「焼肉デートでドン引きされる女」の特徴

はい、どうもこんにちは。現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

みなさんが気になる男性から誘われたいデートってどんなのですか? え? みなとみらいのおしゃれなフレンチレストラン!? 夜景の見えるbar!? 理想がたけえ!!

そんなところに連れていくのは翌日からカップ麺オンリー生活をしてでも落としにかかりたい美女とデートするときだけです。もしくは六本木の会員制バーにいがちな、どっからその金わいとんねん、暗殺ビジネスでもしとるんかっていう謎のおじさんくらいです。

それでは、焼肉デートに誘われたときってどう思います?

「え、こいつどんな心境なん?」ってなりますよね。

今日はそんな「焼肉デートに誘ってくる男性心理」について紹介していきたいと思います。

■焼肉に誘った相手を狙っている確率は0% or 100%

まず男性が焼肉デートに女性を誘う場合、「女友だち的なポジ」か「がっつり狙いに来ている」かの二極化な気がします。

◇「女友だち的ポジ」のケース

前者の場合はそもそもデートというより「友だちとごはんを食べる」くらいの感覚です。大抵安めのホルモン焼き系のお店に行きます。

ただし、すでに友だちとしての仲が確立されていない限り、まったく気がない場合はそもそも2人で食事に行こうなんて思わないので、「もし気が合えば仲よくなりたい」くらいの気持ちかもしれないですね。

◇「がっつり狙いに来ている」ケース

一方がっつり狙いに行く場合はそこそこいいお店に連れて行きます。

「うしごろ」や「KINTAN」などの値が張る店の場合は、本気デートで誘われている可能性がありそうです。「せっかくのデートだしいい焼肉屋連れてっちゃうぞ~!」といったテンションですね。

したがって、初デートで焼肉に誘われても、お店が煙モックモクのやっすい焼肉屋でなければ脈がまったくないわけではなさそうです。

■そもそもなんで焼肉屋なの?

そもそもなんでデートの店選びで焼肉屋を選ぶの!? 髪の毛も服も口も臭くなるじゃない! こいつ左脳まるまる腐ってるのかしら! キーッ!! と憤る女性もいるでしょう。

たしかにごもっともです。そもそもなぜ男性は焼肉デートに誘うのでしょうか?

◇男性には「焼肉デートNG」という概念がない

理由としては

1.単純に焼肉が好きだから2.焼肉屋がNGという概念がそもそもない3.女の子が「肉が好き」って言うから

の3つのうち、どれかだと思うんですよね。

焼肉っておいしいじゃないですか。だって肉を焼くんですよ? 紙を焼いて食ってるのとわけがちがいます。おいしいに決まってるじゃないですか。誰もが焼肉は大好きです。むしろ嫌いな人に会ったことあります?

「わたし生魚無理な人なんだよね~」っていうちょいうざ女みたいな感じで「わたし焼いた肉無理な人なんだよね~」って言われたことあります? 僕はないですし、会ったらサーロインステーキでビンタしようと思います。

だからこそ、そもそも「デートで焼肉は好ましくない」という感覚を持たない男性は相当数いると思うんですよね。

加えて、女性と比べて男性のほうが焼肉の匂いを気にしない傾向にあるはずなので、「え、焼肉好きでしょ? いいじゃん! 行こうよ!」みたいなロジックです。

それゆえ、このタイプの人から焼肉デートに誘われる場合は本命として狙われている可能性もあるかもです。おめでたい!!

◇「女子は肉が好き」という男性の先入観

あとは女の子に「好きな食べ物何?」って聞いた、98%の確率で「お寿司とお肉!」って答えるじゃないですか(タイガモンスター調べ。根拠はまったくないです)。義務教育でそう教えてるんかってくらい答えが統一されていて毎回びっくりします。

男性たちはそれを真に受けて、「肉が好きなら焼肉じゃん!」となるのも自然じゃないですか? むしろ好きな食べ物を聞かれて「お肉」と言っておきながら、焼肉屋に連れていかれることに文句を言わないでください。攻略難易度バイオハザードか。

■焼肉デートで好印象な5つの言動とは?

では、気になる彼との焼肉デートで好印象を残す方法をチェックしていきましょう。

◇(1)注文のセンスがいい

これは焼肉屋に限った話ではありませんが、自分の好きなものを女性が頼んでくれると「Woo! イイオンナダ!」となります。

ただ何を持ってセンスがいいと思うかは人それぞれ。相手の好きな肉の部位などを知っていたらラッキーチャンスだと思って頼んでください。まあまずタンはまちがいないですわ。

◇(2)焼くのを任せっきりにしない

よくいるんですよ~。トングを男に持たせっぱなし女。

腕プルップルなるわ。男性に焼かせっぱなしにしないで「私も焼くよ~」と一緒に焼いてほしいです。トングデートしよ?

◇(3)「かわいい」より「ノリがいい」

焼肉デートの場合、男性が口説いたり、エロい雰囲気になったりすることってないじゃないですか。なので焼肉デートにおいては「話していておもしろい女性」が重宝されます。

焼肉デートの際は「かわいい」よりもノリのよさにステ振りしましょう。

◇(4)めちゃおいしそうに肉を食べる

焼肉屋って基本的に雰囲気じゃなくて味メインみたいなところあるじゃないですか。

そのため、いい女感を出してお上品に食べるよりも「ん~! おいしい~!」のようにとにかくおいしそうにお肉を食べてくれたほうが好印象です。理想はルフィ。

◇(5)めちゃおいしそうにビールを飲む

焼肉といったらやっぱりキンッキンに冷えたビール。

お肉もそうですが、ビールをおいしそうに飲んで「ぷはぁ!」とやってくれたら「またこの子とごはん食べたいな」って思えます。次も焼肉だけどねぇ!

■焼肉デートでドン引きする言動5つ

逆に印象が悪くなる言動ももちろんあります。せっかくのデート、「焼肉かよ」と不満が爆発しそうでも、これだけは気をつけてください。

◇(1)フリッフリの服や真っ白なワンピース

え、お前だけサンリオピューロランド来たん? ってくらい浮いた服装で来られると普通にドン引きです。いちごとタピオカ焼いててくれって感じですね。

◇(2)野菜しか食べない(ルフィじゃない)

カロリーと脂質を気にして全然肉を食わない女。全然ルフィじゃねえ。

せっかくの焼肉なんだしもっとおいしそうに食べてくれ~! ワンピースを読み直してルフィっぽく食べてくれ~!

◇(3)「安い肉はやっぱおいしくないね」とか言う

安い焼肉屋だと肉が硬かったり、逆にゴムみたいな食感だったりすることってあるじゃないですか。でも「俺はそれでもうまいと思ってるんや!」という男性は多い(はず)です。

安い肉でも「まあうまい寄りではあるよね!」みたいに盛り上がれる女性は絶対モテる。

◇(4)匂いがつくのを嫌がる

焼肉屋に来といて「匂いついちゃう~」みたいに嫌がられると、タレかけていいっすか? って言いたくなりますね。

せっかく来たからには楽しめるくらいの余裕を持っていただけるとありがたいです。

■焼肉デート後のキスや夜はどうなるの?

焼肉デートをする場合でも、キスできるならキスしたい、持ち帰れるなら持ち帰りたいというのが率直な男性の本音です。

前述したように、男性は女性ほど焼肉デートをタブー視していないんです。「焼肉デートを嫌がる女性がいる」と言うことを知っていても、男性自身はあまり気にしていないといった温度感。

女性からすれば「きもっ! てめえくせえんだよ!」という感じですよね。男ってまぢデリカシーなさすぎぃ~。

男はまぢデリカシーなさすぎぃ~なので、キスをするまで自分と相手の口が焼肉風味になっていることに気が回らないことすらあります。

キスをしてはじめて「あっ! さっき食べたネギタン塩風味だ……。初恋の味……」ってなるわけですね。

焼肉デートは「一緒にいて楽しい女」を目指せ!

女性を焼肉デートに誘う男性は「話していて盛り上がれる楽しい女性」を求めていることが多いです。

気になる人から焼肉デートに誘われても「え、こいつセンスない……」とか「脈ゼロかよ……」などと思わずに、焼肉デートだからこそ出せるあなたの魅力を伝えてみることに発想転換してみてくださいね。

(タイガモンスター)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。