知らないとモテない...!? 昔とは違う「愛され女性」に必要な5大要素 #132

2021年08月05日 20時40分

モテテクニック 恋愛 anan

「あの人、美人なのにモテないね〜」なんて言われる人、周りにいませんか? はたまた、画面の前のあなたかも。20代も後半になってくると、実はモテる女性の条件にはいろんな人間的な要素が足されていきます。それはどんなものか、今回はモテない美人に共通するパターンから、見つけていきましょう。

美人だけどモテない! 男性の本音から見える残念美人のパターン



【おおしまりえの恋愛道場】vol. 132

みなさんの周りには美人はいますか? 見た目がシンプルにキレイな人もいれば、振る舞いなども踏まえると美人に見える人など、定義は曖昧です。恋愛においてはめちゃくちゃアドバンテージになる美しさですが、アラサー以降には「美人だけどモテない」という残念な人たちが一定数います。


今回は男性に聞いた、恋愛対象からは外れてしまいがちな美人のパターンを5つご紹介します。


アラサーからは美人の定義が変わる


そもそも学生時代から社会人の新人時代(おもに20代前半まで)と、20代後半以降の美人だと、定義がやや異なることに気づいていますでしょうか。もちろん見た目の美しさは必要ですが、20代後半以降からは見た目の美しさとあわせて、自立心といった大人ならではの要素が必要になっていきます。

男性に過度に期待や依存をしない 自分をしっかりもっている 周りへの心遣いができる メンタルの安定 努力や必要な我慢、必要な自己主張ができる

などが具体例な要素になります。こうした大人になってからのモテに大切な要素の変化に気づけない美人さんが、アラサー以降にいわゆる「モテない美人」と呼ばれるようです。


男性に聞いた美人なのにモテない女性に感じた5つの要素



ここからは、実際に筆者が過去に男性たちから聞いた、「恋愛対象から外したくなった美人」の要素を5つご紹介します。とはいえ、これは別に美人と言われる人に限らず、女性ならやらないほうがいいことです。自分はどうだったかな…と、少し振り返りながら考えてみてください。


「してもらう」のが当然


美人に生まれた人というのは、気づいた時から周りからチヤホヤされて育っている人が多いです。それはとても恵まれたことですが、一方で、このチヤホヤが当たり前と認識したまま大人になると、周りに何かお膳立てしてもらうことが当然に感じ、図々しい美人ができあがります。

デートプランは相手が立てるもの ご飯はごちそうしてもらえるもの お店についてはきちんと彼が調べるもの

などはその代表です。



「男性だから、彼氏だからといった役割を相手に求め、自分と付き合えたんだから、して当然くらいに思っている女性が時々います。美人だけど気が強いなーと感じて、恋愛対象としては見られないですね」(30代・営業)


このように、男性が関係が始まる前に息切れするケースもあります。一瞬の恋愛を楽しむのであればその対応でもいいのですが、一生かけるパートナーを求めているなら、片方が頑張るスタイルの恋愛は“おこちゃまの恋愛”といえるのかもしれません。


気遣いや配慮がない


例えばLINEでのやり取りのとき、どうにもリズムが悪い人っていませんか。また、いつも自分のことを話す人や自分の都合ばかりで連絡をしてくる人なんかもいるかもしれません。こんな人は例え美人でも、気遣いや配慮が足りないとして相手を疲れさせます。



「以前付き合った女性は、美人だったのですが仕事中にもバンバンLINEをするし、何かあると夜中でも電話してくる。出ないと怒りはしないけど心配してこっちが恐縮するといったやり取りが何度もありました。まめな連絡は嫌じゃないんですが、だんだんと負担になっていましたね」(20代・SE)


先程も書きましたが、比較的周りが気を遣ってくれる環境に身を置いていた美人さんは、相手を気遣ったりタイミングを見たりするといった、経験から学ぶコミュニケーションの努力をしていない人がいたりもします。


しかし、大人の恋愛は忙しいなかでするものなので、こうした「相手の都合」をある程度思いやれない人というのは、付き合う前に相手からNGをくだされてしまうかもしれません。


聞く力が低く理解力がちょっと足りない



「以前セフレ関係だった女性は、美人でしたが恋愛対象といった感じにはなりませんでした。理由は単純に話していて面白くなかったから(笑)。ちょっと難しい話になるとすぐ『良くわからない』といった態度になるし、自分の話はいつも仕事の愚痴とかゲームのこととか。気楽でいい部分もあったけど、面白いって感じる部分がなくて、恋愛対象としては見られなかったです」(20代・開発)


大人同士の恋愛では、女性に知的好奇心といった面白さを求める男性は増えてきます。そうなった時、相手の話を深く聞けない女性や、話題がいつも同じようなもの(それもネガティブなもの)だと、男性によっては「物足りない」といった感覚になるようです。


大人の恋愛では、男性は女性にやすらぎと理解力を求めがちです。そうなった時、聞く力が足りない女性は、どんなに美人でも男性的には惹かれなくなっていくのかもしれません。


お金が明らかにかかる


「お金がかかりそう」と見えるのはいいのですが、実際恋愛が始まりそうな段階で、「本当にお金がかかる」と男性から認識されると、その女性はどんなに美人でも恋愛対象から外れるケースが多いです。



「以前数回デートした女性は、毎回自分が全額の支払い。そういう価値観なのかなーと思っていましたが、デートプランを2人で練る時も、金額のことは全く考えずちょっと値段の張るお店を提案してきていて…これがずっと続くのかなと思ったら、無理だなって思ってその子はやめました」(30代後半・マーケティング)


絶対割り勘を推奨するわけではありませが、奢られるにしても毎回は遠慮するとか、相手を気遣ったお店選びなどができないと、だんだんと扱いにくい美人と思われるかもしれません。


圧がすごい



「悪い意味で気が強い美人なんだなーって思いました」(30代前半・人事)


こう語られたのは、彼が以前お付き合いをしていた美人の彼女について。



「自分はあんまりオシャレじゃないほうなんですが、『あれを着ないなんてダサい』とか『もっとこうしたほうがいい』とか、俺のためというより、自分の彼氏としてどう見えるかをすごく気にしたアドバイスがありました」


美人な自分を自覚しているからなのか、周りに対して「私はこう!」という圧が強すぎる美人は、一定数いるように思います。


筆者も以前、ある合コンで男性に対して、仕事に対するダメ出しに近いアドバイスをしている美女に出会ったことがあります。彼女は仕事に対して熱量高いタイプだったのですが、付き合う前でも後でも、「〜べき」といった圧が強い人は、だいたい男性を疲れさせます。


本人はそれを「はっきりサバサバ言うタイプ」くらいに思っているかもしれませんが、男性からすると決めつけや否定と感じて恋愛熱が下がるので、気をつけたほうがいいかもしれません。



5つのモテない美人のパターンを紹介しました。あなたやあなたの周りには、こうした残念な人はいないでしょうか。結局大人になると、見た目の美しさだけでなく人間力が勝負になっていきます。それは誰しも等しく努力で伸びるもの。もし今、モテないorいい恋愛に恵まれない、と感じるなら、ちょっとだけ普段の振る舞いから見直すと、世界は変わっていくかもしれません。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。




©Fuse/Gettyimages

©bymuratdeniz/Gettyimages

©laflor/Gettyimages


文・おおしまりえ

anan

2021年08月05日 20時40分

モテテクニック 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。