彼女を「恥ずかしい」と思う瞬間

2019年04月25日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

男の気持ちは男に聞くのが一番はやい! TETUYAです。

面と向かって、「おまえのこーゆーところが恥ずかしい」なんて彼女に指摘する男性って、あまりいないような気がします。

そんなことをする男性がいたら、かなりの亭主関白、もしくはモラ男。マジョリティはそんなことはしないやさしい男性です。

ということは、ひそかに「恥ずかしいなぁ……」と思われている女性はたくさんいるかもしれないってこと。

こっそり思われていたら、それこそ「恥ずかしい」んじゃないでしょうか!

「恥ずかしい」と思う基準も、男性と女性できっとちがいますしね。

今回、男性が彼女に「恥ずかしい」と思うことについてまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

■【シーン別】彼氏が彼女を「恥ずかしい」と思う瞬間

男性の多くは、自分が彼女をどうこう思うよりも、ほかの人から彼女がどう思われているかを、女性が思っている以上に気にします。友だちから、会社の上司から、親から、どう評価されているかが気になるのです。

つまり、彼女を恥ずかしいと思う基準は、自分じゃなく他人から見てどう思うかということなんです。このことを、まずは頭に入れておくといいですね。

具体的にどういうときに恥ずかしいと思うのか、シチュエーション別に挙げてみたいと思います。

◇お外でデート中

☆人前でいちゃついてくる

たまに街中で見かけますね(笑)。完全に自分たちの世界。

もちろん、彼氏も彼女が好きだからいちゃつきたい。

でも、それは2人だけのときでいいんじゃないかと。

人目もはばからず、いちゃついてくる彼女には、恥ずかしいと思う男性は少なくありません。

まわりに聞こえるように、「ぴーちゃん」など変なあだ名で呼んでくるのも、この部類に入ります。2人だけのときならどちらも大歓迎です。

☆店員に対しての対応がひどい

カフェで2人で話しているときは、「TETUYAくん、かっこいいね♡」「今度、どこ行く~?」と、甘えた声でしゃべっているのに、店員さんには、「お水まだ?」と、横柄な態度。

僕は前に遭遇したことがあります(苦笑)。

正直、見ていてがっかり。

いくらヴィジュアルがかわいくても、こんな態度をとる彼女は恥ずかしいですね。周囲の人間にどう思われているのか、気が気じゃありません。

☆声がでかい

「キャハハハハッ!」と、静かな店内にもかかわらず、大きな声で笑う彼女。

まわりの人も、口には出さないまでも、「恥ずかしい」という視線でこっちを見てる……気がする……。

これも、一緒にいる彼氏としては恥ずかしいです。

☆お礼が言えない

「ありがとう」「すみません」が言えない。これは一緒にいるときにやられたら、かなり恥ずかしいです。

彼氏自身に対しても、ご馳走しようとしたら、別に財布を出す素振りを見せなくていいので、「ごちそうさま」「ありがとう」くらいは言ってほしいもの。

何も言わず当たり前の素振りを見せる彼女は、人として恥ずかしいです。

☆自分のことしか考えていない

公共の場で、自分のことしか考えていなくて、周囲に気を配れない彼女には恥ずかしいと思っちゃいます。

たとえば、エレベーターなら、 後ろに降りようとする人がいるのに、彼氏に言われないと場所を開けられないとか。公共の交通機関なら、高齢者、妊婦の方に気持ちよく席を譲ってあげられない。そうそう、電車の中で化粧するのも、僕的にはここに含まれますね。

☆最低限の身だしなみ

歯に口紅がついちゃってたり、ちょっと鼻毛が出ちゃってたり、目やにがついちゃってたり……。

これ男性が気づいても、意外と口に出せないことなんですよね(苦笑)。

トイレのタイミングなんかで、最低限の身だしなみをチェックしてもらえると助かります。

◇彼氏の友だちの前で

☆友人に気が使えない

自分の男友だちと食事に行った際、友人のお酒や、料理の取り分けなどに、気が使えない彼女は正直恥ずかしいと思ってしまいます。2人きりのときにはまったく思わないんですけどね。

彼氏の本音としては、友だちに彼女を自慢したいし、友だちから、「おまえの彼女、気がきくな」「素敵な彼女じゃん」と言われたいんです。

「気が使えない」に関しては、友だちだけでなく、上司、親、すべてにおいて一緒の気持ちです。

☆会話に入ってこない

自分と友だちが盛り上がって話をしてるなか、まったくその会話に入ろうとせず、存在を消している彼女。

「恥ずかしい」とはちょっとちがうかもしれませんが、彼氏としては「勘弁してよ」と思います。

確かに、入りづらいのもわかりますが、入ってこなさすぎるのも彼氏は気になってしまうんです。友だちにも気を使わせることになりますしね。

あとで「お前の彼女、機嫌悪かったの?」なんて言われることもあるので、話に入れなかったとしても、ニコニコして会話を聞いてることはアピールしてほしいです。お願い、メンツをつぶさないで……。

☆余計なことを言う

これはさっきと逆パターン。会話に入りすぎて、余計なことを口走る彼女も恥ずかしいです。

友だちが知らないマイナスな彼氏の一面を暴露したりなど(笑)。たとえば「こう見えて、実は~、かなりの甘えん坊で~」とか。

そんな情報を暴露したら、恥ずかしいです! 彼氏が!

友だちもおもしろがって、いずれその話に尾ひれがついてひとり歩きしてしまうことに……。わがままなんだけど、いいさじ加減で友だちと接してください。いつもよりちょっとだけカッコつけさせてください。

◇上司や親、先輩といった目上の人の前で

☆挨拶ができない、食事のマナーが悪い

「いつもお世話になっています」「○○さんとお付き合いしています」など、基本的な挨拶ができない彼女は恥ずかしいです。

同様に、基本的なマナー、特に食事のマナーが悪いのも恥ずかしいです。

肘をついて食べる、箸をなめる、などなど。外のデートでも恥ずかしく思いますが、上司や親が一緒だと、なおさら恥ずかしくなってしまいます。

☆甘えっぱなし

彼氏の家に遊びにいったときに、彼氏のお母さんに「○○さんはゆっくりしてていいのよ」と言われるケースはあります。

そんなときに、その言葉を鵜呑みにして「じゃあ遠慮なく~」なんて甘えすぎるのもどうかと思ってしまいます。

ここは、言葉だけでも、「何か手伝いましょうか?」と言ってほしいです。

友人同様、親にも「いい彼女だね」「素敵な人だね」と評価してもらいたいんです。これが本音です。2人のときはやらなくていいから、親の前ではいいカッコさせて……。

☆酒癖が悪い

酒癖が悪い姿をさらすのも、恥ずかしいのでやめてほしいです。友人の前でも恥ずかしいですが、親や上司の前では最悪です。

「こんな彼女で大変だな」なんて言われてしまったら、立つ瀬がありません。

酒癖が悪い人は、親や上司の前での酒量を本当に気を付けてください。

■彼氏に「恥ずかしい」と言われたら

「恥ずかしい」と思う価値観は人それぞれなので、違和感を覚えることがあるのは、しょうがないと思います。

それは、お互いの育った環境によるものが大きいから。

ただ、誰が見ても恥ずかしいと思われる行動を注意されたら、これからの自分のためにも直すべきだと僕は思います。

ただ、単なる彼氏の価値観で、恥ずかしいと注意されたときは、いったん立ち止まってよーく考えてみましょう。

「この先も、この人と付き合ったら、ずっと同じことを言われ続けるの?」

そこは、彼を好きと思う気持ちでインクルードできれば、直してあげてもいいし、そこまで言われる筋合いはないと思えば、別れるべきだと僕は思いますね。

あまりにも、彼氏との価値観のちがいを感じて、我慢して窮屈な思いをするなら、「男はひとりだけじゃない、星の数ほどいる」と頭を切り替えて、次の男を探すほうがいいと思います。

彼氏の「恥ずかしい」は「カッコつけたいのにヒドイ」ってこと

彼氏が恥ずかしいと感じるのは「人の目」を意識してのことが上述の通り大半です。2人きりのときにはなんとも思わないのに、人前、特に友人や親の前では過剰に「恥ずかしい」と思ってしまうんです。

今回挙げたようなことは、できる限り避けてもらえると、男としては恥ずかしいと感じずにすむわけです。

そんなメンツや対面ばかりを気にする彼氏を「かわいいな。カッコつけさせてやるか」と思ってもらえたら、幸いです。

(TETUYA)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年04月25日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。