復縁したい元彼に「送ってはいけないLINE」

2019年03月17日 12時00分

LINE体験談 恋愛 マイナビウーマン

元彼と復縁したい! ……そんな気持ちがあるとつい焦ってしまいますが、復縁には冷却期間が必要ともいわれています。復縁に大切なのは、お互いに冷静さを取り戻すこと。

気持ちが落ち着いたときに、改めてやり直すことを考える期間が、復縁の成功のために必要なのです。復縁のための冷却期間はどれくらいの期間が理想的なのか、また、冷却期間中はどうすごすべきなのか、恋愛コラムニストのひろたかおりがお伝えします。

■復縁に冷却期間はなぜ必要か

復縁するならできるだけ早く動きたい! と思ってしまいますよね。なぜ、復縁に冷却期間が必要なのでしょうか。

◇冷却期間が必要な理由と効果

別れてしまうと、相手に忘れられるのが怖くてすぐに復縁を持ちかけたくなります。

ですが、どんな理由であれ、お付き合いが終わったことは男性にとってもショックなもの。傷が癒えないうちによりを戻そうと言われても、ストレートに受け止めることはできません。

また、時間を空けずに復縁しても、結局別れた原因を理解できていなかったり解決できていなかったりして、同じことの繰り返しになる可能性があります。冷却期間は、冷静に別れた原因や、現状について考える期間。

この間にしっかりと自分の気持ちと向き合うことで、改めて復縁する意味を確認することができます。復縁の成功は、以前よりいいお付き合いができてこそ。そのための時間なのだと心得ましょう。

◇冷却期間は特に男性に必要

どちらが別れを切り出したとしても、男性には交際をうまく進められなかった不甲斐なさ、情けなさが残るもの。誠実な男性ほど、愛する人を幸せにできなかったことに苦しみ、自信を失います。

別れたことに後悔がなかったとしても、愛する女性がいなくなった喪失感は大きく、立ち直るには時間がかかるのが男性です。そんな状態で別れた彼女が突然目の前に現れても、冷静に対応することは難しく、復縁を求められてもすぐには心が切り替えられません。

また、男性のなかには、一度別れた人とよりを戻すことを男らしくないと考える人もいます。別れに責任を感じるからこそ、簡単に復縁を考えらず、心がかたくなになってしまいます。そんなときは、なにを言われても届かないでしょう。

冷静さを取り戻す冷却期間は、特に男性にとって必要です。この期間にそっとしておくことで、男性は心の痛みと向き合い、落ち着きを取り戻すことができるのです。

◇女性にとっても重要な期間

一方で、復縁を望む女性にとっても、冷却期間は必ず必要になります。

別れた直後は、悲しみに耐えられずすぐによりを戻したいと思うかもしれませんが、復縁するために重要なのは、別れた原因をしっかり解決することです。別れたときと何も変わらないまま元彼の前に立っても、男性は受け止められないでしょう。

「また付き合いたい」と思われるためには自身が以前より成長していることが大前提。男性は、「前とはちがう付き合いができる」と確信しない限り、気持ちが動きません。

冷却期間は、まず自分自身が別れを受け入れ、原因を正しく理解するためのもの。原因が理解できたら、次は自分を磨いていくための時間が必要になります。

焦って復縁を求めても、元彼が受け入れてくれなければ拒否された事実が残るだけです。それよりも、復縁のゴールが「以前より幸せなお付き合いができること」であるのを忘れず、そのために自分を変えていくことが大切。冷却期間をどう過ごすかでその後の元彼との向き合い方が変わってくると思ってください。

■<状況別>冷却期間の具体的な設け方

それでは、冷却期間は具体的にどのくらい設ければよいのでしょうか。別れのパターン別に解説します。

◇その場の感情的なケンカで別れたパターン

ケンカ別れは、「売り言葉に買い言葉」で衝動的にさよならを選んでしまったパターン。

別れた直後は、お互い頭に血がのぼっているので「終わってせいせいした!」という気持ちになっていることが多いですが、時間が経ってから別れたことを実感し、落ち込むことになります。

お互いに未練を残している場合が多いので、冷静になってから改めて謝罪することでまた関係が戻る可能性もあります。

男性の場合、よりを戻したくてもプライドが邪魔して言い出せないこともあるので、こちらから連絡してみるのもよいでしょう。

必要な冷却期間:1カ月

◇振られたパターン

あなたに悪いところがあり、それが原因で振られてしまったパターンは、男性の心がすでに離れているので復縁には時間がかかります。

振られた原因を解決できていることが重要なので、まずは自分を見直すことからはじめ、以前より成長できた自分を元彼に見てもらうようにしましょう。

必要な冷却期間:3カ月~半年

◇相手にほかに好きな人ができてしまったパターン

相手がほかの女性を好きになって別れたパターンは、元彼の心がそちらに向いているうちは何をしても届きません。

ですが、その女性とうまくいかなくなったり改めてあなたのことを思い出したりする可能性もあるので、諦めずにそのあいだは自分磨きをがんばる期間と思いましょう。自分をアピールするより、元彼の邪魔をせずにいることを心がけましょう。

必要な冷却期間:3カ月以上

◇連絡の頻度が減り、終わりを告げられたパターン

彼からの連絡の頻度が減り、「フェードアウトを狙っている?」と思っているときに終わりを告げられるパターンは、男性が区切りをつけたいと思って別れを切り出す場合がほとんどです。

関係を精算したくなった男性の心を再びこちらに向けるには、新しい魅力を知ってもらうことが重要。冷却期間は長く置かずにこちらから連絡し、改めてよい関係が築けるようなコミュニケーションを目指しましょう。

必要な冷却期間:1カ月

◇相手の転勤など離ればなれになることで振られたパターン

相手の環境の変化が理由で別れることになったパターンは、まず元彼の状況を最優先に考えます。慌ただしいなかで復縁を求めても相手にとっては負担になるだけ。

しばらくは連絡を控え、落ち着いたころに改めてコンタクトをとるようにしましょう。その間は、自分磨きをがんばること。離れていても愛情を育てていけると元彼に思ってもらうことが重要です。

必要な冷却期間:3カ月

■冷却期間に連絡したくなったら? どうやって我慢?

冷却期間をひとりで耐えるのはつらいもの。元彼に連絡をとりたくなったらどうすればよいのでしょうか。

◇冷却期間中の過ごし方

冷却期間中は、元彼の状態もわからないし不安になりますよね。

「こうしているあいだに新しい彼女ができたら……」と思うと、つい連絡して確かめたくなりますが、中途半端な気持ちで接触するのは元彼にとってもよくありません。

冷却期間を置く目的は、別れた原因を克服して以前とはちがう自分になることです。「復縁ができたら前より幸せなお付き合いをするんだ」と心に決め、自分に集中しましょう。

◇冷却期間中に連絡をとりたくなったときの対処法

どうしても元彼に連絡したくなったら、信頼できる友人に気持ちを打ち明けるなど、元彼以外の人間に吐き出しましょう。口にすることでストレスを解消でき、元彼に連絡したい気持ちも少しそれるはずです。

また、映画や本を楽しんだり、体を動かして気分をリフレッシュしたり、普段とはちがうことをするのもおすすめです。

元彼に連絡したくなるのは、忘れられるのが怖いから。ですが、たとえ忘れられたとしても、冷却期間にしっかりと自分を成長させることができれば、ふたたび元彼と向き合ったときに新しい魅力を伝えることができます。そこから関心が高まり、改めてお付き合いがはじまることもあるでしょう。

復縁を成功させるためにも、冷却期間中は自分に集中する気持ちを強く持つことを覚えておいてくださいね。

◇冷却期間あけに最初に送るLINE

別れた原因を解決し、改めて元彼と向き合う準備が整ったら、LINEを送ってみましょう。

音信不通だったことでどう思われるか不安になりますが、連絡がなかったことは、元彼にとっては余計な感情がわかずにかえってよかったともいえます。

久しぶりの連絡は、元彼にとっても懐かしく思うもの。まずは気軽なメッセージを送って返信を待ちましょう。「お久しぶりです」「どうしていますか?」などていねいな言葉を心がければ、元彼の気分を悪くすることはありません。

やってはいけないのは、「寂しくなって連絡しちゃった」「新しい彼女できた?」など、距離感を無視した言葉でプライベートな話題を持ち出すこと。これでは、どれだけ冷却期間を空けたとしても「何も変わってないな」「いきなり失礼な人だな」と思われ、返信がないどころかブロックされるおそれもあります。

別れたのなら、きちんと距離をとり、元彼をひとりの男性として尊重することが大切。その姿勢が伝わると、元彼も「どうしているのかな」と前向きな関心を持ち、返事を送りたくなります。

冷却期間あけの最初に送る言葉で、あなたの印象が左右されます。受け取る元彼の気持ちを考えたメッセージで、よいコミュニケーションがとれる予感を元彼に持たせてくださいね。

■冷却期間は自分に集中することで復縁の成功が近づく

復縁は、別れを経験しているのでゼロではなくマイナスからのスタートになります。

元彼のなかからできるだけネガティブな感情を取り除き、フラットな心で向き合ってもらうことが、復縁に向けての第一歩。そのために、冷却期間は必ずおき、別れた原因をしっかり克服することを考えましょう。

ただ泣いて悲しんでいるだけでは、何も変わりません。そして、変わらない限り、元彼のなかにあるあなたのイメージもそのままです。別れたつらさを乗り越えて自分を見つめ直し、以前より成長したという自信を持つことができれば、その明るさが元彼の関心を引き寄せます。

復縁の成功は、冷却期間をどう過ごすかが大きなカギになります。自分に集中し、より幸せになれるお付き合いに向けての努力を忘れずにいたいですね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年03月17日 12時00分

LINE体験談 恋愛 マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。