結婚しないほうがいい男性のタイプ

2019年04月25日 17時10分

結婚 男性心理 恋愛 マイナビウーマン

こんにちは、ライターの仁科友里です。

交際相手がいても、ふと「この人と結婚していいのだろうか」と悩むことはあると思います。

今日はこの問題について、一緒に考えていきましょう。

■結婚に向いていないタイプの男性

すべての結婚は“賭け”と一緒で、やってみないとどう転ぶかはわかりません。もしダメなら、離婚すればいいだけの話で、深刻になりすぎる必要はないと思います。

しかし、こんな男性はトラブルを起こしかねないという男性を挙げてみます。

◇1.調べればわかることに嘘をつく

年齢、学歴、勤務先など、調べようと思えば調べられることに嘘をつく男性は、自分に自信がない、もしくは自分を大きく見せたい願望を持っている可能性大です。

嘘に嘘を上塗りして、職場で周囲の信頼を失っていることに気づいていないということもあります。

友人が探偵をしているのですが、詐欺などの金銭トラブルを起こすのも、また巻き込まれるのも、自分に自信がない人だそうです。

なお、仮にコンプレックスを抱えていたとしても、「これからがんばる」といった具合に行動で示せる男性は、特に心配はありません。

◇浮気した実績がある

残念ながら、結婚したくらいで人が真人間に変わるということはありません。

結婚前からできないことが、結婚して得意になることはほぼないと考えてください。

浮気は性欲の問題ととらえられがちですが、彼女を「下に見ている」(許してもらえると思っている、逃げて行かないと思っている)からする場合もあります。

はっきりした浮気を経験している場合は、覚悟が必要です。

◇正義感が強すぎる

一見よさそうに思えるかもしれませんが、会社員の場合、問題を起こす可能性があります。

職場に「おかしい」と思うことはつきものですが、それを若い世代が声高に主張すると、その不利益を自分だけが被ることはよくあること。

下手をすると、会社員人生が終わってしまうこともあるので、正義感は年齢と役職に応じたものが好ましいと思います。

もちろん、あなたに彼を養えるだけの安定した定収入があり、正義感の強い部分に魅力を感じているのであれば、気にする必要はありません。

◇会社に関する愚痴が多い、もしくは孤立している

誰もが会社の愚痴を持っているでしょうが、それがつきぬけて多い場合、職場よりも本人の思考回路に問題がある可能性もあります。

会社以外のこと、たとえばニュースなどを見たときの感想を聞いてみましょう。意見がちがってもかまいませんが、あなたから見て論理的であるかどうかをチェックしてみてください。

◇常に家族をほめている

結婚するということは、2人でまったく新しい家庭を作るということ。

家族と仲がいいのはかまいませんが、常に家族をほめるような人は「お母さんと同じようにやってほしい」願望が強く、それが叶えられない場合、お母さんをはじめとした家族と一緒に、あなたをワルモノにする可能性があります。

もちろん、あなた自身も彼の家族を好きだと思えるのなら、問題はありません。

■本当に結婚したい? 独身が向いているタイプの女性

結婚に向いていない男性の特徴を挙げましたが、女性側でも結婚せずに独身を謳歌したほうがいいタイプもいます。

◇自分とちがう意見が許せない人

結婚すると家事のやり方から家計の話まで、2人の意見をすり合わせていく必要があります。

ちがう環境で育った2人ですから、考え方がちがうのはある意味当たり前ですが、それを「文句を言われた」「いちいち、うるさい」と解釈する人は、結婚生活がつらいと思います。

◇テリトリー意識が強い人

独身時代、あなたの時間やお金はすべてあなたのものですが、結婚するとそうもいかなくなります。

お金はワリカンにすることはできても、時間は分割できません。相手の都合に合わせるのが苦手、合わせたくないという人は結婚に向きません。

◇頑固な人

結婚すると、これまでとちがう環境に足を踏み入れることになります。

お互いにとって、心地いい環境を作る必要があるのですが、頭ごなしに「私って〇〇な人だから」と結論づけてしまうと、その環境作りはストップしてしまいます。

相手のいいなりになれ、という意味ではなく、結論を先に出さないでとりあえずやってみましょう。

◇家事をまるでしたことがない人

女性だから家事をすべきという時代ではありませんが、自分のことは自分でするというオトナの基本原則からすると、やはり最低限の家事に挑戦し、自分がどの家事が苦手かは把握しておきましょう。

それでも苦手という場合は、今はいろいろな家事代行サービスがありますから、そちらを頼むといいでしょう。

◇実家とベタベタしている人

特にお母さんと仲がいい場合、夫の愚痴を言うときっとあなたの味方をしてくれるでしょう。

あなたにとっては心強いでしょうが、それはあなたと夫の関係性を弱くする行為でもあるのです。「お母さんはわかってくれるけど、夫はわかってくれない」と思ったら、要注意。

もっとも、あなたの実家が資産家で、たとえば新居を用意してくれたなど、夫にも具体的なメリットを与えてくれた場合は、仲よくしてもいいでしょう。

結婚して幸せになるのではなく、幸せな人は結婚しても幸せになれる

結婚したから必ず幸福になる保証はありませんし、離婚したとて不幸という時代でもありません。

あなたが精神的、経済的に独立していれば、何も問題ありません。考えすぎずに決断してみてください。

(仁科友里)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年04月25日 17時10分

結婚 男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。