「仕事で疲れた彼氏」を癒すLINE

2代目バチェラー・小柳津さんからの「一輪のバラスタンプ」をめぐって熾烈な「LINEバトル」を繰り広げたマイナビウーマン編集部。

「LINEバトル」シーズン2では、めでたく小柳津さんと付き合うことになった(という夢のような設定の)編集部が、「彼氏に送るLINE」というテーマで全5回ガチ勝負! さらなる強敵として、新メンバー・3児のママ「のりぴ」も参戦。

小柳津さんの心をつかんで離さない「最強の彼女」はいったい誰?

■第1回のテーマ「仕事で疲れた彼氏を癒すLINE」

近ごろ残業続きで、身も心も疲弊している彼氏・小柳津さん。

彼女として、小柳津さんを癒してあげたい! こんなとき、どんなLINEを送る?

◇マイナビウーマン編集部がLINEを送ってみた

1人目:アメとムチを使いこなす、3児の母・のりぴ

のりぴ:はじめまして小柳津さん! のりぴは、かわいい猫や犬の写真を送るよ。小さい生き物って見るだけで癒されるよね~。小柳津さんも癒されるでしょ!

2人目:真面目&やさしさあふれる、たかはし

たかはし:今日はお家デート(という設定)。林太郎くん宅の合鍵を使って忍び込み、先に手料理を作っておく作戦。林太郎くんの胃袋をつかめるのは私しかいない!

3人目:腹黒&アッパー、さちこ

さちこ:変に駆け引きするより、思いっきり甘えたほうがかわいくない? のりぴみたいに動物に頼らなくても、かわいいさちこからのかわいいLINEのほうが癒されるでしょ。

4人目:小手先テクが得意、あーりん

あーりん:忙しい彼に? LINEなんて送ったほうが迷惑でしょ。デキる彼女のあーりんは、自己中にダラダラLINEを続けません! じゃあ何をするかって? 正解は「3分の電話」! さらっとあーりんのラブリーボイスでりんちゃんを癒してあげるの。……今、キモいって言ったヤツ誰? さちこ?

■さて、気になる2代目バチェラーの反応は!?

◇今回もっともグッとこなかったのは、あのメンバー!

グッとこなかったのは、「真面目&やさしさあふれる、たかはし」さんです。

このシチュエーションはなかなか難しいのですが、あらかじめ恋人間で約束した上で、彼女にお家でごはんを作ってもらうのは、めちゃくちゃうれしいものです。

しかし、不意打ちだと180度プレッシャーに変わります。というのも、忙しい人の場合、夜は会食が入っていることが多いのです。そうなると、帰りたくても帰れないし、帰ってもまたごはんを食べなければいけない……。これぞ、重たく感じてしまう要素なのです。

ただし、同棲や結婚をしていて、家でごはんを食べることが普通なカップルの場合は、今夜の献立を彼が楽しみにしている場合もあります。相手の状況を想像することが大事です。

◇2代目バチェラーの心をつかんだメンバーは?

グッときたのは、「腹黒&アッパー、さちこ」さんです。

さちこさんの相手への気づかいはうれしいものです。忙しいときにサラッとLINEを見る男性目線で考えると、「理解してもらえている」「応援してもらえている」という感情が生まれ、パートナーとしての安心感につながると思いました。

また、「落ち着いたら温泉でも行こうね」的な誘い方は、好きな相手だった場合、嫌がる人はほとんどいないと思います。さちこさん、ナイス癒しLINE!(笑)

■2代目バチェラーが教える「仕事で疲れた彼氏を癒すLINE」

仕事で疲れた彼氏を癒すには、以下の3つのポイントをおさえたLINEを送ってみてください。

◇1.相手の状況を想像する

男女がちがった価値観を持っている前提でいうと、自分とはちがう他人の状況を本気で想像すること。これは男女の永遠の課題であり、一番大事なことなのかもしれません。仕事に忙殺されている彼氏が、今どういうミッションを背負っていて、何と向き合っているのかを少しでも察してあげられると、パートナーとして素晴らしいと思います。

◇2.相手のツボを知る

恋愛でありがちなのが、きっと喜んでくれるだろうと思って行動しても、実は相手のツボに刺さっていないということ。

一番わかりやすいのが、たかはしさんのように、不意打ちで料理を作って家で勝手に待っているパターン。手料理はうれしいけど、「食べなければ」というプレッシャーが発生して、実はうれしくない行動にカテゴライズされてしまうこともあります。疲れている彼氏には何をしたら喜んでもらえるか? を普段の生活の中で知ることが大事です。

かわいいコミュニケーションが好きな彼氏だったら、癒してあげるひと言+かわいいスタンプを送るとか、おもしろいことが好きな彼氏だったら、クスッと笑えるエピソードをちょっとだけ共有するとか。

◇3.あまり気をつかいすぎない

相手が忙しくて疲れていたとしても、普段通りに会話することも大事です。気をつかいすぎるといずれ疲れますし、気をつかわれているほうもその疲れを感じとることになり、やがてプレッシャーへと変わっていきます。

なので、相手を思いやって状況を想像するとしても、コミュニケーションは普段通りのトーンでいいと思います。

最後になりますが、本当にデキる男性は、忙しくても、疲れていても、大好きな彼女からLINEがくるとうれしいものですし、やりとりする余裕はあるものですよ。

■勝者と敗者インタビュー

たかはし:あれ?さちこ:はああああん! 小柳津さん大好き♡たかはし:なんかこれ、デジャヴ。シーズン1の最終回もこんな感じだった。さちこ:シーズン1では2連敗したけど、だんだん小柳津さんとさちこの距離が近づいてきているのを感じる。やっと小柳津さんもさちこの魅力に気づいたのね。たかはし:私は担当編集として「彼氏の家に勝手に忍び込んで手料理を作ってはいけない」ということをこの世の女性たちに身を持って教えることができたから、もう、それでいいの。さちこ:たかはし、泣いてる?たかはし:泣いてないもん。さちこ:それより一番不憫なのが、あーりん。渾身の「送信しない」で奇をてらったのに、ひと言も触れられない……。たかはし:かわいそうに。私たちも触れないでおこう。あーりん:お願いだから触れて!!(泣)

バラスタンプをめぐって、初回からバッチバチに火花を散らす編集部。闘いはまだまだこれから! 次回のテーマは「ケンカした彼氏に送るLINE」。お楽しみに!

(文:マイナビウーマン編集部、小柳津林太郎 イラスト:ヘロシナキャメラ)

「LINEバトル」バックナンバー

第1回:合コン後に送る一通目のLINEの正解は?第2回:「今何してる?」への返し方第3回:好印象な食事デートの誘い方第4回:食事デートを断られたときのベストな返信第5回:告白するときのLINE活用法

マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。