ナンパで遊ばれやすい女性の特徴

2019年04月18日 19時10分

恋愛 マイナビウーマン

こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。みなさんは、「ナンパから結婚する」のは、ありだと思いますか?

たぶん、「ないない!」と即答する人もいれば、「ありでしょ」という人もいるでしょう。人によって、意見がハッキリ分かれるテーマかもしれません。

そもそも「ナンパ」という言葉がよくないよね、と個人的には思いますが、さまざまな意見があって当然ですし、あり派、なし派、それぞれの捉え方でいいのでは!……という結論で終わらせたいところですが、そうはいきません(笑)。 なぜなら、またまたご依頼をいただいたからです。

そろそろ結婚を前提に誰かと付き合いたいと思うものの出会いがなく、「ナンパをきっかけに結婚するのはあり?」と疑問を抱いている女性のために、ありかなしかを考察し、意見を述べてほしい、と。

……そういうことであれば、はりきって考察します! ナンパをどう捉えるかで、今後の行動も人生も大きく変わってきますよね。常々感じていることもいろいろあります(笑)。

というわけで、今回は「ナンパから結婚はありか?」をテーマに語っていこうと思います!

■ナンパする男性の目的とは?

ではまず、ナンパする側の心理から考えていきましょう。そもそも男性は何を目的にナンパをするのでしょう?

◇「体目的のナンパ」は多いが100%ではない

「そりゃ体目的でしょ」と思う女性は多いでしょうし、実際その通りです。“お持ち帰り”を目的に声をかける男性が多いでしょう。

が、同時に、もっと広い意味で「出会いのきっかけ」として捉えている男性や、好みの女性がいたら声をかける、という男性もいます。

たとえば、一緒に楽しく飲めたらそれでよし、という気持ちでバーで声をかける人がいます。街で声をかけ連絡先を渡し、数日後に女性から連絡が来て遊びに行く関係になったら、その過程で交際を申し込む男性も普通にいます(どちらも実話)。

もちろん、「お互い気分が高まって一夜を過ごすことになったらラッキー」という気持ちはあるでしょう。だけど、いきなりそうならなくてもいい、と思っている男性も少なくないのです。

◇ナンパの目的や結果はケースバイケース

場所によるところもあります。ナンパのメッカと言われる場所では、即物的になりがちな傾向はあるかもしれません。なぜなら、最初からナンパ目的で来ている男性の母数が多いから。

ちなみにナンパが活発に行われているスポットといえば、渋谷(特にセンター街)、銀座(コリドー街)、恵比寿(西口出口近辺)などが有名。

渋谷は年齢層低めでファッションもカジュアル、コリドー街はスーツの男性、恵比寿は意識高い系男子が多いという印象ですが、これも究極的にはケースバイケース。

男性が声をかけたあとどんな行動に出るかも結局はケースバイケース。なぜなら、そこは女性の出方で決まる部分もあるからです。

ともあれ、「遊び目的の男性は多いけれど、全員がそうではない」。そういう認識は持っていていいと思います。

■ナンパから結婚は「ありえる」

では、ナンパから結婚に至るケースは実際あるのでしょうか? これについては、めちゃくちゃある! と断言します(笑)。私の知人は、アイスクリーム店で店員をしていた女性に声をかけ、結婚に至っています。

◇ナンパからの結婚を公言する有名人たち

有名人の例でいうと、千原ジュニアさん、鈴木亜美さん、麒麟の川島明さんなどは、ナンパから結婚に至ったことをご自身が公言していますね。それ以外にも、明かしていないだけで、実はものすごく多いはずです。

◇男性は出会って数分で十分好きになる

これを裏づけるのが、男性の「惚れ方」。既婚男性の多くは、出会う場がどこであろうが、その後、妻となる女性に対して、ある種のひと目惚れをしています。顔だけでなく、雰囲気、表情、話し方、服装、などなどを含めてのひと目惚れ。

つまり、街やお店で見かけて数分会話できれば、男性にしてみれば好きになるには充分なのです。もちろん、付き合ってみたらうまくいかないケースもあるでしょうが、それはナンパ以外の出会い方をしても同じですよね。

女性は「この人だ」と決めるまでに時間がかかりがちですが、男性はちがいます。

そして、男性は自分から好きになった相手と結婚したほうが幸せになりやすく、女性は好きになってくれた相手と結婚したほうが幸せになりやすい。 自分自身の経験や友人知人の例、さらに電話相談でさまざまな男女の事例を見てきた経験からも、そう感じます。

女性の場合、男性から熱烈なアプローチをされ、最終的にその男性を選んで幸せになるケースは多いですが、男性の場合、出会った時点でピンとこなかった女性からいくら強く想われても本命に選ぶことが稀です。

また、自分から好きになって付き合った場合、男性は相手より自分のほうの気持ちが強くても気にしないどころか「一番好きな相手と付き合えてラッキー!」くらいに思う傾向がありますが、女性は相手の気持ちが自分ほど強くないことを気にする傾向があります(結果、破綻するケースも多い)。

もちろん個人差はありますが、納得する人は多いのではないでしょうか。

などなどの理由から、ナンパで出会って結婚するのはまったく問題なし! 出会いの場のひとつとして考えればOK! と私も思います。

■「次に繋がるナンパ」と「次に繋げてはいけないナンパ」

ナンパにもいろいろあります。

速攻で無視していいナンパもあれば、相手を知るステップに進んでいいナンパもあると思います。見極めるポイントはどこか、改めて考えてみました。

◇(1)声かけの流れが自然

「ねえねえ、どこ行くの?」「おねえさん、ひま?」などのド直球な台詞ではなく、「道を聞いてもいいですか?」など女性を警戒させない言葉で声をかけてきた男性には、立ち止まってもいいのでは。

品を保ちたい欲求がある人だと思うので、あまりに外道なことはしない可能性が高いです。ただ、逆に相当なやり手(笑)である可能性もあるので、進展は急がずゆっくりと。

◇(2)グループではない

経験からも思いますが、複数人ではなくひとりで声をかけてくる男性のほうが、女性を交際相手の候補と捉えている確率が高いと思います。

逆に、男性2人組で女性2人組を狙ってきた場合、一夜限りの楽しみを求めたりゲーム感覚だったりするケースもあるので要注意!

◇(3)表情や話し方が柔らかい

人間、言葉で嘘はつけても、表情や喋り方まで嘘をつくのは難しいもの。

あなたが「怖くないな」「嫌いじゃないな」と感じた男性は、その後2人で飲んでも、なごやかな時間を過ごせる可能性が高いと思います。ただ、やはり進展は急がないことが大事。

◇(4)身元を明らかにしてきた

立ち止まって会話をしたら、相手が勤め先の名刺を渡してきた。

こういう人には、気になるなら連絡を取ってみてもいいのでは。身元を明かすリスクをおかしてでもあなたと繋がりたいと思った証拠です。

名刺が偽物でなければ、ですが(そこまでする人は、たぶん稀)。

■ナンパで注意すべきは「流されないこと」

ナンパも立派な出会いの場。ただ、注意すべきことがあります。それは「流されないこと」です。

たとえば、声をかけられ、一緒に飲んで、そのままお泊り……という展開。このパターン自体は、別にいいことでも悪いことでもありません。お互い、大人なのですから。

大事なのは、これを自分の意志でしたか、流されてしたか、です。

拒みきれず流されて……の場合、悲しい結果になることが多いのです。

遊べる女性を探している男性は、流されやすい女性をすぐさま見抜きます。その上でグイグイ押して行為になだれこみ、その後は音信不通、あるいはLINEをブロック、などという非道なことをする男性もいるのです(怒)。

◇男性は「簡単に手に入る物」に興味を失う

この場合、男性は一線を越えた途端、女性への興味を失っています。ただ、ここが誤解されがちなところなのですが、一線を越えたから興味を失うのではありません。「簡単に手に入った」と感じたから興味を失うのです。

流されやすい女性は相手の要望を断らないので、「簡単に手に入った」と男性に勘違いさせやすい。ゆえに、すぐに興味を失われ、女性が傷つく展開になりがち。

そんな事態は絶対に避けてほしいので、意図的にナンパされに行くとしても、要所で自分の意志を示し、本意ではないことを提案されたら、きっぱり断るようにしてください。

不向きと感じないなら、試す価値あり

最後はちょっと警告のような内容になってしまいましたが、ナンパで出会う=危険! ということではありません。ただ、人によって向き不向きはあるので、向いていない気がするなら、無理にナンパされに行く必要はないと思います。

一方で、ナンパで出会って交際→結婚に進めるキャパシティがあるのに、「ナンパで付き合うなんて」と偏見を持っているとしたら、それは非常にもったいない!

初対面の相手とのコミュニケーションを楽しむことができて、相手の経歴や肩書きや年収より感性や生き方や雰囲気を重視していて、「男を見る目がない」と複数の友人に言われたことがないなら(笑)、ナンパで運命の相手に出会える可能性大。試す価値はありますよ!

(ヨダエリ)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年04月18日 19時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。