「復縁できる女性」の特徴

2019年03月19日 07時10分

恋愛 マイナビウーマン

振られたけど忘れられない。絶対無理だけど諦められない。そんな恋愛をしたことはありますか?

無理とわかっていても復縁がしたいとき、成功者たちは何をして幸せを掴み取っているのでしょう。今回は3人の復縁成功者の話をご紹介しつつ、具体的に復縁に必要なポイントを解説していきます。

■恋愛における復縁の意味とは?

なぜ人は復縁を望み、そして多くのカップルが復縁をしているのか。

それは復縁とはいわば“途中下車した電車”だから。

一度乗っているので、乗り心地も速度も目的地もわかっている。だからこそ「ああやっぱりあの電車に乗っておくのが正解だったかな……」と人は別れたあとに思い、後悔し、もう一度お付き合いをすることを望むのです。

でもちょっと待ってください。

確かにある程度知った仲というのは、復縁することで満足感も得やすいものです。でもそこには、うまくいかなかった原因も確実に残っています。だからこそ安易に復縁したとしても、そこにはわかりきった幸せと問題だけしかないのです。

・乗った電車の目的地が、思っているものとちがう・座り心地はいいけど、運転が荒い・乗せてはくれるけど、むしろ走ってくれない

などなど。つまり復縁をしたいと願うなら、そのとき別れた原因をきちんと理解し、そして次は同じ理由で終わりになることはないと思えなければ、復縁したってうまくいかない可能性が高いといえます。

■彼氏に振られたけど「復縁できた」体験談3つ

もしあなたが気軽に復縁を考えていたなら、少しびっくりさせてしまったでしょうか。

でも復縁って、うまくいった理由とうまくいかなかった理由が確実に残っている相手との恋愛なので、やはり難しい部分があるものです。

そんな問題をきちんとクリアにして、見事復縁を成功させた女性は何がちがうのか。今回3人の事例を紹介するとともに、その理由を分析していきたいと思います。

◇【CASE1】結婚は無理と言われた状況から逆転結婚!

最初にご紹介するのは、30歳までに結婚がしたいと考えていた七海さん(29歳・仮名)です。

彼女は当時付き合っていた彼との結婚を夢見ており、ことあるごとに「30歳までに結婚したいんだ」と吹き込んでいたそうです。しかし彼としては、仕事ががんばりどきだったため、険悪になり「やっぱり七海の理想とする結婚はできないから」と振られてしまったそうです。

普通なら別の結婚できる彼を探すところですが、七海さんは気合がちがいました。

「別れた理由が『結婚はダメではないけれど、仕事を考えると今じゃない』だったなら、『結婚は今でもいいか』と思えるように、私が動けばいいなって思ったんです」

ポジティブな七海さんはそう考え、具体的に行動に出ます。まず、別れても彼の友だちの前には彼女として普通に登場し、彼とは普通に遊び、家事を手伝ったり彼の心のケアをしたりしたとか。そのかわり、別れているので、彼が別の子と遊んでも怒ったりはせず、ただしょんぼりかわいらしく落ち込むようにしていたそうです。

すると彼も「やっぱりコイツとならうまくいくかも……」と半年後には改心。絶対無理な状況から復縁し、はれて結婚までスムーズに進んでいったそうです。

◇【CASE2】付き合えないと言われ、戦略的に神頼み!

続いては悔しさをバネに“見返し復縁”を果たした加奈子さん(24歳・仮名)の話です。

彼女にはものすごく好きだったセフレがいたのですが、告白して振られてしまったそうです。その理由は「お前じゃない」というような、かなり曖昧なものだったとか。落ち込むと同時に加奈子さんは即座に脳内計算。

寂しがり屋な彼なら、1カ月も音信不通になっておけば、私のところに戻ってくるはず。そのタイミングで関係を正してやる! そう計画を立て、連絡を取りたい気持ちを一心に抑え、彼女は貴船神社(京都の超有名な復縁神社)に行き、ガッツリ祈祷してもらい、連絡が来ない間はダイエットに勤しんでいたそうです。

すると予想どおり1カ月後に彼から「何やってんの~?」と白々しい連絡が。彼女はしおらしく応対し、デートにこぎつけ、そしてカラダの関係を迫る彼に「今度は付き合わないとしない」と、きっぱり突きつけることで、彼と恋人関係まで持っていくことができたのだとか。

悲しいのは、加奈子さん的にはこの見返した! という達成感が得られた時点で、彼への興味が失せてしまったことです。ほどなくして2人は別れてしまったそうですが、それでも復縁できたのはすごいことです。

◇【CASE3】ダラダラした関係は一度切ることで結婚をゲット!

最後は4年ダラダラ続いた関係を、いろいろ断捨離することで改善できた美穂さん(30歳・仮名)のケースです。

彼女は税理士見習いの2歳年下の彼と、4年ほど交際をしていました。そろそろ結婚したいと思っていたのですが、彼としては税理士資格を取得できるまで待ってくれ! の一点張り。早く子どもがほしかった彼女は、焦る気持ちがつのり、話し合いの末一旦別れることにしたそうです。

しかし4年という歳月を一緒に過ごした仲だったため、そう簡単に縁を切ることもできませんでした。そこで彼女は元彼とは友だちのまま繋がり続け、同時に新しい彼氏を作り、そして自分がどうして結婚したいのか、どんな人と結婚したいのかを深く考えたそうです。

すると自分の中にもいろいろな迷いや、とにかく安定したいという逃げる気持ちがあったことに気づき、彼女は一念発起。当時付き合っていた彼氏をはじめ、身のまわりの物や人間関係を断捨離し、「税理士を目指すあなたがいいから、一緒にいさせてほしい」と元カレに懇願したのです。

すると彼も、一度離れて美穂さんの大事さがわかったのかこれを承諾。現在は結婚し、彼は引き続き資格取得を目指しているそうです。

■体験談から読み解く「復縁できた人」の共通点とは

3つの事例をご紹介しましたが、いかがでしたか? 今回ご紹介した復縁成功者の状況はそれぞれ異なりますが、実は抑えるべきポイントはすべて同じです。

◇戦略的に復縁を計画したか

復縁は闇雲に動いて成功するものではありません。今回ご紹介した3人も、それぞれ目的を達成するために計画を立て、その中で行動して復縁を掴み取っています。

七海さんは努力で彼の心変わりを誘発し、加奈子さんは彼の行動を予測し、自分磨きや神頼みというできる限りのことをした。そして美穂さんは物や心の整理をして、彼との復縁タイミングを見計らいました。

彼と関係を戻すためのポイントがどこにあるかはそれぞれですが、戻りたいから連絡したり、とりあえず会ってみたりしただけではうまくいかないことは、よくわかるかと思います。

◇行動をしっかり起こせたか

戦略と合わせて、きちんと自制心を働かせて行動を起こせたのも、復縁成功への大きな鍵です。

たとえばよくある失敗で、彼の心が落ち着くのを待たずに「ねえ、最近元気?」なんて元カレに連絡している女性、めちゃくちゃ多いですよね。この元カノからの「最近元気?」ほど、相手にとって「ああこいつはまだ未練があるんだな」と思わせるフレーズはありません。

だからこそ、連絡するタイミングやがんばるポイントは間違えてはいけない。あなたは戦略を立て、そしてきちんと行動に起こしきる覚悟がありますか?

◇メンタルと見た目を衰えさせなかったか

失恋し、そして手に入るかもわからない幸せを夢見て行動するのは不安です。

だからこそ、女性の心は荒ぶりますし、見た目も痩せたり太ったりするものです。でも久々に再会した彼女の見た目がすごく残念なことになっていたら、もう一度燃え上がるものも燃え上がりません。

この3人の場合も、メンタルを安定させることと、外見にマイナスな変化がないようにすることには極力気をつけたそうです(加奈子さんにいたっては、会えない間にダイエットをしています)。弱った心を無理に奮い立たせるのもよくありませんが、かといって後退させることだけは避けなくてはいけません。

■復縁は誰でもできる! だからこそ注意が必要

復縁は正直、誰でもポイントを押さえたらできるものだと思っています。しかし、ポイントを間違えると、ただ相手に心を乱されるだけでなく、最悪セフレに降格する可能性だってあります。だからこそ、覚悟を決めて戦略的に。そうしてがんばった先に待っているのは、幸せへの特急列車かもしれませんよ。

(おおしまりえ)

※画像はイメージです。

マイナビウーマン

2019年03月19日 07時10分

恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。