目的は復縁? カラダ? 「元カノに送る久々LINE」男性に本音を聞いてみた

2021年08月19日 21時00分

男性心理 LINE体験談 ホンネ告白 恋愛 anan

別れてしばらく経つ元彼や、マッチングしたけれどフェードアウトした男性から連絡がくると、いろいろな想いが湧き上がるはずです。期待も警戒心もあるでしょうが、男性の本音はいかに? 何を目的に連絡してきたのかを探ります。

「やり直したい」



元彼から久しぶりに届く連絡には、心浮き立つ人と警戒する人がいるでしょう。一方的にフラれていたり、別れ方があまり良くなかったりするなら、冷静に彼の意図を汲むことが大事です。



「別れてから彼女の大切さに気づく、というのは本当。復縁目的のLINEは緊張するけれど、どうにかして自然を装う。わざとらしくなっても、そこまで頑張っていることが伝わればいい」(35歳男性・人事)


この男性は一通目のLINEを付き合っていた当時のノリで送ったそうで。彼女との間で流行っていたギャグをまず送り、リアクションがなくても連投して彼女の好きなアーティストの話をしたら返信……「アホかw」をもらえたようです。



「やっぱり“久しぶり。元気?”しかない。どんなこじつけをしてもわざとらしいから。LINEで“やり直したい”までは言えない。ごはんに行こうと誘ってしまう」(32歳男性・販売)


彼は復縁の具体的な話をなかなか切り出せなかったタイプ。交際当時に元カノとよく行ったお店に誘い、そこで彼女のほうから「やり直したいんでしょ?」と言われたんだとか。


「タイミングが合わなかったけれど本当は好きだった」



アプリでマッチングしたものの何となくフェードアウトした男性からのLINE。出会いがアプリ頼みになりがちな今は少なくないでしょう。



「第一希望の子とうまくいかなくなったら、第二希望の子に連絡します。またゼロからマッチングするより効率が良いので」(29歳男性・営業)


彼の場合、いったん疎遠になったことについてはまったく気にしないようです。アプリでの恋人探しはそういうものだからとクール。彼女候補を見つけて順に当たっていき、残った女性が本命になるとのこと。



「LINEのタイミングが合わなくてフェードアウトしたけれど本当は好きだった。9か月経っても忘れられなかったから、“またお茶しませんか?”と誘ってみた」(30歳男性・公務員)


この男性は、ポンポンと早いテンポでLINEする女性についていけなかったそうで。関係は疎遠になっても恋心は薄れず、試しに連絡したら意外にすんなり返信をもらえたといいます。


既読すれば「読みましたよ」と返信代わりになると思った男性に対して、女性は既読スルーばかりで嫌われたと思ったんだとか。男性からの復活LINEで誤解がとけてお付き合いが始まっているそうです。


「誘ったらワンチャンあるかな?」



元彼からの久しぶりLINEで気をつけたいのは体目的で誘われている場合。自分も割り切って遊ぶならまだしも、セフレ関係に興味がないなら彼とのつながり自体バッサリ切ったほうがいいかもしれません。



「コロナ禍だと新しい出会いもないし、飲みにも行けないから口説くのが難しい。元カノしかいないというのが本音」(27歳男性・製造業)


正式に復縁する気はないのかと聞くと、「あったらいきなり家に呼んだりしないし、家に誘われた時点で向こうも気づいているはず。わかってそういう関係になっているんだと思う」とのこと。たとえ自分がフリーで寂しかったとしても、すでに別れた相手の誘いには慎重になるべきでしょう。


久しぶりLINEの意図が体目的と気づいたら「なめられている」と思うべきで、プライドは高く持っていたほうが良さそうです。


疎遠になっている間に彼はどう変わった?


人の気持ちはどんどん変わります。理不尽に振ってきた元彼が改心することもありますし、自分勝手に人をモノのように扱おうとすることもあるでしょう。

何がどう変わったのか、今の彼は何を考えているのかを慎重に見極めて、目的がわからないうちは警戒心を解かないように。コロナ禍で孤独を感じるとしても自分を何より大事にしましょう。そうした心がけが、終わったはずの男性の連絡を適切に判断するはずです。




©Vectorig/Gettyimages

©Maskot/Gettyimages

©Westend61/Gettyimages


文・沙木貴咲

anan

2021年08月19日 21時00分

男性心理 LINE体験談 ホンネ告白 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。