「あまり好きじゃない男性」と結婚したら成功する理由

2019年03月16日 11時10分

結婚 男性心理 恋愛 マイナビウーマン

それほど好きじゃないけれど、即、断るというほどではない男性に好かれることってありますよね。

付き合ってから好きになれるのなら、付き合ってみるのもありかなと悩んだり……。

結婚を意識する年ごろになると浮上してきがちなこの問題。

「結婚したいなら、とりあえず付き合っておくべき?」を数々の恋愛や婚活を取材してきた私、にらさわあきこと一緒に考えていきましょう。

■「付き合ってから好きになる」ことってあるもの?

今は好きでないけれど、付き合ってから好きになるのかもしれないし、自分を好きになってくれる人なんてもう現れないかもしれない……。そう思うと、「付き合いません」と即、切り捨てるのは、もったいない気がしますよね。

実際のところ、付き合ったあとから彼氏を好きになった女性たちってどれくらいいるのでしょうか? 一般女性に取ったアンケートから見ていきましょう。

◇好きじゃないけど付き合った経験のある女性は55.4%

Q. 好きじゃないけれどとりあえず付き合ってみた経験はありますか?

Q. 好きじゃないけれどとりあえず付き合ってみた経験はありますか?

・ある……55.4%・ない……44.6%※有効回答数377件

アンケート結果を見ると、「好きじゃないけれどとりあえず付き合ってみた」という女性は全体の55.4%、つまり半数強いました。

断らずに「とりあえず付き合ってみる」選択をする女性はけっこう多いようですね。

◇付き合ってから好きになった経験のある女性は47.4%

Q.(あると答えた人に質問です)付き合う前はなんとも思っていなかったけど、付き合ってから相手のことを好きになりましたか?

Q.付き合う前はなんとも思っていなかったけど、付き合ってから相手のことを好きになりましたか?・好きになった……47.4%・好きにならなかった……52.6%※有効回答数209件(好きじゃないけど付き合った経験のある女性)

とりあえず付き合ってみた結果、その彼氏を「好きになった」女性は全体の47.4%。つまり、付き合ったあとに好きになれる確率は、「半数近くある」ということでしょう。

実際、私の取材でも、「最初はそんなに好きじゃなかったけれど、付き合いはじめてから好きになった」という女性はかなり多いです。

というよりも、より正確にいうと、今付き合っている彼氏を「最初から好きだった」人は少なくて、「最初はそれほど好きじゃなかったけれど、向こうに押されて付き合いはじめた」結果、「自分も彼を好きになり、今はとても幸せだ」という女性が多くいるのです。

つまり現実に照らし合わせて考えると、付き合ってから好きになる確率が半数ということよりも、「実際に彼氏のいる女性の半数が、最初はその相手をそれほど好きではなかった」という事実にこそ着目するといいのかもしれません。

■「付き合ってから好きになる」のはあり?

それほど「好き」と思ってない男性でも、付き合ってから好きになる可能性があると思うと、交際に入る前に彼を切り捨てるのはますますもったいない気がしますよね。

もちろん、付き合う前にじっくりと関係を深めていって、その後ちゃんと好き同士になってから付き合うという手順を踏めるのが理想でしょう。しかし、そこまで待ってもらえないことは多いです。

また、「付き合う」という関係性が気持ちを育ててくれる面があることも見逃せません。

たとえば、「話してみてもおもしろくない」と思っていた男性が、おもしろみは少ないけれど、それを上回る誠実さを持ち合わせているとわかってきて、信頼感が増していく。よそよそしいと思っていた彼が、彼女には甘えた顔を見せてくれて、そこから愛情が生まれる……など。

彼氏としての顔を見ると、またちがった感情が生まれるものです。そういう意味でも、「付き合ってから好きになる」道を選ぶのはありだといえるでしょう。

■「好きになってから付き合う」vs「付き合ってから好きになる」

では、「好きになってから付き合う」のと「付き合ってから好きになる」のでは、どちらがより幸せになれるのでしょうか。婚活をする女性たちが、よく口にする疑問です。

◇幸せになれるのはどっち?

しかし、この問題に関しては、「どちらでも幸せになれる」ので、比べる必要はないと思います。

それよりも問題なのは、「好きになってからじゃないと付き合えない」と思い込んでいるせいで、「誰とも付き合わない期間」が長く続いて、その状態を「辛い」と感じはじめる可能性があることです。

というのも、「好きになってから付き合う」と決めている人が、「なかなか人を好きになれないタイプ」だと、ずっと誰とも付き合わないという可能性だってありえるのです。

もちろん、それで人生が「充実している」と思えるならいいのですが、「誰かと過ごしたい」気持ちがあって、今の生活を「どこかもの足りない」と感じているのなら、「付き合ってから好きになる」選択をするのも十分ありなのではないでしょうか。

◇長続きする「好き」ってどんなもの?

そもそも「好き」という感情を「熱烈な恋愛感情なのだろう」と思い込んでいると、男性と付き合いづらくなりがちです。

特に恋愛に憧れている女性は「この人が好き!」と男性に恋焦がれる気持ちだけが「好き」という感情なのだと頭で考えがちです。が、実際のカップルたちは、付き合っている相手に対してもっとほのぼのとした「好き」という感情を抱いています。

「なんかかわいいな」「ほっとけないな」という気持ちや、そんな自覚すらもなくて、「一緒にいると落ち着くかも」程度の気持ちで寄り添い合っている人が多いものです。しかも、そのほうがより長続きしています。

しかし、そういう気持ちを抱いた経験がないと、「熱烈に好き」にならないと「付き合えない」「結婚できない」と思い込んでしまうかもしれません。そんな場合こそ、先に付き合って、「なるほどこういう好きがあるのね」と実感するのもいいのではないでしょうか。

また、そういう種類の「好き」は、いきなりは生まれづらい感情なので、「付き合ってから好きになる」道を選んでこそ生まれる場合だってあるでしょう。

過去3年を振り返ってみて「好きになった人がいない」「彼氏がいない」という人は、状況を変える意味でも新しい考え方を取り入れてみてもいいのかもしれません。

◇結婚相手は? 婚活の場合

結婚を真剣に考える婚活の場合は、この選択に「期限」の概念を取り入れるといいでしょう。

自分の決めた期間のうちに、「好きになれる人が現れるかどうか」現れなかった場合には、「まずは付き合ってみて、その相手を決めた期間中に好きと思えるようになるかどうか」で判断してみるのです。

この場合、自分の「好き」のパーセンテージを高く設定しすぎないのも大事です。

というのも、お見合い結婚をした女性たちがこう言っていたからです。

「旦那さんに対する『好き』は、付き合いはじめが10%、結婚3年目でやっと30%くらい。こういう『好き』の順番のほうが、絶対に幸せになれる」と。

理由を聞けば、「どんどん好きになっていくから嫌いになる理由がなくて、別れる機会が生まれないから」とのことでした。含蓄のある意見でしたので、参考にしてほしいと思います。

好きになるタイミングはいつだってOK

結局のところ、「好きになってから付き合う」のと「付き合ってから好きになる」のでは、どちらもその男性を「好きになれている」のだから、どちらでもいいと私は思います。

問題は、「こういう順番じゃなきゃ」と思い込んで、自分の可能性を狭めてしまうこと。

自分が幸せになれるのならば、順番だって、「好き」の形だって、パーセンテージだってどんなだっていいハズです。

思い込みの殻を破って、自分が幸せだと感じる道に自分を導いていこうじゃないですか。

(にらさわあきこ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年2月5日~2月6日調査人数:377人(25~34歳の働く未婚女性)

マイナビウーマン

2019年03月16日 11時10分

結婚 男性心理 恋愛 マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。