「結婚できない女性」の5つの特徴

2019年03月26日 19時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

こんにちは、ライターの仁科友里です。

私は『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)という婚活本を上梓した関係で、読者のみなさんから婚活相談をお受けしています。

みなさんのメールを拝見していると、「婚活の前にやるべきことがあるのでは?」と思うことが多々あります。

おそらく、多くの女性が婚活を「男性に出会うこと」に重きを置いていますが、男性は「戦力になれる女性」を探しているので、そこがマッチしないと結婚につながりません。

では、どうすれば男性の戦力になれるのでしょうか。

それは、「相手の立場から」物を見られるかがポイントになります。

また、相手の“視点”を知ることで「せっかく一生懸命やったのに、報われない」というムダ行動をなくすこともできるので、メンタルの消耗を防ぐこともできます。

たとえば、もしみなさんが、職場で「売れ残り」というような独身女性を侮辱する言葉を言われたら、それはセクハラですから、社内の担当者に迷わずに報告してください。友だちに言われたとしたら、その人と距離を置くことをおすすめします。

けれど、誰にも言われていないのに「売れ残りと言われている気がする」と思うのなら、それは相手の視点がわかっていない、もしくは、あなた自身の思考がゆがんでいる可能性があります。

今回は「プレ婚活」として、自分の思考の偏りについて考えてみましょう。

■“売れ残り女”ってどういう意味?

日本は女性差別の強い国です。独身女性を「売れ残り」と呼ぶのも強い女性差別の表れでしょう。

この言葉が生まれた時代背景を考えてみましょう。

昭和の高度成長期、またバブル期は、男性ひとりの収入で家族を養うことができました。「男女雇用機会均等法」が施行されるまで、女性の仕事は補助的なものと限定され、昇進や昇給もあてにならず、結婚するよりほかに選択肢がなかったのです。

結婚が“永久就職”と呼ばれたのは、そのためです。

若い方には信じられないかもしれませんが、勤務年数の長い女性を自主的にやめさせるために、転勤がない職種にも関わらず、わざと家から通えない遠隔地への異動を命じるというケースもありました。

今ならSNSで訴えれば知識を授けてもらうこともできるでしょうし、自分で法律の専門家のもとに行くこともできるでしょう。

しかし、当時の女性は「会社と揉めたくない」と泣き寝入りして会社をやめるか、理不尽に耐えて仕事を続けるしかなかったのです。

こういうケースを見てきた女性たちが「結婚しないとまずい」と精神的に追い込まれ、「売れ残り」という言葉にナーバスになるのも無理はないことでしょう。

現在は、男女の垣根なく、仕事につくことができます。また、男性ひとりの収入で家族を養える人は減っています。

ということは、「結婚すれば安泰」という時代は完全に終わっているわけで、その付随語である「売れ残り」も完全に死語と見ていいでしょう。

■結婚から遠ざかる女性の特徴

今の時代、必ず結婚をしなくてはいけないというわけではありません。なので、結婚願望がない、または結婚をしていないからといって「売れ残り」という言葉に怯える必要はありません。

ただ、結婚願望があるにも関わらず、結婚から遠ざかる女性がいます。

おそらくみなさんがイメージするのは「性格が悪い」「クセがある」といった「自分の内面」の特徴でしょう。

しかし、「性格が悪いから、結婚できない」というような、性格と結婚の因果関係はありません。周囲を見渡してみてください、性格が悪くても、結婚している人は山ほどいるでしょう。

結婚は、自分にとってメリットがある相手だと思われれば成立しますから、性格を変える必要はありません。

それでは、婚活上で何がマイナスになるかというと、「自分との付き合い方」や「物の見方」です。視点がずれていたり、思考回路にクセがありすぎたりすると、他人とうまく付き合えなくなってしまいます。

具体例を挙げてみましょう。

◇(1)褒められたがる

誰だって褒められたらうれしいものですが、褒められたいという気持ちは、他人に評価してもらわないと満足できないという、一種の依存でもあります。

そもそも、褒められたとしても、それは社交辞令であって本心とは限りません。そこに気づかないで、褒めてくれる人、人から褒められるような条件のいい人ばかり求めると、詐欺師のような男性に引っかかるか、男性のアラばかりが目についてしまいます。

また、褒められたい気持ちが強いほど、人に悪く言われていないか、常に気になってしまうでしょう。何かをするときに、「人に褒められること」を基準としていないか、一度考えてみてください。

◇(2)行動が遅い

誰かを食事に誘ったとして、返事がないとします。一般的には「行きたくないという意思表示だ」と解釈されますが、そうではなくて、単にレスポンスが遅い人がいます。

親しい友人であれば「そういう人だから、しょうがない」と思ってくれるでしょうが、婚活で一度出会った程度の関係の人は「脈がない」と思って、去って行ってしまいます。

レスポンスが遅い人は「どう返事を書こうか、迷っていた」「おもしろいことを言いたかった」を理由にしますが、まず考えてほしいのは「返事が来なかったら、相手はどんな気持ちになるか」なのです。

「どう返事を書こうか」というのは、自分がどう見られるかばかりを気にして、相手の気持ちに鈍感と言わざるを得ません。

◇(3)お礼を言わない

婚活でも仕事でも「助けてくれる人」がいるに越したことはありません。

もちろん、そのヘルプが必ずしもあなたの期待に沿うとは限らないです。しかし、相手の立場から考えると「わざわざ労力を割いてあげた」わけですから、礼儀として「ありがたいフリ」「喜ぶフリ」をしたほうがいいと思います。

「助けてくれる人」のいいなりになれという意味ではなく、感謝の気持ちを伝えることが大切ということです。もし、期待に沿わないヘルプだったとしても、喜んだあとに「せっかくですが」とお断りすれば角が立ちません。

◇(4)何もしない

ウソみたいな話だと思われるかもしれませんが、「結婚したい」「婚活中」と言いながら、実際は何もしない人というのは多いのです。

仕事をして週末は趣味にいそしんでいると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。婚活は時間との戦いでもあるので、将来を考えられるような彼氏ができるまでは、ある程度婚活を優先したほうがいいと思いますよ、とお話しすると、「趣味をやめろということですか?」とおっしゃる方もいます。

こういうとき、「結婚したいと言っている男性が、婚活をしないで週末は趣味に時間を費やしていたら、どう思いますか?」とお聞きすることにしています。きっと「結婚する気がないように見える」と思うでしょう。

自分の行動を、相手がしていたらどう感じるかを考えるクセをつけましょう。

◇(5)親とものすごく仲がいい、もしくは悪い

結婚は親が作った家庭から離れて、新たな家庭を作ることです。

親と仲がよすぎると、他人の入る余地がありません。逆に毒親育ちの場合、思考がゆがんでいるので、コミュニケーションがうまくいかなかったり、親が彼氏に文句をつけてきて、交際を壊したりします。

ご両親が男女交際にいい顔をしない、彼とのセックスを親に報告している、もしくはセックスしていることを親に責められるような環境にある人は、要注意です。

「売れ残り」になりたくない! 結婚するにはどうすればいい?

婚活がうまくいかないとおっしゃる人は、総じて他人とのコミュニケーションが苦手です。

ここでいうコミュニケーションとは「おもしろい話をして、笑わせる」「友だちがたくさんいる」という意味ではなく、「人と会話をする」という意味です。

自分ひとりで考えていると、被害妄想気味になったり、劣等感が募ったりします。いろいろな人と話して、いろいろな年齢や立場の人と話をしてみてください。会話をすることで、自分の思い込みに気づくことができるでしょう。

結婚がすべてではない

「結婚をすれば、もれなく幸せになれる」という考え方をしている人は減ってきたと思いますが、「結婚をすれば、なんとなく安定する」と思っている人は、まだ多いのではないでしょうか。

残念ながら、あなた自身が自立していなければ、夫婦として安定した生活を送ることはできないと思います。

物事をゆがめて解釈するクセがあると、他人との生活が必要以上にストレスフルなものになってしまうのです。

結婚は万能ではなく、人生の選択肢のひとつでしかありません。どんな人生を選ぶにしても、人と関わらないと生きていけない以上、自分と相手の気持ちを同時に考えるクセをつけてほしいと思います。

(仁科友里)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年03月26日 19時10分

結婚 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。