男性が「彼女いらない」と言う本当の理由

2019年03月13日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

「彼女いらない」

最近このように発言する男性が増えましたが、皆様のまわりにもこのようなことを仰る男性はいらっしゃいますでしょうか?

さて、一見すると草食系に見える彼らですが、その心理は決して草食系とは限りません。

「彼女いらない」と宣言する男性とは一体どのような心理なのでしょうか?

■聞かれてもないのに「彼女いらない」宣言する意味

「彼女いらない」。

確かに本当に彼女を必要としていない男性も世の中にはいらっしゃるでしょうが、もしも本当に彼女がいらなかったとして、それをわざわざ宣言する理由は御座いません。

もちろん女性から「なんで彼女を作らないんですか?」と聞かれたような状況であれば「仕事が忙しいから彼女を作る気がない」と回答しても変ではありませんが、聞かれてもないのにわざわざ宣言するのはどう考えてもおかしな話でしょう。

毎日数十人の女性から告白されて困っているような男性であれば「これ以上告白されると困るから、俺は今彼女を作る気がない!」と宣言してもいいでしょうが、多くの男性はそんなにモテません。

普通の男性にはわざわざ「彼女いらない」なんて宣言をする理由なんて存在しないのです。

それでは何故「彼女いらない」と宣言するのでしょうか?

おそらくは「酸っぱいブドウ」と同じ理屈でしょう。

「酸っぱいブドウ」とはイソップ物語に収録されている寓話で御座いますが、皆様はこの話をご存知でしょうか?

簡単に概略を説明すると「高いところにブドウがあり、それを狐が取ろうとしていた。しかし狐はどれだけがんばってもブドウが取れなかったので、負け惜しみで『あのブドウは酸っぱいブドウに決まっている』と言った」というお話で御座います。

それと構造は大体同じで、ほしいけど手に入らないものに対して、人間は嫌味を言ってしまうものなのです。ですので、モテたくてモテたくて仕方がないのに、モテない男性は負け惜しみで「彼女いらない」と宣言することはあるでしょう。

ただしこれはあくまでも「聞いてもいないのに宣言をした男」に限ります。

こちらから煽ったり「なんで彼女作らないの?」と聞いたりした際に「彼女いらない」と言った男性はこの限りではありませんのでご注意くださいませ。

「ねーねー、彼氏いるの?」になんて答える?

それでは次にこちらから「なんで彼女作らないの?」「彼女いないんですか?」とアプローチを仕掛けた際に「彼女いらない」と答える男性について考えてみましょう。

ところで皆様は全然タイプではない男性から「彼氏いるの?」と聞かれたらなんと回答されますか?

もしも彼氏がいるならば話は簡単ですが、彼氏がいない場合、どうにかして相手の好意を拒絶しなければならないとお考えになることでしょう。

「いないけど、お前はタイプじゃない」と言えるような関係であれば話は簡単ですが、多くの場合は相手を完全遮断するような回答をすることはできません。仮にできるような関係であったとしても、相手を傷つけないようにオブラートに包んだ物言いをするものでしょう。

その筆頭は「今は忙しくて彼氏を作る余裕がないんです」的なものではないでしょうか。

そう、非常に残念な話になりますがこれが答えで御座います。

「仕事が落ち着いたらね」は永遠に落ち着かない

男性の草食化が進んだ今日において、彼女をそこまでほしがらない男性はたくさんいらっしゃいます。

特に多いのは「彼女はほしいけど、彼女を作るのはめんどくさい」という男性でしょう。

このタイプの男性の場合、彼女を作るまでの面倒くささをこちらから排除してあげることでお付き合いをすることは可能です。

しかしこのタイプの男性はわざわざ「彼女いらない」なんて口にしたりは致しません。

たとえるなら、気にはなるけどわざわざ買いに行くほどではないというような状況なのです。確かに労力を払うことはありませんが「気になっている」ということは事実なので、わざわざ「いらない」などとは言いません。

ですので、男性が明確に「彼女いらない」と言った場合、その可能性は先に述べた2つしかないでしょう。

ひとつ目は酸っぱいブドウ型。

こちらのタイプの男性は概ね魅力がないので皆様は惑わされることもないでしょう。特に気にする必要は御座いません。

問題なのが2つ目の牽制型。

残念ながら「彼女にするのは無理」と言われてしまっているのです。

この状況から逆転をしようと思ったら、1から関係を作り直すくらいしか方法は御座いません。

彼らは別に彼女がほしくないのではなく、大変残念なことに「あなたと付き合う気はない」と言っているのです。

ここで気をつけなければならないのは「あなたと付き合う気はない」という言葉でしょう。

あなたと“付き合う気”はない。

付き合う気は、ない。

付き合う気はないだけで、セックスをする気がないわけではありません。

「今は彼女を作る気がない」と言いながら、あなたとセックスをする男性がいたら、それは明確に「お前はセフレだ」と言われているようなものなのです。

ですので大変残念では御座いますが、「彼女いらない」と言われてしまった場合には諦めていただければ幸いです。

そんな言葉で諦められるなら誰も苦労はしないと思いますが、そう言われてもなおアプローチをすると未来は2つしかないのです。

ひとつはセフレ化。こちらはまだマシでしょう。

そしてもうひとつは。

性別を逆にして考えてみてください。

皆様がストーカーとして逮捕されないことを心より願っております。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年03月13日 17時10分

男性心理 恋愛 マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。