「35歳の男性」と結婚する方法

2019年03月23日 17時10分

結婚 男性心理 恋愛 マイナビウーマン

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

恋愛観、結婚観が、ちょうど変わる「男の35歳」。読者のみなさんの中にも、35歳の年齢の男性に魅力を感じている人もいるんじゃないでしょうか。今回は、そんな35歳のトリセツを書いてみました。

■男性にとって「35歳」とはどういう年齢?

35歳の未婚率は、約40%といわれています。20代の未婚率が約70%くらいなので、30代半ばにかけて、自分の将来(結婚)を本気で考えはじめるのはまちがいありません。

さらに冒頭で、35歳は恋愛観や結婚観が変化してくる年齢とお伝えしました。それは、まわりの友だちは結婚して子どもを持ちはじめ、仕事では、会社の中心としてバリバリやりはじめるなどの環境の変化の中で、「自分は幸せのために何を優先するべき?」を自問自答する機会が自然と増えるからです。

■35歳男性の恋愛観とは?

「よく考えたら、俺、アラフォーの仲間じゃん(笑)」と、いつの間にか年齢を重ねた自分に、まずは感慨深くなる瞬間があります。そこで、今までの20代の恋愛スタンスから、もっと落ち着いた大人の恋愛をしていこうとスタンスを変えはじめます。求めるタイプが「追っかけたくなる相手→自分のスタンスに合わせてくれる相手」に変化したとでもいうんでしょうか。

◇仕事優先の恋愛

35歳は、仕事で脂が乗りはじめる年齢とお伝えしました。だから、仕事が楽しいし、今ががんばりどきだと思っている男性は多いです。そんなときに、20代なら十分に対応できた、「かまってちゃん女子」は、正直しんどい(苦笑)。だから、仕事を優先させてくれる相手を求めてしまうんです。

◇両極端な恋愛観が露呈

35歳は、「自分の幸せのために何を優先するか?」の答えを出す年齢だとお伝えしました。その答えによって、恋愛観が二極化するのも事実。

ひとつは、時間がないと結婚に向けてばく進するタイプ。もうひとつは、結婚をあきらめて、恋愛を自由に楽しむ割り切りタイプ。後者のタイプに捕まってしまうと、正直、女性は振り回されて大変ですけどね(苦笑)。

◇ここまで我慢したから、本命選びは慎重になる

僕のまわりの35歳男子と話すと、恋愛を楽しみながらも、本命選びは慎重になっている男性が多いです。理由を聞くと、次の本命=結婚相手と思っている意見や、ここまで独身だったから、慎重に選びたいという用心深さが垣間見えます。

■35歳男性が付き合う女性に求めること

付き合う女性に求めることが、20代~30代前半と35歳でどうちがうか考えてみました。

それは、能動的恋愛か? 受動的恋愛か? だと思います。20代~30代前半は、自分が追っかけたくなる(能動的)女性を好む傾向があるのに対して、35歳からは、自分に合わせてくれる(受動的)女性にシフト。

そう考えると、次のような女性が35歳の男性に求められると思いますね。

◇自分優先より、彼氏を優先してくれる女性

自己中のお姫さま女子じゃ難しく、彼氏のプライベートを優先してくれる、器の広い、おおらかな女性が求められます。

◇適度に甘えてくれる女性

やっぱり、男性も甘えてほしい生き物(ほんと、都合よくてすみません)。ただ、ずーっとべったりは嫌。「適度」がいいんです。この加減が難しい(苦笑)。

20代のころのように、外でもベタベタする感じが苦手な年齢が35歳です。

◇応援してくれる女性

褒められてうれしくない男なんていません(笑)。この年齢になると、会社で褒めてもらうこともなく、できて当たり前。だから、プライベートで「いつも仕事、遅くまでがんばってるよね」「偉いよね」なんて、彼女から褒められたらテンションがあがります。

■35歳男性と付き合うメリットとは?

◇20代~30代前半と比較してお金に余裕がある

35歳のマジョリティ男性を見ていると、どちらかと言うとお金に余裕があります。年収も上がってくる年齢ですしね。割り勘率は低いと思いますよ。

◇気持ちに余裕がある

35歳ともなると、うれしい経験やつらい経験などひと通りやってきた年齢。その結果、気持ちに余裕が出てくる。それは、ケンカをしたときなどに、大人な対応で包んでくれることにつながります。(中にはもちろん、器がちっちゃい男性もいますけどね)。

◇学びがある

いろんなことを知っていることもメリット。だから、会話をしていてもノリだけの薄い会話じゃなく、深みのある会話だから、勉強になるし楽しいと思います。

◇あなたのブランディングにひと役買う

35歳の大人の男性と付き合うことで、女性としてのあなたの価値があがるというメリットもあります。まわりからしたら、大人の男性が惚れる魅力が、何か、あなたにあるのだろうと想像させます。

■35歳男性と付き合う不安や悩みって?

◇結婚をせず恋愛を楽しむ「割り切りタイプ」がいる

35歳男性の中には、結婚をせず恋愛を楽しむ割り切りタイプが多く隠れているので、そこを見分けるのが至難の技。口では言っても本心はまったくちがう男性もいます。

◇見た目が老け込む男性もいる

20代のときはかっこよかったのに、一気に老け込み出すのも35歳から。この年齢を分岐点に、若々しく年を重ねるタイプか、「ザ・おじさん」へまっしぐらに老け込むに分かれます。できれば若々しくイケてるタイプを捕まえたいですよね。

◇環境を変えたくなる時期でもある

35歳は、転職など環境を変えたくなる時期でもあるので、今まではソコソコ稼いだのに、急に転職して給料が減るといったリスクがある年齢。結婚を視野に入れた男性選びには、このあたりを注意しないとダメです。

◇浮気する確率があがる可能性も

35歳は、お金に余裕がある男性なので、ちょっと浮気は心配。僕から言わせると、いくらビジュアルがかっこよくても、資本(お金)がないと浮気できませんから(苦笑)。おごったりする機会も浮気回数に比例して増えることを忘れないでください。

■35歳の男性と付き合うときの注意点って?

◇相手の負担にならないようにする

仕事が忙しいと、どうしても、会える回数も少なくなります。

そこで、「会おうよ」「なんで会ってくれないの」とプレッシャーをかけずに、「会ってくれるとうれしいな」「時間作ってくれるとうれしいな」とやんわりと自分の欲求を通すと、男性も、あなたと会う時間を作る努力をします。

◇常に応援するスタンスを持つ

孤独感を感じるのも35歳。彼が仕事をがんばれるように応援してあげることが、彼女として大事です。

手料理を作ってあげたり、「がんばって!」と声をかけてあげたりすることで、彼にとって一番近い存在だと認識させることです。

◇束縛しない

束縛されることで愛を感じていた20代とちがって、だんだんと、束縛されることがただのストレスに感じてくる世代です。

だから、35歳男性と付き合うときは、極力、束縛しないほうがいいと思います。

■35歳男性の結婚観とは?

35歳男性の結婚観は、まわりの既婚者からのハッピーな情報、アンハッピーな情報のせいでバイアスがかかってしまい、結婚に対しての焦りと不安が入り混じっている状態です。具体的に見ていきましょう。

◇子どもがほしい焦りや不安

子どもが好きな男性ほど、早く結婚して子どもがほしいと思っています。その反面、子どもが成長していくにつれ自分も年を重ねていくことで、体力への不安も感じています。

◇結婚相手の理想がよくわからない

結婚相手に完璧を求めすぎるあまり、何を決定打に決めたらいいかがわからなくなっている男性も多いです。20代のころの「勢い」や「できちゃった婚」は考えられないですから。

◇自由がなくなる

既婚者のアンハッピー情報の多くが、結婚すると、家族中心の生活になるので、お金、時間、精神的な自由がなくなるという話ばかり。それを聞きすぎて、結婚に対してうしろ向きになっているところもあります。

■35歳男性が結婚相手に求めることって?

外見より内面がいい女性、家庭的な女性など、年齢問わず結婚相手に当たり前に求めていることは、ここでは割愛します。ストレートに言うなら、「結婚しても自由を与えてくれる女性」この言葉に限ります(笑)。

そう! 35歳男性はフリーダムです。だから、お金を奥さんが管理する「おこづかい制」は、やめてあげてください(苦笑)。

少しでもいいので、彼がひとりになれる時間を尊重し、男友だちと飲みに行くのに「行っておいで!」と、笑顔で快く送りだしてくれる女性が35歳男性にとっては最高の存在。そんな、太平洋のような心の広い女性を求めています。

35歳男性には「自由」を与えて

僕も自分の35歳だったときのことや、まわりの35歳の男友だちのことを参考に書いてみました。

35歳は、将来、結婚するかしないかがはっきりする年齢です。もし、あなたが好きになった人が35歳なら、結婚の意志確認と、すぐに外堀を埋めて逃げられなくする作戦を同時にするべきでしょう。

そして、結婚した際は、「自由」をできる限り彼に与えてあげてください。そのほうが結婚生活もうまくいくと思います。

(TETUYA)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年03月23日 17時10分

結婚 男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。