コツは3つ...! 約1000人の男性と婚活した既婚女性が教える「年下男性の射止め方」

2021年10月25日 19時30分

男性心理 婚活 恋愛 anan

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第89回は、年下の男性と付き合うことになった年上の女性が、どのようにして恋が成就したのかそのコツをご紹介します。

1. 年齢差にしばられすぎない 


【結婚引き寄せ隊】vol. 89


さまざまな組み合わせのカップルのなかで、「年下の彼氏を持つ年上の彼女」という組み合わせは、どのようにして恋が成就したのでしょうか。自身を含め、恋活&婚活中にこれまでに見聞きしてきた、年下男性との恋がうまくいくコツをお届けしていきます。


男女問わずともいえますが、「もう◯歳だから……」と、年齢を理由に恋に臆病になりがちなのは、どちらかといえば女性のほうが多い印象があります。実際、筆者が出会いを探していた際は「もう30歳になるから」とか「私、アラフォーだからなあ」と年齢を振り返ることはありましたし、実際に婚活してパーティやお見合いをするとなると「◯歳から〇歳まで」と目に見える条件として、年齢で区切った相手探しをすることになります。


とはいえ、「年齢にしばられても何の得もない」と、ある時期気づいてから(開き直ってから!?)、ネガティブな意味での年齢しばりには意味を感じなくなりました。例え年上だろうが頼りない男性もいれば、年下でも頼りがいのある男性もいるので、要はその人のパーソナリティが大事なわけですよね。


相手の男性がもしも年齢で女性を見るようなタイプなら、そもそも気が合わないわけですし、相手も同じように人を年齢で見ないタイプなら、おたがいの年齢差にこだわらずにうまくいく恋はたくさんあります。だから、年齢差にしばられすぎなければ、年下男性との恋が成就しやすくなるんですよね。

2. 無理しない程度に美意識を高める 


だいたいの人が思うこととして「ちょっと太ったかな?」と、鏡に写る自分の姿を見て、ダイエットを決意する人は少なくありません。とくに女性の場合、ボディワークやメイク、ファッションと、美意識を高めて努力する人もいますよね。美意識が高いタイプの人なら、年齢を重ねるほどにエイジングケアも気になることもあるかもしれません。


とはいえ、美意識が高くなくても、年下の男性に恋している年上の女性の場合、相手の男性と同年代の女性のことをまったく意識しないということはないでしょう。年下の男性と同世代の女性より自分が年上でも、だからこそ、いまの年齢なりに見なりには気をつけているという人は多いようです。


年下の彼氏と恋をしている年上の彼女は、だいたいが相手に合わせて若作りをするようなことをしないで、自然な範囲でできるスキンケアや清潔感のあるファッションなどを心がけています。やっぱり、無理しない程度に美意識を高めておくと、年下の男性との恋が成就しやすくなるコツだといえるでしょう。

3. ふたりの共通点を深掘りする 


年下の男性との恋を発展させている年上の女性は、相手のことをよく見ていることが多い印象があります。「この人と仲良くなりたいな」と思ったら、相手の言葉、好み、行動と、そこからお互いの共通点を見つけ出して、それを武器にしていくのです。


それは相手が年上でも同年代でも変わらず通用するコツかもしれませんが、年下の男性よりも経験値の高い年上の女性の場合、自分をアピールしなきゃとガツガツするのではなく、余裕を持ってお互いの共通点を深掘りして、心の距離を縮めることができるようです。


同じミュージシャンが好きだったり、一緒にスポーツを楽しめたり、趣味が同じでも親密になりやすいですし、そうやって仲を深めていくと、気づけばお互いの存在がなくてはならないものになっているのかも。ふたりの共通点を深掘りするのは、うまくいきやすくなるコツだといえそうですね。


恋をしていると、どうやって成就させようかと悩むこともあるかもしれませんが、自信を持って、自分に合った素敵な恋をつかんでくださいね!


文・かわむらあみり




©Loop Images RF/Getty Images

©Photo by Rafa Elias/Getty Images

©shapecharge/Getty Images

文・かわむらあみり


anan

2021年10月25日 19時30分

男性心理 婚活 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。