「男子にモテる女子」の特徴

気が付いたらもう数年彼氏がいない。デートもしばらくしていない。あの子はいつも誰かしら相手がいるのになんで私だけ?

本音ではとにかくモテたいと思っているのに、「タイプの男からモテないと意味がない」と言い訳をしてはいませんか? そういうあなたは、モテる女子と自分を比較して、「私のほうが可愛いのに!」「私のほうが社会的にも自立しているのに!」「私のほうがスタイルいいのに!」などと思っているのではないでしょうか。

それでは、いつまでたってもモテません。今回は「男子にモテる方法」について語っていきたいと思います。

■「モテる女子」がモテる理由

まず、モテている女子を分析してみましょう。彼女たちがモテる理由は2つ考えられます。

ひとつめは、「自分の需要がある市場を見極めている」こと。

ただこれは、特定の種類の男性にターゲットを絞るということなので、その中の誰とデートしても代わり映えがなくつまらない可能性があります。しかもこのパターンだと、大抵特殊なポピュレーションがターゲットになるので、自分の好きな人と恋愛・結婚するという夢が叶うかどうかはわかりません。つまりモテ市場では特殊なので、付き合うと苦労もあります。

2つめは、「普通を極めている」こと。

一方で、モテている人は、あることを極めています。それは実は、“普通を極めている”ことです。

私自身が何百回も合コンやパーティに参加してきましたが、確かに、圧倒的な美人でスタイルもよくて、育ちがよくて仕事もきちんとしている子は必ずモテていました。合コン1回あたり、2人や3人とデートしていたことも珍しくありません。

モテ偏差値でいうと75レベルですが、そういった天から与えられたモテの神器を持つ子は少数です。男性の人口との比率が合いませんし、そもそもここを目指す必要はありません。目指すべきは、モテ偏差値で65~70レベル。

では、このレベルにいるのがどんな子か?

その答えが、“普通の女の子”でした。

モテるために、特別な技術やノウハウなんて必要ないんです! 情報で溢れている昨今の環境では、この記事がそうであるように、モテる方法なんていうものはインターネットやSNSですぐ探すことができてしまいます。

合コンで料理を取りわける、軽いボディタッチ、なんていう技を使ったらモテるなんて言われていましたが、そんなのはひと昔前の話。それらが戦略であることは既にバレているわけです。

「男は馬鹿だから」なんて言ってはいけません。ただ単純で素直なだけなんです。それを勘違いして、ネットで検索したモテ技を披露した瞬間、あなたは非モテ女子になってしまうのです。

■モテる“普通の女子”の特徴

前述したように、モテる女子は「普通の女の子」です。仮に「普通の女の子」のモテ偏差値を65とした場合、もっとモテたいなら、70レベルを目指したいところです。

65レベルの偏差値の「普通の女の子」が、ひとつか2つ持っている得意な科目を生かせば70レベルを目指せるのです。

これを「モテ」に置き換えると、70レベルを目指せるのは「かわいいところをチラ見せできる普通の女の子」ということになるのです。というわけで、まずは「普通の女の子」がどういう子なのか見ていきましょう。

◇(1)全体の印象として、清潔感と品位があること

第一印象は見た目で決まるとよく言いますが、美しくある必要はなく、「俺の彼女です」と男性が恥ずかしさを感じずに言える見た目であれば問題ないのです。その最低ラインが、清潔感と品位です。これはまさに、普通にしていたらクリアできる内容です。

◇(2)ファッションは、保守的であることこそ最強

女の子のオシャレを、男性は自分のためだと勝手に勘違いしています。これは利用しないともったいない。ところが気合が入りすぎて、海外ドラマに出てくるセレブやイケてる女子もどきになってしまうなど、目立つファッションをしてしまうと、そのオシャレは自己満足と認識されます。会うたびに違う系統の服装を見せる必要はありません。毎回、ワンピースにカーディガンで問題ないです。そして、この超保守的なコーディネートこそが最強なのです。合コンなど出会いの場で無地のワンピース、その後の2人きりのデートで花柄のワンピースへと移行できたら完璧です。似合う色や肌が綺麗に見える色だけ把握して、自分の趣味を出すのは付き合ってからにしておきましょう。

◇(3)メイクはバランス重視

沢山の女性の顔を画像解析して、平均の顔を作ると、万人受けする美人顔になるそうです。目が大きいほどかわいく見えるとかではないんですね。それぞれのパーツの配置や大きさのバランスを鏡で見て、平均と違うところをメイクで修正すればいいのです。その上で、自分のいちばんのチャームポイントだけ少し強調すればいいのです。ちなみにですが、目元を強調する子が多いので、逆にいちばん光るのは唇とデコルテですよ! この2箇所は、その後のイベントも彷彿させますからね……!

■男子にモテる方法

モテる「普通の子」の特徴がわかったところで、70ベルを目指す「かわいいところをチラ見せ」です。これは、元彼に言われた自分のかわいいところにアクセントをつけていくといいでしょう。ここでは、いくつか、万人に強いメソッドを紹介します!

◇(1)素直に甘える

鉄板のモテテクであるボディタッチもここが原点です。ただ、触ればいいってものではありません。背景が大事なんです。触れてきた理由がないから、男子にバレるんです。デート中に何かアクションするのが難しいならば、待ち合わせのときと別れのときに満面の笑みで手を振るなど、それだけできればまぁまぁでしょう。

◇(2)相手に同意する

“合コンのさしすせそ”という昔ながらの都市伝説がありますが、これは間違ってはいません。“聞き上手”がモテるということです。「へぇ〜」ではなくって、「そうなんだ!」とか「すごい!」とか。日々仕事で疲れている男性には、こういう言葉が癒しなんですよね。決してアドバイスなどすることのないように。

◇(3)自分から攻める……!

はっきり言って、いちばん重要なのはこれです。どれだけモテテクを発揮しても、そもそも相手の男性にとって自分がタイプでなければ、その後の展開はないです。タイプでなくても考えてしまうのは“好き”というアピールをされたときです。「〇〇なところ好き!」くらいのソフトな言葉でもいいんです。下手なボディタッチなどの仕草でアピールすると、男性は大抵逃げます。ところが男性は真面目でピュアな生き物なので、言葉で攻めると、逃げずに本気で考えはじめるんですね。

■少しの努力でモテる女子になれる!

以上、酒豪ガールまこによる、「男子にモテる方法」でした。難しいものはなかったと思います。普通に、気取らず、でも少しだけ努力したら、誰だって毎週末デートの予定で埋まる生活はできますので、実践してみてくださいね。

(酒豪ガール)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。