合コンで「着てはいけない服」

2019年04月25日 07時10分

恋愛 マイナビウーマン

こんにちは! 酒豪ガールのまこです。こんにちは! 酒豪ガールのまこです。

合コンでは何を着たらいいのか、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

男性にも見た目や性格の好みがそれぞれあるので、ファッションひとつですべての男性にモテるということは正直ありません。

でも、自分の魅力を最大限に引き出して、その後の展開に繋げられる確率をグンと上げることは確実にできます!

今回は、ハイスペックな男性との合コンでモテるファッションの原則と、季節ごと・男性の職業ごとのコーディネート例を解説していきます。

■モテファッションのポイント3つ

◇1.色味や柄を取り入れる

カラーや柄のあるものを取り入れます。

特に、平日仕事帰りの合コンであれば、多くの男性がスーツやビジネススタイルで参加します。

仕事で疲れてやって来た男性たちに、視覚的な刺激でアドレナリンを出させるのです。

ちなみにパステルカラーやスモーキーカラーは暗い店内では色が映りにくいので、できるだけはっきりとした色のほうがベターです。

自分に似合うカラーや柄をベースに、派手になりすぎない程度に、華やかなものを選んでください。

ほかの友だちとカラーが重複しないように、あらかじめ打ち合わせておくのもいいでしょう。

◇2.一箇所だけ露出

一箇所だけ露出をするのも、鉄板のモテファッションです。

鎖骨や二の腕、脚など、自信のあるところを見せたり、ボディラインの出る服でウエストラインやヒップラインを主張したりするのもアリです。

◇3.小さめのバッグ

バッグは、自立し中身が見えないものにしましょう。

そしてできれば小さめのものがよく、目安としてはA4サイズの書類が絶対に入らないであろうサイズ。

不便そうですが、不便そうなところがオシャレに見えるポイントです。

◇4.7~9cmのピンヒール

靴は7~9cmのピンヒール。

疲れると言っていてはモテません。男子は高めのピンヒールが大好物です!

NGファッションポイント

◇1.メンズライクのアイテム

パンツやライダース、トレンチコート、スニーカーといった、メンズファッションから派生したアイテム。

そのほかに、デニム地や麻、パーカー、ボーダー柄、フラットシューズなどのカジュアルファッションも厳禁です。

◇2.生活感のあるアイテム

小物は日常づかい感のないものを選ぶのがオススメです。

ナイロンバッグやトートバッグは、いくら流行っているものでも、また高価なブランドでも絶対にNGです。

◇3.ボロボロの靴

ヒールがボロボロだったり汚れていたりする靴は、絶対に履いてはいけません。

靴は合コンのマナーというよりも、社会人としてのマナーを問われるので要注意です。

■【男性の職業別】モテるファッションの要素

次に、合コンを年間200本をこなした私の個人的な経験から、男性の職業ごとにモテるファッションを分析してみました。

cool

・モノトーン+寒色・落ち着いていて大人っぽく、都会的なイメージ

sexy

・ボディラインが出る・露出は肩か脚・ビビッドなカラー、かつコントラストがはっきりしたコーデ

clean

・白をメインにキレイな色を1~2色プラス・露出は二の腕がベスト

feminine

・ピンクと花柄・フレアシルエットのスカートやワンピース

◇sexy × cool

大人っぽくお姉さん的な印象で、かきあげ前髪がモテ必至のこのゾーン。

聞き上手で機転の利く女性を求める経営者や、自身と同レベルに近い知性を求めるコンサルの男性に好まれます。

一方、気の弱い男性には怖いと思われてしまう欠点も。

◇clean × cool

知的で爽やかな印象を与えるゾーン。

女っぽさは控えめですが、一般的には多くの人に好印象を与えます。

ただし、合コンの場では物足りないと思われてしまうこともしばしば。

大学から大学院、そして社会人になっても男性ばかりの環境にずっといる、研究職やIT(主にSE)の男性をターゲットにするならズバリです。

◇sexy × feminine

夜遊びと飲み会が大好きな、商社や広告代理店の男性が好むゾーン。

彼らは仕事で女性と関わる機会もある程度多く、その女性たちに日々狙われています。

それならば、合コンでは思いっきり女性らしさをアピールする以外に勝つ術はありません。

◇clean × feminine

世間一般的に、一番モテるゾーン。

清楚で女性らしい、王道のモテファッションです。どの職業の人が来るのかわからない、男性陣の職業がバラバラ、というときは、ここを選択しておけば大きく外れることはないでしょう。特にこのスタイルを好むのは、メーカーや公務員、金融、医師・士業といった、安定感のある職業の男性です。

◇NGゾーン

真ん中のゾーンはイマイチ特徴のない、残念な非モテエリア。

合コンは、パッと見で“○○そうな子”と何かしらの印象を与えられなければ、その後の展開も残念な結果になってしまいます!

■【季節×職業別】合コンコーデ実例

次に、合コンのコーデを季節別×職業別にご紹介します。

◇春×広告代理店

合コン三昧の広告代理店。

「今夜は楽しむぞ」というときに、白地にピンクの花柄ワンピースで登場されたら、一気にテンションMAX。

白のワンピースは着膨れするため、濃い色のカーディガンで華奢に見せるとかわいさが倍増します。またカーディガンは、袖で手を隠してかわいい子ぶるという技も使えます。

◇春×公務員

ピンクを着たくなる春、あえて寒色でまとめて清潔感をアピール。

フレアスカートが揺れるのに膝は隠れているという保守的なところが、きちんとした女性と思わせることができ、安定志向の公務員男性にマッチします。

◇夏×医師・士業

医師・士業といった堅い仕事の男性は、女性にも真面目さを求めてくる場合が多く、フェミニンさはほどほどにしたほうが無難。

そんなときは、ピンクよりもイエローが馴染みます。夏だからといって露出をせず、カラーで涼しく見せる戦略。

花柄ではなくレースで、さりげなく女性らしさをアピール。

◇夏×コンサル

コンサルの男性は、才色兼備を求める傾向あり。

デコルテと肩を出して色気をアピールしましょう。

谷間は見せないのが合コンの掟!

一歩まちがえるとカジュアルになってしまいそうな夏のコーデを、リュクス感のあるバッグとサンダルで調整という計算力を見せて。

あざとく見えないように、甘すぎないカラーを選ぶのもポイント。

◇秋×経営者

ボディラインがはっきりわかるタイトワンピースにレオパード柄のパンプス、さらにバッグもこだわりが見えるものをセレクト。

すべてのアイテムの主張が強く一見やりすぎに思えますが、個性を重んじる経営者が相手なら、これくらいで丁度いいのです。

◇秋×研究職

明るいベージュは柔らかい印象を与えてくれるので、女性慣れしていない傾向がある研究職の男性でも話しやすい雰囲気に。

あえてジャケットを選ぶことで、真面目でコンサバな女性を演じる作戦です。

ヒラヒラしないタイトスカートを選ぶのも安心させるポイント。

◇冬×金融

膝は隠して保守的ながらも、女性らしいピンクの大花柄。

このバランスが、華やかさはほしいけれどセクシーさはそこまで求めていない金融系の男性にピッタリ。

モコモコのバッグは、意中の男性といちゃつくための餌です。

◇冬×商社

露出ができない冬には、バストラインが出るニットにミニスカートが定番。

ダークカラーに偏りがちな季節に、フレッシュでビビッドなカラーで存在感を出しましょう。

一緒に朝まで遊んでくれそうな元気さと色気を醸し出せば、商社マンとの合コンは序盤から盛り上がることまちがいなし!

モテファッションで勝率を上げる!

以上、酒豪ガールまこによる、合コン必勝コーデでした!

合コンでモテるにはテクニックも必要ですが、ファッションだけでも勝率は上がります。

それでは今日もお気に入りのモテ服で、楽しい合コンへ行ってらっしゃいませ♡

(文:酒豪ガール、イラス:ヤベミユキ)

マイナビウーマン

2019年04月25日 07時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。