異性の好みすら変わることもあります。たとえば今までは「恋愛向きの華やかな相手」に惹かれていたのに、「家庭的で誠実な異性」を好むようになることもあります。

それは“運命の人”だと思う相手すらも変わってくる、ということです。

独身者の中には、「運命の人に出会わないから、結婚できない」と思っている人は多いものですが、もしかしたら自分自身が結婚するための心の準備ができていないから、運命の相手に出会っていても、その存在に気づいていないのかもしれません。

■出会っている人は、みんな運命の人

さらに、「運命の人」について掘り下げると、多くの人は、「ある日突然、運命の人が目の前に現れる」といったドラマティックな出来事を期待しがちです。

それは、ステキなことではありますが、実際は、今、あなたが出会っている人はみんな、“縁があって出会っている運命の人”なのです。

“結婚するご縁”とは限りませんが、今、あなたがその人から何かしら学ぶべきことがあるから、大きな力で出会わされているのです。こんなにたくさんの人がいる中で、同じ時期に同じ環境にいて出会うというのは、実はかなりの確率です。

つまり、縁がなかったらそもそも出会っていないのです。その出会いは、偶然ではなく必然なのです。

そのため、“今、出会っている人”とのご縁を大切にしてかかわってみるのもひとつの方法です。

もしかしたら、今の自分は気づいていないだけで、その中に“運命の結婚相手”がいるかもしれませんよ。

(ひかり)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年4月5日~4月8日調査人数:397人(24~39歳の働く既婚男性)

調査日時:2019年4月18日~4月20日調査人数:380人(22~34歳の働く既婚女性)

マイナビウーマン

2019年05月06日 12時00分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。