年下彼氏に「してはいけないこと」

2019年04月11日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

こんにちは。外資企業でマネージャーをしている傍ら、恋愛結婚やライフスタイルに関する記事の執筆をしているライターのmakicoo(さとうまきこ)です。

私は36歳で離婚後、9つ年下の彼と40歳で再婚をした経歴の持ち主です。

今回は、そんな私の経験を活かして、年下彼氏のメリットや注意点についてお話ししようと思います。

■年下彼氏のメリット

9つ年下の彼とお付き合いするにいたるまで、私は年上の男性とばかりお付き合いをしていました。

というのも、年上の男性のほうが人生経験も豊富で頼りがいあり、より魅力的だと思っていたからです。

ところが、ひょんなことから9つ下の彼とお付き合いするようになり、年下彼氏にもいいところがたくさんあるなと感じました。

◇1.美意識が向上する

「女性は若いほうがいい!」

そう見聞きすることが多いこの世の中。

年下男性と付き合いはじめた瞬間に私は「彼の同学年より若くない」ということがコンプレックスになりました。

ただ、その思いが今までよりずっと、「若くない分、見た目をちゃんと保たなくては」という美意識の向上に繋がりました。

私の身の回りにも年下の男性とお付き合いしている人が少なくないのですが、みんな、年下彼氏と付き合う前と比べて、キレイになったように思います。

◇2.考え方がより現代的

私の年代の男性は、「女性は結婚したら家庭に入ってほしい……」「育児は母親がメインでしてほしい……」など、保守的な男女観を持っている人が目立ちます。

ところが、年代が下がれば下がるほど「家事育児は男性も担うのが当たり前」という価値観の人が増えていきます。

結婚を見据え、そしていつか子どもがほしい、だけど働き続けたいと思う女性にとって、年下男性はより、結婚の相性がいいように思います。

◇3.老後が頼もしい

これも結婚を見据えるのであれば、の話ですが、自分が定年退職した後も、年下の彼はまだまだ現役であるというのは、経済の見通しとしてとても安心です。

2人そろって年金暮らしになるタイミングが、同年齢同士のカップルと比べ、ずいぶん後ろ倒しになるので、老後のマネープランも余裕を持って立てられます。

■年下彼氏のデメリット

一方、年下彼氏と付き合う上でのデメリットもあります。

◇1.年の差についてコンプレックスを感じる

年上の男性と付き合っていたときは一切気にならなかったのに、年下の彼氏と付き合うようになってから、自分の年齢が気になるようになりました。

特に40歳を目前にしたとき、彼と年代が変わってしまうことがとても嫌でした。

また、彼が大学の同級生などとの飲み会に行くとき、まわりにいる女の子は私よりずっと若いなあと気にしていた時期がありました。

◇2..人生のタイミングが合わない

私の出産の限界年齢が近づいていたときに、彼に「子を持つ気持ちはあるか?」と聞いたことがあります。

そのときの彼の答えは「いつかはそのつもりだけど、今はその気持ちになれない」でした。私も彼の年だったときに同じことを考えていたので、その気持ちはよくわかります。

ただ、彼が子を持つことを考える年齢のときに、私はもう産めない可能性も。年の差があると、結婚や出産をイメージするタイミングがずれてしまうことがよくあります。

◇3.自分がリードする場面が多い

女性側が上で、そして年が離れれば離れるほど、女性側の経験や知識が豊富になりがち。

となると、自分が相手をリードする場面が増えます。女性をリードしたい男性にとっては、それが少しコンプレックスになるし、リードされるほうが好きな女性にとっては、手慣れていない男性を物足りなく感じることもあるでしょう。

また、女性が年上のカップルは、女性のほうが高収入のケースも多いので、彼の懐具合に合わせると、行くお店や旅行先のランクが物足りなくなった、なんて話もあります。

■年下彼氏と上手に付き合うコツ

いいところも悪いところもある年下彼氏。そんな彼とうまく付き合っていくコツはなんでしょうか。

◇1.相手を子ども扱いしない

年下だから、とあれもこれも世話を焼いたり、自分で何もかも決めてしまったりするのは逆効果。

多くの男性は恋人の年齢を問わず、好きな女性をリードしたいという気持ちを持っています。

多少手慣れていなくても、彼のやり方に身を委ねてみましょう。

また、言動や行動で幼さが目立つところがあったとしても、それを年のせいにしてバカにしたり諦めたりするのではなく、フェアに伝えるようにしましょう。

◇2.「大人の女性」であることをがんばらない

自分のほうが年上だから、と甘えたいのを我慢してしまうのもよくありません。

多くの男性は、頼られることがうれしいもの。

自分の気持ちに素直になって、甘えたいときには甘えましょう。

また、関係性的に男性の相談相手になりがちですが、自分の悩みについてもいろいろ聞いてもらうようにしましょう。

頼ったり頼られたりが気軽にできる関係性になることで、より2人の距離が縮まります。

◇3.「年の差」を気にせず開き直る

そして私が思う、一番大事なこと。

それは、自分が年上であることをコンプレックスとせず、いかに開き直られるかだと思います。

性格は直せますが、年の差は絶対に縮まりません。2人の年の差は永遠にそのままです。

変わらないことを気に病んでもしょうがありません。

そもそも、男性にとって恋人が年上女性だと「悩みごとを相談しやすい」「甘えやすい」と感じる人も多く、メリットもあります。

恋愛に年齢を持ち込まない。「ひとりの男性」として相手を見よう

年下の彼氏と付き合っていると、2人の関係がうまくいかない理由を「年の差」のせいにしがちです。

たとえば、「彼が自分との将来を真剣に考えてくれない」「彼が自分より友だちや仕事を優先している」と感じるとき、「私が年上だから?」と。

ただ、「年の差」はこの先永遠に縮まりません。

また、彼もあなたの年齢を知っているのであれば、彼とあなたの関係において「年の差」は折込済のこと。

今よりさらにいい関係にできるかどうかは、「年の差」以外の部分が鍵になります。

私の場合、彼とケンカをし「どうせ私のことなんて、次の彼女ができるまでのつなぎなんじゃないか」と思ったときに、そういえば同じことを年上の元彼に対しても感じたことがあるなとハッとし、そこからずいぶん吹っ切れたように思います。

「年の差」の引け目から自由になれさえすれば、年下彼氏はあなたに刺激を与えてくれるとても素敵な存在です。

よりよい関係が築けることを心より応援しております!

(makicoo)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年04月11日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。