好きな人から誘われない「本当の理由」

2019年03月04日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

こんにちは、マドカ・ジャスミンです。

ライティングやメディア出演などを通し、私はさまざまな人たちと関わる機会が人に比べ多いです。そのなかで、たまにこんな悩みを聞くときがあります。

「気になる人がいるけど、デートに誘っていいかがわからない」と。

今では固定のパートナーがいて、デートに誘う誘わないでドギマギすることはありませんが(出不精な彼を外に連れ出すため、プレゼンはする)、私にもそういう時期があったなと懐かしくなります。

たしかに未だ世の中では、「デートは男子が誘うべき」といった価値観が拭いきれていません。しかし、私は思うのです。古くね?

自分がしたいと思うなら、実行すればいい。でも、勇気が出ないという女性も多い現状。

そこで、男性とのデートはほとんど自分から誘ってきた私が、男性を食事デートに誘う方法をお伝えしていきます。あなたの恋、私にお任せあれ。

■彼から誘われない「本当の理由」

普段、彼とは頻繁に連絡を取り合っているのに、食事などにはなかなか繋がらないという女性もいるのでは? この記事を読んでいるあなたは、きっとそのひとりのはずです。

彼から誘われない理由としては、

「わざわざ2人で会う必要はない」「誘って断られたら嫌だ」「自分から言うのも何かちがう」

といった男性側の心情があるからです。

一番目の理由だったら元も子もありませんが、行動してみなきゃ何も生まれないのは何事においても共通しています。迷ったら、まずは行動!

結論、女性から食事に誘うのはおおいにOKです。

◇誘われた男性は「うれしいに決まってる」

男性とはいえ、私たち女性と同じ人間です。友だちを交えた飲み会ではなく、女性から個人的に誘われればうれしくないわけがありません。

表面上はドライだとしても、内心ではウキウキ状態。仮に誘いに対してのLINEが素っ気なかったとしても、あまり気にする必要はないです。

なぜなら、男性は格好をつけたい性分。デートに誘われただけで浮かれ、大喜びするのを「恥」と感じている男性も少なくないのです。

◇女性から誘うメリットは「彼への意識づけ」

最大のメリットとしては、彼への興味を真正面からアピールできること。

男性から誘われようと、好意や興味を小出しにする女性が多いなか、果敢に誘うだけで彼にすれば「この子、俺のことが気になっているのかな」と一瞬にして意識づけができます。

■ステップ1:デートに誘うタイミング

さっそくデートに誘おうと決心しても、アレコレと考えてしまうのが女心。

平日、休日、昼夜、一体いつ誘ったらいいの? 直接かLINEどちら? 相手と仲がそこまでよくないけど誘っていいの? と悩みは尽きませんよね。

どのタイミングだと、成功率が上がるのか。その答えは……

ないです。

逆の立場になって考えてみてください。友人ぐらいの好意を抱いている男性から、デートの誘いがあったとすれば、それがほぼ初対面だとしても嫌な気にはならないはず。

不安で悩みすぎる気持ちもわかりますが、頭でっかちになって誘いを躊躇し、無駄な時間が過ぎ去っていくほうがデートを断られるよりも遥かに恐ろしいです。

あなたが悩んでいる最中にも、相手に彼女ができてしまう可能性だってあるのですから。

あえていうならば、LINEで誘う場合、25時から翌朝6時の時間帯に誘うのは×。その時間帯だと、お酒の勢いで連絡してきたと捉えられてしまうので避けましょう。

ステップ2:食事デートの誘い方

肝心の食事の誘い方がわからない? 問題ありません。

以下の5つのポイントを抑えるだけで、あなたからのお誘いは成功したも同然です。

◇(1)「2人で会いたい」と伝える

重要です。

ただ食事に誘っても、友人関係が長かったり、知り合ったばかりの仲だったりすると、「誰か誘う?」と提案されかねないです。

なので、きちんと「2人で会いたい」という旨を伝えましょう。

◇(2)日程の大まかな候補を出しておく

社会人同士だと、平日休日問わず、予定は詰まっているもの。

なので、こちらからある程度の日程候補を知らせると、相手のスケジュール確認の手間も省け、気遣いを感じさせることもできるので好感度が上がります。

◇(3)仕事の忙しさを気遣う

脳科学の分野において、男性脳はひとつのことにしか集中できない「シングルタスク」であるといわれております。

なので、付き合っている女性相手だとしても、仕事が忙しいと会わなくなる人も多いぐらいです。

「仕事が忙しかったら大丈夫だからね」などのひと言を加えておきましょう。

◇(4)行きたいお店を用意する

真っ向からデートに誘うのが恥ずかしくても、「このお店に行ってみたくて」と言えば、それを理由にできるのでおすすめです。

単価が高すぎず、あまりハードルの高くないお店を選ぶが吉。社内の彼だとしたら、仕事後に行きやすいオフィスの近くのお店にすると、成功率がグンと上がります。

◇(5)彼女の有無はライトに聞いておく

デートが決まったとしても、後々彼女がいたともなれば、時間の無駄以外の何物でもありません。

難しいことは考えなくてOK。誘う前に「そういえば、彼女さんいる?」とライトに聞くだけで、違和感なく確認が取れます。

◇誘うなら「直接よりLINE」

直接誘うよりも、LINEだと相手に考える時間を与えられる=相手に余裕が生まれるので、特にあまり接したことのない相手ならLINEで誘うほうがおすすめ。

上記5つのポイントは必須です。

■断られたときの対処法は「めげないこと」

まずひと言、めげるな!

一度や二度断られたぐらいで悲しんでいたら、女が廃ります。

そして、断られたのは“2人で会う”です。

2人ではなく、同僚や共通の友人など複数人での食事だったら、快諾してくれるパターンはとても多い。そう、真っ向勝負が挑めなさそうなら、外堀を埋める作戦に変更するのです。

そうすれば、2人で会える日もそう遠くなくなります。戦術的に攻めるが恋愛の肝です。もちろん、別の男性にターゲットを変えるのも手ですよ。

当たっても砕けない

デートに誘うのは、スタートではなく、スタートラインに立っただけ。走ってもいません。

なので、断られても、また準備運動を続けていればいいのです。そうやって、トライ&エラーを繰り返すことで、臆することなく自分の目標達成(デートをする、付き合う……)に繋げていけます。

頭のなかでぐちゃぐちゃと考えても、現実は何も変わりません。達成したい目標があるならば、怖くとも一歩踏み出しましょう。

大丈夫、ダイヤモンドは砕けない。

(マドカ・ジャスミン)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年03月04日 17時10分

恋愛 マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。