別れの可能性は? “仕事、忙しいから”に隠された「男性の本音」7つ #243

2022年05月23日 20時00分

男性心理 ホンネ告白 お仕事 恋愛 anan

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、彼と遠距離恋愛中の34歳女性。彼からの連絡が減り、不安になっている彼女に佑雪さんのお答えは…?

お悩み:「遠距離で忙しい彼からの、連絡頻度が激減しています」



【クラブ佑雪】vol. 243


共通の友人との飲み会がきっかけで仲よくなった彼と遠距離で付き合って半年になります。彼が本気なのか気になっています。付き合ったきっかけですが、2人で食事をしていた際、別れ際に彼がキスをしてきました。その先に進もうとしていたので「付き合っていない人とはそれ以上したくない」と言ったところ、彼はその場で悩んでしまいました。「付き合っても体調がすぐれない日が多く迷惑をかけてしまう」と。



でも、お互い好き同士なのは薄々感じていましたし、話し合いのうえ、付き合うことになりました。仕事が忙しいのもわかっているのですが、遠距離で連絡がかなり淡白なのが気になっています。共通の友だちが多く、間接的にお互いのことを知っていた期間が長いので、信頼はしていますが、付き合うと男性はあまり連絡を取らなくても平気なものなのでしょうか?


(こな 34歳未婚 会社員)


彼からの連絡が減るワケ



こういうご相談って多いのですが、逆に、逆にですよ? 30代半ばという働き盛りの男性が「いつ仕事してるの?」っていうくらい、遠距離なのにいっつも会いにきて、離れているときは四六時中、声が聞きたいだの顔が見たいだのってオンラインで連絡してきてたら、どう思います? 嬉しいですか? ってことを、まずはお考えいただきたいですね。


男の人が言う「仕事が忙しい」という言葉を、女性側は「本当は私のこと、あんまり好きじゃないのかな」とか、言外の意味を汲みとろう汲みとろうとするじゃないですか。その結果、よくない被害妄想を爆発させて、自ら関係をぶっ壊してしまう。それって恋愛ベタの典型的なパターンですよね。で、その次、また次のお相手にもやっちゃって、永遠に恋がうまくいかないっていう。


どうして、そんなことになっちゃうかというとですね。女性って男性と比べると、誰と結婚するかで人生というか、経済的なステージが大きく変わったりしやすいからなのかなって思うんですよね。つまり、自分の実力では中流でも、お金持ちを捕まえれば、上流にクラスアップできるわけです。恋愛、結婚が生活レベルにまで関わってくるから、恋愛に一生懸命になっちゃう。


一方、多くの場合、男性はそういうわけにはいかないから、生活レベルを上げたければ、仕事を頑張るしかない。よって、恋愛より仕事のプライオリティが高くなる。っていうギャップが、こういうお悩みの根っこにあるんじゃないでしょうか? 別にご相談者さまに興味がなくなったわけでも、ほかの女性と遊んでるわけじゃなくても、仕事が大本命である限り、それより重要じゃない扱いをされるのは仕方ないのかな、とも思います。


ただ、男性の「仕事、忙しいから」の内容には、“いろんなもの”が含まるというのも、また事実ではございます。


1. 実際、忙しい。

2. 頑張れば時間もつくれるけど、ひとりの時間も欲しいから、そういうことにしている。

3. デートするお金が不足している。

4. 疲れている。

5. 君のことは好きだし、今後も付き合いたいけど、会うと気を遣わないといけないし、セックスで頑張らなきゃいけないのも疲れる。

6. ほかにも女性の存在がある。

7. 別れたいけど、自分から別れを切り出すと自分が悪者になっちゃうから、フェイドアウトを狙って、そういうことにしている。察して!


だいたい、こんな感じですかね。1〜5 であれば、彼に時間、お金、体力、心の余裕ができれば大丈夫。彼のことが大好きで気長に待てるなら、待てばいい。でも、6、7 は前途多難。どちらにしても女性側の忍耐力が試されます。で、「仕事が忙しくてかまってあげられない時期も、文句言わずに待っててくれたから」ってことで、信頼を勝ち得てゴールインするカップルっていうのも、また多いので、そこで勝負をかけるのもありなのかなとは思いますが。


まあ、そんなこんなで、ご相談いただいた「付き合うと男性はあまり連絡を取らなくても平気なものなのでしょうか?」に関しては「平気だから連絡してこないんでしょ」と申し上げるしかないのですが、たぶん、お相手の彼、これまでも彼女をほったらかしにしてフラれたりとかしてきてるはず。だけど、自分でそれを直して女性と向き合うつもりはない。そのままの自分を受け入れてくれるなら、付き合ってもいいけれど? という、完全にご相談者さままかせな感じになっているのでは? という感じでしょうか。もっと、かまってくれる方がいいなら、恋愛に時間を割ける余裕がある人を選ぶことをおすすめします!

【お悩み募集しています。こちらからどうぞ!】

※ マガジンハウスの会員登録をしていただくことになります。

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)

元リアル銀座のクラブのホステスを経て、占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。anan web上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママとしてお悩み相談「クラブ佑雪」、『TABI LABO』で「目覚めよ! 恋愛力 藤島佑雪のLOVE占い」など連載多数。




©KatarzynaBialasiewicz/Gettyimages


文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

anan

2022年05月23日 20時00分

男性心理 ホンネ告白 お仕事 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。