待ち合わせですぐに...男性が「本命彼女には絶対しない行動」

2021年11月22日 19時30分

男性心理 恋愛 anan

良いムードになることもあるけれど、本気で愛されているのかはイマイチわからない…。そんな曖昧な彼の気持ちはどうすれば見極められるんでしょう? 彼の本音と脈アリ・脈ナシを知る方法を探ります。

何考えているの? 彼が曖昧な理由



彼が何を考えているかわからず、脈アリなのか脈ナシなのかもハッキリしないとき、理由はだいたい以下の3つになるはずです。


1. 自己開示がない

2. リーダーシップがなく受け身

3. キープしているだけ


1と2は彼が性格的に恋心が見えにくいタイプで、脈アリでも曖昧な行動を取っている状態です。好きな女性に気をもたせている自覚はない場合が多く、駆け引きをするつもりもないでしょう。天然で女性を戸惑わせていることになります。


一方、3は「とりあえずキープしたい」と思っているパターンで、真剣な恋愛感情は期待できません。曖昧な言動を見せるのはきちんとしたお付き合いを望んでいないからで、彼の本気を引き出すのも容易ではないはずです。


自分のことを語らない彼の本音



自己開示が少ない男性は珍しくありません。女性から質問されれば答えますが、それ以上の自分情報を話すことには消極的。一緒にいても女性だけがしゃべっていたり、話題がかなり偏っていたりするはずです。


また、対面で話せばいろいろしゃべるのに、LINEや電話になると急に無口になる男性も多く、「電話は苦手」「LINEはあまり使わない」と言うなら本当に不得意なのでしょう。これらの発言に裏はなく、単に不慣れなのだと思います。直接会う機会が限られる場合は、自分から連絡しなければ言葉のやり取りがなくなるため、つい不安にかられてしまうでしょう。


そんなタイプの男性の本音は、「自然と付き合う流れに身を任せたい」。


一対一で会って食事をする時点で、彼はあなたとの関係を特別なものと見なしています。そのうえで「俺の気持ちは伝わっているはず」と思い込むとか、自分から告白をすることをまったく考えていないはず。


彼が何を考えているかわからなくても、LINEの返信は何かしら必ず来て、不定期でもデートを繰り返しているなら脈アリ……つまり「キミのことが好き」なのでしょう。


受け身でリードしない彼の本音



恋愛は男性がリードするものとは限りません。どちらが主導権を握ってもいいし、女性にリードされたい男性もたくさんいます。


こちらから提案しないと会おうとしない、あるいは彼発信のLINEがないとしても、誘えば応えてくれるなら脈アリです。また、きっかけは女性が作るにせよ、会うと決まれば「どこ行きたい?」「このお店おいしいよ」と積極的に言ってくれば、真剣に想っている可能性が高め。


彼からのLINEが少ないと不安になるでしょうが、スルーしないですぐに返信して、「話せてうれしい」「また会いたい」といった前向きなメッセージを送ってくる場合は、完全に脈アリでしょう。


普段から控えめで協調性が高いタイプや、職場に女性が多いなど普段から気を遣いがちなフェミニストは、自ら恋をリードしようとはしないはず。主体性がないと言えばそれまでですが、自己主張することに慣れていないので、どうしてもやる気がないように見えてしまうのです。


そんな控えめフェミ男性の本音は、「彼女が動いてくれないとボクはどうにもできない」。


自分がリードすることが苦にならないなら、「私が彼を引っ張っていく」とドンドン関係を進めていいでしょう。


要注意! キープするだけ男の本音



曖昧な態度を取ってキープするだけの男性も、自分のことを語りたがらず、LINEを積極的に送ってはこないでしょう。でも、曖昧だけど脈アリの男性とは決定的に違うところがあります。それはふたりで会うときの態度。


会っても長時間一緒にいようとしないとか、前もってタイムリミットを知らせてきて理由も適当、待ち合わせてすぐホテルに行きたがる、セックスのないデートを嫌う……こういった態度を取るなら彼はあなたをキープしているのかもしれません。


口ではどんな甘い言葉をささやいても信じないほうがいいでしょう。気持ちは行動に表れるので、彼が自分のために時間と手間をかけてくれないのであれば、期待しないことが大切です。


また、ふたりきりで会うときに、前もって約束して「どこに行く?」「ご飯はどうする?」というやり取りがあるかどうかに注目してください。彼から唐突に連絡が来て「今から会いたい」とか、いつも彼の家に呼び出されてデートらしいお出かけがない場合は脈ナシと見ていいでしょう。


大切にしてくれるかどうか?


彼の「脈アリ・脈ナシ」は、LINEの頻度や会話の内容、会う回数などをピンポイントに見ても判断できないはずです。彼の性格や行動パターンを総合的に見て、初めて本音が見えてくるでしょう。


また、結局のところ「私を大切にしてくれるかどうか?」が何より大事。彼があなたをどう扱っているかを冷静に観察すると恋のゆくえがわかるはずです。




©Rainer Holz/Getty Images

©Armin Staudt / EyeEm/Getty Images

©Goran13/Getty Images

©Gpointstudio/Getty Images


文・沙木貴咲

anan

2021年11月22日 19時30分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。