付き合う前にキスされたときの対処法

2019年01月12日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「キスからはじまる恋」にまつわるアンケート。

■キスから恋がはじまることもあると思う?

「え? なんで、なんで!?」「急にキスするって、どういうこと?」

予期していたならともかく、突然のキスなんてされちゃったらパニくるよね。女子は、酔っ払っていなければ(笑)彼氏でもない人に自分からキスなんて、なかなかしないもん。

それに比べて男性は、まだ付き合っていないのにそんな行動をやらかしてしまうことも。想定外のキスやその先も、彼らにとってはぜ~んぜん想定内! “本命の女性に限る”というルールはなく、ただの遊びやその場のノリでなされることもあるから厄介なのよ。

女性側からすると心配なのは「本命じゃなくとも、キスをしたあとに付き合う可能性はあるのか?」ってこと! そこんとこ、男性諸君に胸の内を聞いてみましょう。

Q. キスから恋がはじまることもあると思う?

はい:59.9%いいえ:40.1%※有効回答数217件

なるほど~! 6割近い男性は「キスしちゃった責任をとれるかも」ってことね(笑)。でも残りの4割は、そのあと恋人になることはないってことなのかしら。

■「キスから恋がはじまることもあると思う」派

◇キスをすると意識してしまうから

・「唇が触れると必ずほとんどの人が意識すると思うから」(26歳/建設・土木/技術職)

・「体の接触が、もっとも情がわきやすい行為だと思うため。人によるだろうが、少なくとも意識はするようになる」(27歳/食品・飲料/その他)

デート中に体が触れ合うことで相手を異性として意識してしまうのは、あるあるだよね。それまでまったく恋愛感情のなかった相手でも、触れた瞬間に自分の射程圏内に……(笑)。

時に、男性は相手のことを好きかどうか自信がない場合、キスをして自分自身の気持ちを後押しさせることもあるんだよ。

女性だって、彼の誘いを断らずに会うということは、満更でもないはず。「付き合ってほしい」という言葉の代わりのキスならアリなんじゃない?

◇キスでお互いの相性がわかるかも?

・「キスで相性がわかるので全然問題ないと思う」(36歳/建設・土木/技術職)

・「相性がわかるのでいいと思う。まわりにもいるから」(27歳/建設・土木/その他)

恋愛において“相性”はとても大事。それは「なんかしっくりくるんだよね」という説明できない絶妙なもの。相手の匂いやつないだ手の感触もあるけど、唇の感触や温度などのファーストコンタクトはとても重要なの。

相手がたとえイケメンでも、お金持ちでも(笑)、キスした瞬間に「この人、ちょっとちがうな」と相性を測定できたりする。それは決してキスの上手・下手だけの問題ではなく、自分の本能が彼のDNAを求めているか否かでもあるんだよ。

■「キスから恋がはじまることはないと思う」派

◇キスからはじまった恋はうまくいかない

・「キスからはじまっても愛が深まらないから、短期間で別れる可能性がある」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「さすがに恋はないかなぁ。恋というより体だけの関係になると思う」(34歳/建設・土木/技術職)

好きな相手でなくとも、嫌いでなければ自分の性的欲求を満たす目的でキスができちゃう男性も。残念だけど、その場合は恋とか愛とか関係ない。女性がキスを受け入れるかどうかを、その先の行為に進めるかの判断材料にしているだけなんだよ。

「軽い気持ちでキスをしてくるなんてチャラ男!」と女性が思うように、男性だって「キスを嫌がらない女なら簡単に落とせる」と思っているので、手間暇かけずに次のアクションを起こしてくるはず。

付き合う前にキスを受け入れるのは、あなたにもリスクがあるということよ。

◇恋してからキスするのが普通

・「好きだからキスをするのであり、キスから好きになるのはおかしい」(34歳/食品・飲料/その他)

・「個人的な意見として、キスは恋人同士になってからするというイメージがあるため、キスから恋がはじまるのは違和感がある」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

男性だって、付き合う前の相手にキスを迫るのはとてもリスキーな行為。なぜなら、普通そこで拒否されたら次はないと思うから……。2人きりになると雰囲気に流されてしまいがちだけど、本気の相手に対してはキスを軽く考えているわけではないんです。

好きだからキスするのが一番だけど、「キスしたときの気持ちが長く続くこと」のほうが何より大切、だよね。

■恋の教訓:恋愛の実権を握るのは、キスされた側! 対応次第で行方が決まる!!

キスした時点で「恋しているか・していないか」は置いといて、付き合う前の男性がキスしてくるのは「今以上の関係になりたいから」なの。

だからこそ、キスは“した側”じゃなく“された側”がその先の実権を握っているんだよ!

もし、あなたが彼からの不意打ちキスにうっとりしたり、幸せな気分になれたりしたなら、思いきって彼の胸に飛び込んじゃってもいいだろうし……。

逆に、あなたが付き合う前のキスに嫌悪感や疑心を抱いたなら「私はそんな女じゃない!」と彼の手を振りほどいて去るもよし、「なんでこんなことするの?」とウルウルした目で問い詰めるもよし。

この先進むか進まないか、付き合うか付き合わないかも、キスされた側が決めればいいのよ。

もしかしたら「ど、どうしよう……先に告っておけばよかった」「やばい、彼女と二度と会えなくなっちゃったら寂しい」な~んて彼のほうから追いかけてきちゃうかもよ。

男のキスは衝動的なことが多い。彼自身も、自分の恋心に気づくのは“キスする前”よりも“キスしてしまったあと”……かもね。

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ、構成:マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ調査日時:2018年11月29日~12月4日調査人数:217人(22~39歳の働く男性)

「恋の答案用紙」バックナンバー

「付き合う前のキス」はアリ?「ガードが固い女性」はモテる?「ドキドキする女性」と「落ち着く女性」彼女にするならどっち?

もっと読みたい方はこちら

マイナビウーマン

2019年01月12日 11時10分

恋愛 マイナビウーマン

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。