彼氏を「本当にドキドキさせる」ハグ

2019年04月11日 19時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

最近、ハグしていますか?

付き合いたてのころは、意味もなく街中でもハグをしまくってた方も多いのでは?

今でも日常的に当たり前のようにハグしている方も多いかもしれませんが、付き合いが長くなってくると、改めてちゃんとハグするのも気恥ずかしいという方もいるかもしれません。

ハグにはいろんな種類があります。せっかくなので、彼氏をドキドキさせるハグをしてみたいと思いませんか?

■男性の約6割が、普段とちがうハグをされてドキドキした経験

Q.彼女からの普段とちがうハグをされてドキドキした経験はありますか?

ある……60.5%ない……39.5%※有効回答数397件

働く未婚男性の約6割が、彼女から普段とちがうハグをされてドキドキした経験があることがわかりました。ただでさえハグされるとうれしいのに、普段とちがうハグをされると、彼女を愛しいと思う気持ちがさらに高まりますよね。

では、ハグをすることの効果や意味、そして彼が喜ぶハグの種類を紹介します。

■ハグにはこんなにいいことが!

好きな人とハグをするとうれしいし、気持ちよく感じますよね。それにはちゃんとした意味があり、脳のメカニズムが関係しているといわれています。ほかにも好きな人とハグをするのは、いいことがたくさんあります。

◇幸福感を得られる

こちらの記事によると、好きな人とハグをすると、脳内では“ドーパミン”という幸福感を感じたときに出るホルモンが分泌されるようです。

ドーパミンによって反応する神経は快感を伝達する神経ともいわれ、“生きる意欲を作るホルモン”とまでいわれています。

たくさんハグをしたら、幸福感を感じるだけでなく、前向きな気持ちにもなれるようです。

◇リラックスできる

こちらの記事によると、ハグをすると、ドーパミン以外に“オキシトシン”というホルモンも分泌され、それによって血圧の上昇が抑えられ、呼吸が深くなり心がほぐれ、リラックスした状態になるようです。

さらに自律神経にも働きかけ、ストレスの軽減にもつながるといわれています。

最近少しイライラを感じる方は、彼氏をやさしくハグしてみるとよいかもしれません。

◇愛情を感じる

好きではない相手をハグしたいと思う方はいないと思います。言ってしまえば、“好き”は“好き”でも、その気持ちが強くないと“ハグしたい”とまで思わないはずです。

ハグは、言葉にできないほど愛おしい相手に愛情を伝えるほかにはない手段なので、ハグし合うことでお互いの愛情を感じることができます。

◇体温を感じる

ハグすることで、相手の体温を気持ちよく感じることが多いと思います。さらには相手の心臓の鼓動まで伝わってきて生命を感じられたりもしますね(笑)。

なので、体温や心臓の鼓動や体の震えなどから、相手の体の不調にも気づくことができます。

普段、仕事などで無茶しがちな彼氏なら、体調チェックも兼ねてマメにハグしてあげるとよいかもしれません。

■彼をドキドキさせる、ハグの種類

……と、いいことだらけのハグですが、せっかくなのでいつもとちがうハグで、彼をドキドキさせてみたいですよね!?

ハグといえば、もっともスタンダードな形が、正面からのハグですね。女性から男性にハグをするという時点で、ドキドキするのはまちがいないと思いますが、もっと彼をキュンキュンさせるためにいつもと少しハグのやり方を変えてみましょう。

ハグの種類別に、その意味と効果を男性たちのコメントとともに紹介します。

◇不意打ちハグ

「カラオケで個室に入った瞬間に彼女がハグしてきてドキドキした。外では恥ずかしくて我慢していたのかなぁと思うといじらしくてキュンとした」(27歳/広告)

彼氏からの不意打ちハグでドキドキしたことがある方も多いかと思いますが、不意打ちのハグは女性からされても男性はドキドキものです。ただし照れ屋な男性も多いので、外ではなくコメントにもあるようにあまり人目につかないところでやってみると、より効果的です。

◇おねだりハグ

「いつもクールな彼女なのに、ある日別れ際に“ハグしてっ!”って両手を開いておねだりしてきて、ハグしたら彼女も強くハグしてきて、もうこのまま帰したくないって思ってしまった」(30歳/メーカー技術職)

手を開いてハグをおねだりするのはとてもかわいいですね。彼の萌キュンスイッチをオンしちゃうのはまちがいないでしょう。

また付き合う前のなかなか煮え切らないおとなしい彼にも、自分の気持ちをハグで知ってもらうアピールもできます。

◇手を首にまわすハグ

「身長差があるから立っているときハグはしないんだけど、座っていたり寝ていたりするときに俺の首に手を回してハグしてくれるのがうれしい。無防備で、すべてを委ねてくれている感じがたまらない!」(25歳/メーカー営業)

手を首にまわしてハグをすると、男性は相手を無防備に感じるようです。

確かに両手を彼の首にまわすことになるので、体全体を相手に預けるような形になりますね。このハグは、相手に対して“心を許している”“信用している”という表れであり、ハグされた相手をいろんな意味で喜ばせることができます。

◇セクシャルなハグ

「ハグで胸を押しつけてこられるとヤバい(笑)。あれは完全に計算ですよね!?」(30歳/建築士)

「僕の彼女はお尻が好きみたいで、ハグをするとお尻を触ってきます。ムラムラしちゃいます(笑)」(28歳/証券会社)

セクシャルな部分に触れるハグは、男性はやはり“たまらない”ようです(笑)。

同様に彼氏から腰回りを引き寄せてハグされたり、ハグしているときに下半身を押しつけられたりすると“求められてる”と感じませんか?

たまには男性のお尻や腰回りを触ったり、自分の胸を押し当てたりするハグでかわいくおねだりするのもいいかもしれません。

◇ムツゴロウハグ

「彼女はハグしながら頭をスリスリ押しつけてくる癖があるんですが、ムツゴロウさんになったような気持ちになって、とても愛おしく感じます。たまにそれがないと寂しく感じるくらいハマってしまいました(笑)」(32歳/医療機関)

個人的に一番効果的だと思うのが、ムツゴロウさんの名前を拝借させていただいた、“ムツゴロウハグ”です。

犬や猫などそのほか動物たちも、顔や頭をスリスリ押しつけて甘えてきますよね。人間だって動物だもの。本能に正直になると、愛しい人には顔や頭をスリつけたくなると思いませんか?

◇バックハグ

「僕がベタベタするのを嫌がる彼女に少し不満だったんだけど、ある日の帰り際に“行かないで”ってバックハグされたことがあって、超うれしくて興奮しました!」(28歳/商社)

相手の顔が見えないので、照れ屋の方にもオススメなのがバックハグですね。

バックハグをされたことがある方ならわかると思いますが、正面からハグされるよりも“求められている”と強く感じることができるので、直接的な愛情表現が苦手な方にもオススメです。

◇寝ながらハグ

「一緒に寝ると、よく抱きまくらのように、彼女にハグされながら両足に挟まれています。必要としてくれているんだなぁと感じてうれしい」(26歳/ベンチャー企業)

王道の寝ながらハグですが、男性のほうが体温は高いことが多いので、本当に抱きまくら扱いをしている場合も多いかもしれません(笑)。

ですが、それを“必要としている”“頼られている”と感じてくれるようなので、寝ながらのハグは遠慮なくしたほうがよさそうですね♪

ハグは地球を救う!

ハグをすることにより、脳のメカニズムが幸福感やストレス軽減などにもつながるということや、ハグは男女間の愛情表現としても、とても有効な手段でもあるということがわかりました。さらに、女性からのさまざまなハグが、男性をドキドキさせるんですね。

彼とのよい関係を保つにも、ハグはとても重要だということがわかりますね。この記事をご参考いただき、今まで以上に彼を夢中にさせてみてはいかがでしょうか。

(白戸ミフル)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月1日~3月2日調査人数:397人(22~39歳の働く未婚男性)

マイナビウーマン

2019年04月11日 19時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。