夫が喜ぶ。「妻からの呼び方」ランキング

2019年04月13日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

こんにちは、ダーリンはアメリカ人のパンジー薫です。

ふだん家では夫を “My bear”“Hubby”などと呼んでいる私ですが、ついこの間、出先で前を歩く夫をいつものように呼ぼうとして「おっと、危ないここは外だった……」となったことがありました。

夫の呼び方ってみなさんどうしていますか? 家と外で使い分けているのでしょうか?

自分以外の人がどうしているのか気になりますよね。

そこで、夫の呼び方について、既婚女性にとったアンケートから、私なりに考えてみました。

■【既婚女性アンケート】夫をどうやって呼んでる?

英語では“Honey”“Sweetie”と、甘いものにたとえてパートナーを呼んだりしますが、日本人夫婦はなんと呼んでいるのでしょうか? 20~30代の既婚女性にアンケートで聞いてみました。

◇夫に向かっての呼び方ランキング

Q.夫のことをあなたは何と呼んでますか? 以下からよく呼ぶものをすべてお選びください。

第1位:夫のニックネーム(つよぽん、よっぴ、といったもの)……32.6%第2位:「○○」名前を呼び捨て(25.6%)第3位:「○○くん」名前+くん(24.6%)第4位:「○○ちゃん」名前+ちゃん(16.1%)第5位パパ、お父さん、父ちゃん、など(9.3%)第6位:「○○さん」名前+さん(9.1%)第7位: おい、ねえ(3.4%)第8位: あなた(1.6%)第9位: あんた(1.0%)第10位: おまえ(0.5%)(※1)有効回答386件。複数回答式、その他除く

さすがに甘いモノにたとえた呼び方をしている日本人はいないようです(笑)。その代わり、「ニックネーム」で呼ぶことで “親愛さ”や“愛しさ”を表現している人が多いみたいですね。

私のまわりに多い「名前を呼び捨て」は意外にも少なく25.6%。「名前にくんづけ」(24.6%)とほぼ同じ割合なのでビックリしました。個人的な意見ですが、年の近いカップルほど相手を呼び捨てし、年の差カップルほど「くん」づけしている気がします。

5位は「パパ、お父さん、父ちゃん」(9.3%)ですが、子どもが生まれると呼び方も変わりますよね。私も去年赤ちゃんを産んでから、「パパ」 や「Daddy」と呼ぶことが増えました。

7位以下になると名前はどこへやら……。できればいつまでも名前で呼ばれたい私からすると、「おい、ねぇ」「あんた」「おまえ」はちょっと寂しいかも。

◇友人に話す際の夫の呼び方ランキング

Q.知人や友人などに話す際、夫のことをあなたは何と呼んでますか? 以下から一番呼ぶものをお選びください。

第1位:旦那(43.0%)第2位:旦那さん(20.2%)第3位:○○さん、○○くん、といった夫の名前(14.5%)第4位: 夫(9.1%)第5位: 主人(7.0%)第6位: あの人、あいつ(1.6%)第7位: パパ、お父さん、父ちゃん、など(1.3%)(※1)有効回答386件。単数回答式、その他除く

さすがの私も、友人・知人の前で夫を “My bear”なんて呼びませんが、みんなそうみたいですね。人前でも名前に「さん」「くん」づけして呼ぶ人は14.5%いるようですが、大半の人はよそ行きの呼び方があるようです。

それにしても、同じよそ行きな表現でも「主人」や「夫」より「旦那」を使う人の方が圧倒的に多いのはおもしろいです。私の友人には「主人だと、自分が召使いのような気分になるから嫌だ」という人がいたので、同じような気持ちになる女性は少なくないのかもしれません。

◇義理の両親に話す際の夫の呼び方ランキング

Q.義理の両親(夫の親)に話す際、夫のことをあなたは何と呼んでますか? 以下から一番呼ぶものをお選びください。

第1位:「○○さん」名前+さん(33.7%)第2位:「○○くん」名前+くん(26.2%)第3位:「○○」名前を呼び捨て(20.2%)第4位:「○○ちゃん」名前+ちゃん(7.3%)第5位:夫のニックネーム(つよぽん、よっぴ、といったもの)(6.5%)第6位: パパ、お父さん、父ちゃん、など(1.8%)(※1)有効回答386件。単数回答式、その他除く

夫の呼び方に悩むシチュエーションNo.1といえば、親族の集まりではないでしょうか。

アンケート結果によると「名前にさんづけ」している人が3人にひとりともっとも多いですね。夫に向かっての呼び方ランキングでは「さんづけ」している人は1割弱しかいないので、義両親の前でだけ「さんづけ」している人が多いようです。

義両親の前で夫をなんて呼ぶべきか、私も困ったことがあります。私たちの場合「さんづけ」というわけにもいかないし……。というのも英語で「さん」にあたる表現は、対象が男性なら“Mr.”女性なら“Ms.”(独身)または“Mrs.”(既婚)なのですが、家族や親せきの間では使わないのが一般的だからです。結局、まわりにならって呼び捨てで落ち着きましたが、日本でも呼び捨てする人が3番目に多くて驚きました。

ニックネームで呼ぶ、という人もいましたが「さん」「くん」「呼び捨て」のいずれかで呼ぶ人がほとんどのようです。

◇かしこまった場などで他人に話す際の夫の呼び方ランキング

Q.役所の窓口や、病院といった場で他人に話す際、夫のことをあなたは何と呼んでますか? 以下から一番呼ぶものをお選びください。

第1位:主人(40.7%)第2位:旦那(24.4%)第3位:夫(23.6%)第4位:旦那さん(8.8%)第5位:名字(小林、鈴木といった名字)(1.3%)第6位:パパ、お父さん、父ちゃん、など(0.8%)(※1)有効回答386件。単数回答式、その他除く

友人・知人の前では「旦那」と呼ぶ人が多かったものの、かしこまった場では「主人」と呼ぶ人が多い結果に。旦那と呼ぶよりもさらに「よそ行き感」がでるからでしょうか……? 妻たちの微妙な使い分けが気になりますね。

「夫」呼びも友人の前と比べて使う人が多いようです。

■【既婚男性アンケート】夫はどう呼ばれたい?

では、当の男性たちは妻からなんて呼ばれたいのでしょうか? ダーリン? パパ? 夫たちの本音を聞いてみました。

◇理想の呼ばれ方ランキング

Q.妻からあなたは何と呼ばれたいですか? 以下から一番呼ばれたいものをお選びください。

第1位:あなたのニックネーム(つよぽん、よっぴ、といったもの)(23.8%)第2位:「○○くん」名前+くん(18.7%)第3位:「○○」名前を呼び捨て(17.2%)第4位:「○○ちゃん」名前+ちゃん(16.4%)第5位:「○○さん」名前+さん(9.7%)第6位:パパ、お父さん、父ちゃん、など(3.8%)第7位:あなた(2.1%)第8位:あんた(1.5%)第9位:おまえ(1.0%)同率9位:おい、ねえ(1.0%)(※2)有効回答390件。単数回答式、その他除く

「ニックネーム」が23.8%と一番多い結果となりました。2人だけの秘密のニックネームを恥ずかしがらずに呼んであげると夫婦仲がよりよくなるかもしれません。もしかしたら“Honey”とか“Baby”など外国のあま~い呼ばれ方に憧れている人もいるかもしれませんね。

2位以下には、「くんづけ」、「呼び捨て」、「ちゃんづけ」と続きました。

「パパ」や「お父さん」といった、日本独自の“年齢の一番低い者に合わせる呼び方”は、あまりお好みではないようです。

◇妻の呼び方は結婚当初と変わった?

恋人時代と結婚後で、呼び方が変わるものなのかも気になるところですよね。

ちなみに私たちは基本的に呼び捨てが多いですが、そのときの気分で “Baby”“Boo”“Hubby”と呼んだりいろいろです。

子どもが生まれたあとは「パパ」「ママ 」や「Daddy」「Mummy」と呼び合うことも増えました。

Q.妻のあなたの呼び方は結婚当初と変わりましたか? 当てはまるほうをお選びください

Q.妻のあなたの呼び方は結婚当初と変わりましたか? 当てはまるほうをお選びください

・変わった(22.6%)・変わっていない(77.4%)(※2)有効回答390件。単数回答式

アンケートでは「変わってない」という人が8割弱でしたが、私たちみたいにベースの呼び方があって、シーンや気分によって変わる、という人も少なくないのではないでしょうか。

もし結婚当初は2人だけの甘いニックネームで呼んでいたのに、今は「パパ」や「あんた」なんて呼んでいるのであれば、結婚当初の呼び方に戻してみるのもいいかもしれません。

家では夫が望む形、外では恥ずかしくない呼び方をしてみよう

私は夫から“Cutie pie”とか“Beautiful”と呼ばれると、とても甘い気持ちになります。

夫婦の間で甘いニックネームを呼ぶのは照れくさいかもしれません。

でも、いちいち「かわいい」とか「愛してる」と言わなくても、その気持ちを伝えることができるのがユニークな呼び方の力ではないでしょうか。

家では「夫が喜ぶ呼び方」、外では「よそ行き用の呼び方」をそれぞれ用意して、上手に使い分けてみませんか?

(パンジー薫)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月7日~3月10日調査人数:386人(22~34歳の働く既婚女性)

(※2)マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月7日~3月10日調査人数:390人(23~39歳の働く既婚男性)

マイナビウーマン

2019年04月13日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。