彼氏に「めんどくさい」と思われる女の特徴

2019年03月17日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

嫉妬はちょっとみっともないけれど、かわいいヤキモチならやいてもいいよね?

と、考えている女性も多いかもしれませんが、それって実は危険な間違いかもしれません。

うっかり放ったヤキモチがケンカに発展し、いつのまにか気持ちが冷め、気づけば別れ話に……。そんな可能性だって、大いにあります。

今回は、その一見かわいく見える「ヤキモチ」の落とし穴について、お話しします。

■ヤキモチとは

じゃあ、ヤキモチって具体的にどういうこと? ぷくっとやいたお餅のようにほっぺをふくらませて見せること、で合ってる? ハテナだらけの頭を整理するために、きちんと調べてみました。

◇ヤキモチの意味って?

辞書によると「嫉妬」とは、「自分よりすぐれた者をねたみそねむこと。自分の愛する者の愛情が他に向くのをうらみ憎むこと」とされております。

恋愛における「ヤキモチ」は、後者ですね。

「私だけを見て。他を人を見ないで。私だけを愛して。他の人に心を動かされないで」と、一途を通りこして、程度の差こそあれネガティブな感情に支配されちゃう感じ。下手すると泥沼一直線です。

◇嫉妬との違いって?

世の中ではなんとなく、

・ヤキモチ→ほっぺをプクっとさせてかわいいふくれっ面で怒る程度のもの。・嫉妬→かわいいふくれっ面を通りこした、昼ドラよりのドロドロした妬みと怒りでいっぱいのもの。

というような、ヤキモチのほうがかわいげがありそうなイメージがありますが、「おもしろくない、ムカつく、腹をたてている」ということには変わりはないので、実態はさほど変わりません。

「ヤキモチ=嫉妬」と考えるのが妥当でしょう。

■男性は彼女のヤキモチをどう思ってる?

ここで残念なお知らせをひとつ。

男性はヤキモチをやかれても喜ばない生き物です。

「ヤキモチ、かわいいじゃん。俺好きだよ、ヤキモチやいてくれる子」などとぬかすメンズが一定数いるため、「え? いいの? やいてもいいの? 嫉妬してOKなの???」と、自分に都合のいいベクトルで解釈したくなりますが、違います。

かわいいのは「かわいいヤキモチをやいた演技をしている子」です。

「やいているフリ」と、「実際やいている」は、行動は同じに見えるかもしれませんが、雲泥の差があるのです。男性だって、その違いくらい、わかります(笑)

たとえば街中でかわいい子とすれちがったとき。明らかにその子に見とれていた彼に対して「あっ、今あのかわいい子見てたでしょ? 私よりあの子のほうがかわいいと思ってるんだー、そうなんだー、ふーん」と、彼が見とれていたのを見透かして、「私」に話を戻そうとするちょっとした拗ねを、怒り度ゼロで混ぜていたりなんかすると、「いじらしくてかわいい…!」と、大半の男性がなるワケです。

で、「いやいやそんなこと思ってないって。かわいいよ。君が一番だよ。何言ってんの!」という、ラブ度高いリア充のテンプレ会話の応酬になる光景を、街のあちこちでよく見かけることになるのです。

これは「こっちとしてはヤキモチも嫉妬も微塵もしてないし、かわいいと思われたいだけのぶりっこ演技だったりするんですけど」と思っている、ヤキモチをぶりっ子のテクニックのひとつとしてかわいげ満載で繰り出す、セルフブランディング完璧あざとい女子の高等技術で、もちろん男性に大いに喜ばれます。

だって、やいてないからwww

でも、「どうせあんなふうにはなれませんよ」とか、「すぐかわいい子見るんだから」といった嫉妬丸出しの発言は確実にウザがられます。いちいち機嫌もとらなきゃいけないし、面倒ですからね。男性にしてみたら。

「そうやって女の子に目移りするのやめてよ!」は嫉妬の中でも「束縛」という縛りまで付随してくる厄介なワードなので、げんなりを通りこして、嫌われる可能性すらあります。

■ヤキモチが抑えられない理由と対処法は?

ヤキモチって、激情の一種ですよね。だから、とめられないんです、自分では。それにむけて気持ちが燃え立ってしまっているので、自身で鎮火させるのは非常に困難です。

◇ヤキモチが抑えられないのはなぜ?

基本的にコンプレックスが多かったり大きかったりする女性は、嫉妬心が強い傾向がみられます。

まわりにいる、キレイで美人で賢くて優しくて公明正大な女性を思い出してみてください。彼女からはヤキモチやきの印象を受けないですよね? それはきっと、自分のことをきちんと愛せて、自分に自信がある人だからです。

「別に彼氏のひとりくらいいなくなってもいいよー、だって仮に別れてもすぐ次の人見つかるし」と思っているのではないかと疑いたくなるくらい、彼への執着が薄かったり(笑)

対して、ヤキモチやきな人を想像してみてください。

劣等感があり、他人と比較することでしか自身の評価ができず、「彼がいなくなったら困る……。次の彼氏見つけるの、超絶大変だもん。ヤだヤだ絶対離さない……!!」くらい未練がましい。そんなイメージ、ありませんか?

◇ヤキモチを抑えるにはどうしたらいい?

沸き上がる怒りを鎮めるトレーニングのように、5秒待てと言われても、そんなに簡単にヤキモチはおさまりません。すぐかわいい他の子に見とれる彼氏や、私という彼女がありながら合コンに赴く彼氏、日曜日は女子含む大学時代からの仲間で釣りや登山やスキーに行く彼氏……といった、根本原因が目の前にチラついているからです。

このように激しく沸騰した嫉妬心を抑えるのは難しいです。

ですので、沸き上がりにくくするのがいいんじゃない?

というライフハックを提案したいと思います。

たとえばヤキモチから束縛したくなっても、「女の子と飲みに行ってもいいけど、私とのデートの約束は必ずセットで」というルールくらいなら多くの男性は納得するでしょう。

他の女性と会っていることへの嫉妬より、その女性たちに圧倒的大差で上にたてるよう、お肌のお手入れから晩ご飯の仕込みまで、次のデートへの準備に忙しくしていたら、ヤキモチやいているヒマなんかないですしね、実際。

それでもおさまらない! イライラして死んじゃう、助けて! という嫉妬ダダ漏れのあなたには、嫉妬させるような行動を取らない男性と付き合うこと、を最終的な究極の対処法として伝授します。

ヤキモチやきは性格なので、治すにしてもかなりの時間と労力がかかります。治す苦痛より、嫉妬をしないで済む男性と付き合うほうが、精神安定上好ましいです。

■彼をドキっとさせるヤキモチのやき方とは?

大事だからもう一度言います。男性はやかれても喜ばない生き物です。

他の女性と会って「やっぱりアイツのことが好きだな」と思い返すことになるから付き合いが続く、という面が男性にはあります。極論ですが(話はそれますが、彼氏が他の女と会うのは、リスクはあるけど、そういうリターンもある、ということです)。

ですので、もしこんな状態に置かれてしまったら、嫉妬心をぐっと抑えて、彼の帰宅時にかわいく「おかえり♡」って言うくらいの寛容な心でむかえることのほうが大事なのかな、と感じています。

その後は、嫉妬もヤキモチもウザいも面倒も何もない素敵なアツアツタイムなので「やっぱりこの人は私のものーー!!」って感じでイチャイチャすれば万事オーケー、すべてまるっとスリっとゴリっとエブリシング解決です。

■ラブスパイスは上手なヤキモチ♡

小悪魔系女子でしたら、テクニックとしてのうわべヤキモチを、TPOに応じて適宜繰り出して彼をメロメロにしていただければと思いますが、彼のことが大切で大好きだと、ついしなくてもいい本気のヤキモチをやいてしまう場面もあるかと思います。

そんなときに大事なのは、気持ちの問題は気持ちとして処理して、行動は別問題と捉えることです。

嫉妬してもいいけど、束縛はよくない。嫉妬してもいいけど、怒らずにコミュニケーションをとることを意識する。

その上で、大好きな彼に毎日、「好きだよ」「大切だよ」「君だけだよ」と、毎日承認欲求爆上げの儀を執り行ってもらい、ピンクでフワフワしたかわいいハートから嫉妬をできるだけ遠ざけてもらいましょう。

ヤキモチはたまのスパイスとして投入して、日常は穏やかでラブラブな暮らしをキープする。そんな生活こそ、ありよりの「アリ」。ですよね?

(二宮ゆみ)

※画像はイメージです。

マイナビウーマン

2019年03月17日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。