「本当にモテる女」の15の特徴

突然ですがみなさん、モテたいですかー!?

声高らかなお返事こそ皆無ですが、「おぉー!!」という心の声は全力で返ってきそう。いや、きっときてる。今まさになうで。

モテたい、モテてる、モテるには、モテない……。

巷にあふれている、世の中の女性たちがこっそりと渇望してやまないさまざまな「モテ」ですが、そもそも「モテ」とはどんな状態なのでしょうか?

そんな疑問に、今回は

“モテとは本質的に「赦される(ゆるされる)」ということである”

と、独断と偏見あふれる超個人的な定義を掲げ、以下、コラムニストの二宮ゆみが語ってまいりたいと思います。

■なぜ人はモテたいと思うの?

そもそも人はなぜモテたいと思うのか。この記事を読んでいるあなたは、「モテたい」という願望を少なからず持っているはずです。

モテは、社会に適合してる姿のひとつのカタチ。人間としては極自然な欲求です。

・ひとりじゃ寂しい・みんなに自分のことを必要とされたい・コミュニティのなかで上位の人になって尊敬されたい

上記すべて、モテ欲求だし、こういった気持ちは人としてまったく恥ずかしくないですよね。だって、みんなそう思ってるんだから。

◇モテたい女性の3大心理

女性がモテたい心理として、以下の代表的な3つがあります。

◇(1)女子同士の圧倒的マウンティング

清廉潔白モテとは対をなす「腹黒モテ」のナンバーワンがこちら。

どちらかというと、心理的に「モテたい」ではなく「ほかの女子に勝ちたい」「他人を貶めてあわよくば自分をあげよう」のベクトルに興味があり、自分が他人よりも優位な関係で認められたいという欲求が強いタイプです。

ひと言でいうと、上位承認ですね。

結婚したorまだしてない、モテてるorモテない……、何かにつけて私たちは無意識のうちに序列をつけがちです。

他人と比べて自分を順位づけして「私はまだ上にいる、大丈夫」と安心するほうが、比較対象のない「己」を高めるよりはるかに簡単だから。

何ごとも、下から指をくわえてぼーっと見上げるより、「見ろ! 人がゴミのようだ!」とムスカばりに上から下々を眺めるほうが、優越感がくすぐられますしね。

◇(2)承認欲求が満たされるから

「かわいいね」「顔小さいね」「色白いね」「好きだよ」

女子は大抵ウサギちゃんなので、寂しかったり、褒められなかったりすると死にます。

「モテることで、これらの褒め言葉のシャワーが毎日浴びたい放題になる」とわかっているから、生きるために、「私、いてもいいんだ」と確認するために、ピンク色の頬で毎日ハッピーに過ごすために、他者からの承認を欲します。

モテたいと思う8割はこのエリアに存在しているといっても過言ではありません。

◇(3)好きな人に好かれたいから

モテさえすれば、きっと、自然と自分の好きな人にも好かれるだろう。

告白だってしてくれるだろうし、付き合ったら大事にされるだろうし、万が一にも振られたりなんてしないハズだ。モテさえすれば、そうなるハズだ。楽ちんだ。

これまで悩みごとばっかりの人生だったのに、モテをゲットできれば、お悩みフリーの人生が開けるんだ……!

だから、モテたい。

と、片想い中の女性によくありがちな思考回路です。

◇「モテたい」と公言するのが恥ずかしい理由

では、なぜモテたいと公言するのははばかられるのでしょう?

それは、異性モテ「だけ」を狙っているからです。いやらしいから恥ずかしいんです(笑)。

目的がモテではなく、「よりよい男のGET」になっていると、途端にいやらしさが急上昇します。

「友だちのなかで誰よりもお金持ちで、イケメンで、セックスが上手で、パートナーを大切にしてくれて、脚が長くて、声のステキなイイ男に好かれたいし、なんなら即プロポーズされてソッコーで婚活地獄から一抜けしたい」

なんてことばかり考えて異性モテだけを狙っていると、いつの間にか敵ができてしまうんです。

なので。

適正なモテを目指せば大丈夫。

みんなにモテる「いい女」であれば、ほら、全然恥ずかしくないでしょう? 次の章では、そんな「本質的なモテ」について解説していきます。

「赦される」と「モテる」の相関性

冒頭の定義に戻ります。赦されるとどうしてモテるのか?

異性モテも、同性モテも、「あの人ならいいか」「あの人なら仕方ないよね」って思われたもん勝ち、ってことです。

女性なら支払いを赦されること(免除)はモテ。「いいよ、重いものだから持ってあげるよ」と、手伝ってもらうのも赦しの一種だし、「どうぞ、先に降りて」とエスコートされるのはもちろん、男性のケースでいえばイケメンのセクハラ発言が笑いになったりするのも、赦しのひとつです。

最新のファッションを取り入れるのも、そう。これ、モテない人がやると、「身のほど知らず」みたいに言われますからね……。つらい。

男女問わず赦される人の特徴って、上記のように、いい意味で「赦されて当たり前」って雰囲気がそのまま言動に反映されている場合が多いです。

ハタからみて、とてもわかりやすい指針ですね。じゃあどうしたら赦される人になれるのでしょう。

モテたいならモテてる人の特徴をつかんで真似すればいいのでは? ということでたくさんのパターンを羅列してみました。今からできるモテ講座、どうぞご覧ください。

■モテる女子になるには? 「モテる女」の特徴15

◇(1)圧倒的な強者

ひとつめは、圧倒的な強者です。

クソ金持ちとか、クソ美人とか、クソイケメンみたいに突き抜けちゃってる人、いますよね。凡人からは嫉妬さえ起こらないレベル。

もちろんモテます。努力ではほぼ実現不可能ですが。

◇(2)自然と気配りしている

とてもバランスよく気配りし、フェアな振る舞いができる人はモテます。

「あざとく」ではなく「自然に、フェアに」がキーポイントです。

たとえば、コーヒーが苦手な同僚にお茶を淹れたり、電車で掴まる場所がなくてフラフラしている人をさりげなくつり革の下に誘導したり。

そんな、「見てる人は見てる」を、ナチュラルにこなせる女性、モテます。

◇(3)気持ちよいあいさつ

あいさつは大事です。

基本的に「おはよう、さようなら、ありがとう、ごめんなさい」の、幼稚園レベルで習うこれらの言葉は、それから70年生きていく上でもっとも大切な言葉たちです。

それなのに、私を含め、できていない人の多さといったら。

駐車場のおじさんにも、スーパーの店員さんにも、ハイスペリーマンにも、同じテンションで「おはよう」。どんな小さなことでもしてもらったら「ありがとう」。

大勢ができていないことをさらっとこなせるのがモテ女子なのです。

◇(4)穏やか

感情の波が穏やかな人はモテます。一緒にいて安心できるから。

喜怒哀楽のなかで、特に「怒」と「哀」の波が低く、それが一定である女性は本当にモテます。私の知り合いの多くが結婚相手に求めたモノが「やさしい人」なことも、うなずける結果です。

◇(5)よく笑っている

ネガティブな感情は低いにこしたことありませんが、喜びや楽しみは素直に表現している女性のほうがモテます。

気持ちは伝播しますから、ポジティブな人のまわりで一緒にいい気持ちになりたい、と無意識のうちに明るい人のまわりに群がる傾向にあります。

眉間にシワを寄せている人より、目じりに幸せな笑いジワがある人のほうが、素敵ですしね。

◇(6)自分の弱さを認められる人

これを実行するのは難しいです。

だって自分の非を認めるより、他人を糾弾したほうが楽だから。

でも、きちんと自分の弱点を認めて、誰かを頼ることはとても大切です。

その姿勢があるから、まわりの人も弱点を補ってくれるし、弱さを認める実直さがかわいがられます。

◇(7)寛容さ

他人に不寛容な女性はモテません。

仕事がデキすぎて、デキない部下につらくあたる上司なども同じカテゴリーですね。スゴいなとは思うけど、好きかと言われると、そうでもない。

逆に、デキる上司なのに、ミスを怒らず被ってくれた、なんて話だと一気に「ヤバい惚れそう……!」と、なりませんか?

◇(8)豊富な知識

モテ女子はコミュニケーションも上手です。

会話の引き出しがあればあるほど、キャッチボールは続きます。ジャズでも筋トレでも啓発話でも経済でも、彼女らの知見は深く広いです。

でも、それは相手の話を引き出すための呼び水でしかなく、その知識をひけらかしはしません。

相手よりその話題にくわしくても、会話で「勝ち」を狙うのはNG。モテたいなら「知識」は、ラリーを楽しむためにあると心得てください。

◇(9)よくないことはちゃんと言える

先ほど、喜怒哀楽のなかで、特に「怒」と「哀」の波が低い人がモテる、と申しましたが、ダメなことはダメとちゃんと怒れる人もモテます。

たとえば、大切な仲間が腑に落ちない理由でけなされていたら……、味方を庇う姿勢は必要ですよね? そういうときにはしっかりと怒るのも重要です。

ただヘラヘラ笑っているだけが、モテではないのです。

◇(10)相手への敬意がある

モテる人は人を見下しません。

名前をちゃんと呼んであげるとか、目を見て話すとか、話をちゃんと覚えていてあげるとか、これくらい簡単なことで充分。

難しいことはしなくていいです。

「私はあなたを見ています、認めています」と、態度で示すことが大事です。

◇(11)完璧な人間であろうとしない

キャパ以上のことをやろうと努力しても、疲れちゃいますから。

疲れるとイライラするし、イライラするとお肌が荒れます。お肌が荒れてまで必死になるのは、仕事の納期の前日くらいで充分です。

お蝶夫人みたいなデキた人間はリアル社会には存在しません。存在したとしても神クラスの階層にいらっしゃるので、まず私たちがあいまみえることはありません。

いいんです、だって、にんげんだもの。

◇(12)モテを意識しすぎない

難しいですけどね。モテたいのに意識するなとか、禅問答みたいなこと言われても(笑)。

失恋と同じですが、元カレのことを必死に忘れようとがんばっても、忘れられないのと同じで、考えすぎると失敗します。

よく20代前半のギラギラしている若い人にありがちなのが、モテようとしすぎで「自分が、自分が」となるパターン。フェアネスを損なっている感がハタからみていて著しいです。

一歩ひいて、深呼吸してまわりを見る余裕も大事ですね。

◇(13)否定しない

ついうっかり「でもね」「だって」って、否定的な言葉から会話をスタートする人がいます。

誰だって自分の意見があります。他人のそれは否定するものではないんです。モテる人は否定系のワードを驚くほど使いません。

さっそく私も! と、賛同していただけるのなら、「だって」「でも」の代わりに、「たしかにね」「そのとおりだよね」の肯定を使ってみましょう。

気持ちのいい会話ができるはずです。

◇(14)ノリがいい

度が過ぎる必要はありませんが、断らないこと、大事です。

誰だって、誘ったのに断られるのは嫌ですから(笑)。いい返事をしてくれる人は、みんな誘いたくなります。

ちなみに、行きたくもないのにがんばって顔をだした結果つまらない……、なんて状況にならないように。

「なら来んなよ」と、オファー側は、絶対腹を立てます(笑)。なので、気分よく参加できるものにとどめてくださいね。

あくまで、自然に楽しむ、が重要です。

◇(15)外見を整えている

人のために、ちゃんときれいでいること。ユニクロでもGUでもかまいません。大切なのは清潔に、身ぎれいに。

髪と爪は整えて、生乾きの匂いは徹底的に駆逐し、バッグと靴は傷んだらサヨナラしましょう。

「モテる特徴」を使って好きな人を落とすには?

ちなみに、この15の特徴を駆使してモテを極めると、特に自分からアプローチせずともOK。全方位にバラまき可能なモテなので、男女かかわらず網にひっかかった人ほぼ全員が自動的にわらわら群がってきます。まさに地引網。

誰かひとりにモテたければ、このチヤホヤの輪を振り払って「私はあなたのことが好きなの!」ってどストレートに“あなただけアプローチ”をすれば、すぐに陥落します。

モテたければフェアであれ

赦されモテ女子のポイントを15個、これでもかというほど執拗に述べましたが、一番大事なポイントは、フェアネスです。

まずは「人間」としていい人であろうと努力することから、モテの一歩ははじまるのです。

フェア道を貫けば、そこには、赦され愛される、「モテるあなた」が待ってます。

フェアに振る舞うと、結果モテる。なのに、モテることが目的になると、敵が生まれる。生まれるどころか、安易にモテたいと考えると、敵をどんどん増やしてしまうのです。

イージーに生きていきたいのに、モテの道のりはなんと長く、険しいのでしょうか。

フェアと慈愛の笑顔でみんなを癒し、悪を糾弾する強い心を持ち、穏やかで、他人を尊ぶ。周囲から認められるモテは、まさに清廉潔白、腹黒など言語道断。

そんな聖人君子を明日から目指していきましょう。モテのために。はぁ、きっつ(笑)。

(二宮ゆみ)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。