夫以外の年下男性に片想い...49歳人妻が満たされる「欲望の捌け口」とは?#249

2022年07月04日 21時00分

男性心理 恋愛 anan

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、20代の年下男性に片想い中の49歳人妻。立場をわきまえ彼のことを諦めようとするも、忘れられずに辛いと訴える彼女に、佑雪さんのお答えは?

お悩み:「息子ほど年下の職場男性を好きになってしまいました」



【クラブ佑雪】vol. 249


職場の20代、彼女アリ男性を好きになってしまいました。私は40代後半、子もちの既婚女性です。音楽の好みが似ていることから、CDを貸し借りしたり、趣味の話やお互いのパートナーの話など楽しくしていました。だんだん、話が盛り上がり過ぎて、仕事に支障が出始めたので心配になり、LINEを交換しました。趣味の話ができたらな、と思ったのですが、本当にたま〜に私から送ってやりとりする感じにとどまっていました。



ですが、そうこうするうちに好意をもつようになってしまいました。一度ランチに誘いたくて「今日はお昼どこに行くんですか?」 と話かけたら「一緒に行きます?」ってあちらから言ってくれて嬉しかったです。でも、次に誘ったときに態度が冷たくて驚いてしまい、そうだよな~、親子ほどの年齢差の既婚女性と彼女のいる男性で、恋愛を考えるなんてバカすぎる…と、恥ずかしく思いました。



以来、諦めようと決め、「今日はなんて話しかけよう」なんてドキドキしてた毎日にサヨナラしたのですが、3か月経った今でも、職場で彼が近くを通るたび、気になって彼の姿を追ってしまいます。そして、辛いのです。辛いってことは、まだ何か仲よく過ごせるのではないかと期待しているのだと思います。私も独身なら、「次の恋愛にいこう」となるのでしょうが、そういうわけにもいかず、忘れられないようです。こんな私にママからよいお知恵を拝借できないでしょうか?


(刹那 49歳既婚 会社員)


アラフィフ既婚女性だって、ときめきますよね?



ランチに行ったとき、彼は何かを察知したんですかね? 「喰われそう!」みたいな身の危険とか? そのへん、どうなんですか? もしくは、彼の態度を冷たく感じたとおっしゃってますが、ご相談者さまの思い過ごしで、そのとき彼がたまたま忙しくて、いい対応ができなかっただけとか? ないですか? ないですよね…そういうのは、わかりますよね。


っていうか、こちらが既婚者でしかも職場。彼に彼女がいるとかどうとか、まったく関係ないと思うんですけど? そもそも、法律によって定められている既婚者と、あくまで自由意志で付き合っている彼女もちを同格のように語ることがおかしいですし、いろんな意味で彼に彼女がいることはまったく関係もない。


だって、そう思いません? もし、彼がご相談者さまに興味がある場合→ご相談者さまと不倫関係に至るとして、別に二股かける、かけない、彼女を裏切る、裏切らないという話は、ご相談者さまに関係のない話。彼がご相談者さまに興味がない場合→そもそも関係ない。ね? 関係ないんですよ。関係あるのは彼の気持ちがどうなんだってことだけでしょ。そこがうまくいってないっていうことなんでしょうが、そればっかりはしょうがないですね。


ただね、今回のお悩み、ご相談者さまがアラフィフじゃないですか。恋に年齢は関係ないって言いますけど、やっぱり関係あると思うんですよね。アラフィフってちょうど更年期が始まってたり、閉経する人はするし、生物的に微妙なお年頃。「このまま、おばあちゃんになったらどうしよう」みたいな焦りと不安から、未婚既婚関わらず、バーッと異性というかセックスというか、きれいに表現するなら、ときめきを求める方がすごく多い。もしかしたら、ご相談者さまも、そういう世代特有の感情&ホルモンの波に飲み込まれちゃったのかもしれませんね。


そもそも、既婚者が職場の男性とどうにかなりたいって思うこと自体、かなり贅沢な案件ですから、それが叶わないっていうのは「宇宙旅行したいけど2000億円ない。どうしたらいいですか?」っていうのと同じレベルの話。ときめいたり、悶々とできる対象があるだけ幸せなんじゃないの? とも思いますが、どうでしょう?


で、「私も独身なら、『次の恋愛にいこう』となるのでしょうが、そういうわけにもいかず」とありますが、別に今現在、既婚で彼にドキドキしてるわけだから、また次の対象を探せばいいんじゃないかな? というのが、わたくしの感想です。心の中で誰を好きになろうと、それは個人の自由ですから。あとは世の中、ほんっとW不倫って多いので、時を待つっていうのもアリなのかなと。汚い話になって恐縮ではございますが、彼が既婚者になれば、誘いに乗ってくる率が高くなりますからね。まあ、そんな話ですよ、今回は。

【お悩み募集しています。こちらからどうぞ!】

※ マガジンハウスの会員登録をしていただくことになります。

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)

元リアル銀座のクラブのホステスを経て、占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。anan web上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママとしてお悩み相談「クラブ佑雪」、『TABI LABO』で「目覚めよ! 恋愛力 藤島佑雪のLOVE占い」など連載多数。




©JGI/Jamie Grill/Gettyimages


文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

anan

2022年07月04日 21時00分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。