男性に「好みのタイプ」を聞かれたときの正解5つ

2019年04月17日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

「好きな人がいるんですがどうしたらいいですか?」そんなストレートな相談をしょっちゅう受けてます。

好きになったら、自分の気持ちの上がり下がりばかりに気が行ってしまう女性もいますが、それでは片思いで終わる恋になりがちです。

恋愛には作戦と実行力が必要。

今回は、そんな、好きな人を攻略するための好みのタイプを知る方法と、好みのタイプを聞かれたときの正解をご紹介します。

■意中の男性の「好みのタイプ」を知る方法

好きな人ができたらまず調べるべき2つのことがあります。

ひとつは、恋人はいるか、既婚か、といった「恋愛ステータス」。

もうひとつが「相手の好みのタイプ」です。

恋愛ステータスは「彼女いるんですか?」とサラッと聞けますが、好みのタイプってどう聞けばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

ここでは好きな人のタイプを知る方法をご紹介します。

◇共通の知り合いに聞く

好きな人本人に直接こちらの気持ちに気づかれたくない場合、好きな人と仲のいい人に好みのタイプを聞いてみましょう。

客観的な意見や、本人も無意識にしている言動などから好きなタイプを知ることができるかもしれません。

◇芸能人でいうと誰が好きか聞く

雑談の延長で聞きやすいのが、「芸能人なら誰が好き?」です。

話題のドラマに出ている「あの女優さんかわいいよね」なんて雑談から自然に質問できます。好きな女優さんがわかったら、どんなところが好きかも聞いてみましょう。

◇好きな髪型を聞いて話を広げる

「好きなタイプは?」と聞かれてもすぐ答えられない男性もいます。そんなときに使える質問が好きな髪型を聞くことです。

ロングかショートかミディアムか。茶髪が好きか黒髪が好きか。そこから服装はどんな感じが好きかなど、好みの話を膨らませることが可能なのです。

「ロングヘアーで黒髪かな?」と言われたら「なんで?」と理由を聞いてみましょう。「女の子らしくて真面目な感じが好きなんだ」なんて好みが聞き出せるはず。

◇元カノがどんなタイプだったかを聞く

ちょっと仲よくなったら恋バナで元カノがどんなタイプだったか聞いてみるのもありです。

好みのタイプだけじゃなく、付き合うと長いか、短いか、どんなことが別れのきっかけになったのか、恋愛の傾向も同時に探れるかもしれません。

■意中の男性の「好みのタイプ」からわかること

「癒される子」「やさしい子」「気が合う子」

好きな男性にタイプを聞いて答えてもらっても、ふわっとしていて、結局どんな女性が好きかわからないと思ったことはありませんか?

男性の言う「好みのタイプ」の回答で多いものと、その心理を分析するとこんな感じです。

◇「やさしい子」

無難な返答ですが、的確に言うなら「俺にだけやさしい子」です。

やさしい子を求める男性の言う「やさしい」は、許してくれる、気にかけてくれる、やってくれるなど、慈悲深い精神で接してくれて、自分を攻撃しなさそうな天然系や癒し系を指しています。

周囲すべての人に思いやりが持てる子というよりも、自分に対して攻撃性がなく一緒にいると癒され、包み込んでくれる女性。そんな人に親切にされたいのが本音なのです。

◇「好きになった子がタイプ」

あまり自分を詮索されたくない男性の常套手段的返しです。

しかし、誰でも当てはまる像を提示することによって、「もちろん君も候補だよ、アプローチはやぶさかじゃない」というポーズもみてとれます。

ただし、この返しをする男性は女性慣れしている遊び人の可能性もあるので、警戒して接しましょう。

◇「一生懸命がんばってる子」

男性は一生懸命な女性の姿を見るのが大好きです。

自分の趣味や好きなことがある人は、自分の自由を許してほしいので、相手にも何か一生懸命になれるものがあるほうがいいという考えを持っていることが多いです。

一緒に高めあえる、刺激をもらえることをよしとした発言でもありますが、趣味も仕事も半端な女性に依存されたり束縛されたりするのが嫌だ、という本音も隠れています。

◇「ちょっと変わってる子」

「ちょっと変わってる子」とは、自分は人とちがうという意識が強い一方、精神的に不安定な女性であることが多いです。

そんなタイプを好きになる男性は、基本恋愛で振り回されるのが好き。

恋愛関係がはじまると依存関係になりがちです。お互いの執着や束縛を愛されている証拠と思い込み、最終的にトラブルに発展するまでがテンプレです。

◇「明るくて笑顔がかわいい子」

このタイプを挙げる男性は、自分に少し自信がなかったり、ネガティブに物事をとらえがちだったりして、女性が笑顔でいてくれることで安心を得たいと考えます。

自分に元気がなくても元気をもらえるし、ちょっとさむいギャグにも笑ってくれるような子は、自分を肯定してくれる気持ちになるから好きなんです。

■女性の「好みのタイプ」の正解とは

男性に「好みのタイプ」を聞く場合、「そっちは?」なんて逆に聞かれることも想定しておきましょう。

そのとき、正直に答えてしまうとはじまるはずの恋がはじまらないなんてことも起きるので注意が必要です

本当にタイプの男性の特徴を答えるのではなく、目の前の相手に合わせて当てはまりそうなタイプを使い分けるのが正解です。

「俺当てはまってるじゃん」「え、もしかして俺のこと?」と思わせればしめたもの。意識していなかったのに、女性として意識してくれるようになるかもしれません。

続いては、女性が意中の男性から「好みのタイプ」を聞かれたときに、多くの男性に当てはまりやすく使いやすい答え方を紹介します。

◇「素直でやさしい人」

無難な回答ナンバーワンです。

なぜだか、男性は、自分はやさしいと思っている人が多いので、使いやすさが抜群。

ただ、使い回されすぎており、男性の中には脈ナシの代名詞と思っている人もいます。

気になる人へは「やさしい人が好き」と言ったあと、どこかで「〇〇くん、やさしいね」と会話の中に混ぜればOKです。

◇「根が真面目な人」

「根が」とつけることで、見た目はイケイケでも、リア充でも対象になります。

すごく遊んでいるタイプですら、根は真面目と自分では認識している人もいるので、こちらも多くの男性に使えるフレーズです。

◇「好きになった人がタイプ」

こちらは逃げにも攻めにも使える言葉。

どうでもいい人に好みのタイプを聞かれたときにも便利です。

好意がある場合は熱い視線を送りながら言うと相手をドキッとさせられます。

ただし、相手も「好きになった子がタイプ」なんて答える女慣れした遊び人の場合には通用しません。

◇「爽やかな人」

イケメン好きな場合言いやすいフレーズです。相手がイケメンだとしても、「顔しか見てない」とは思われないはず。

イケメンじゃなくても、清潔感がある男性なら一度は言われたことがある人も多いフレーズ。無難に使える好みのタイプです。

◇「気が合う人」

ふんわりしていますが、タイプを限定せず、誰にでも使える返答です。

会話が盛り上がっていれば、目の前の相手もドキドキすることでしょう。

基本的に、女性が笑顔で話していれば、男性は盛り上がっていると思っています。

「好みのタイプ」をリサーチし「好みのタイプ」で意識させよう

相手の好みをできるだけ具体的に把握したら、その好みにできるだけ近づけて反応を見てみてください。

逆に好みのタイプを聞かれたら、「背が高い人」とか「年収1000万円以上」といった本音は心の奥にしまって、相手にも当てはまりそうな無難なタイプを答えるのが恋を有利に進めるための正解です。

男性の「好みのタイプ」は本音を引き出し、自分の「好みのタイプ」は相手に寄せる。この恋を叶えるための必勝方法で、ぜひ彼をゲットしてくださいね!

(さかもとみき)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年04月17日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。