もしかして俺のこと好き...? 男性がドキッと意識した「女性の言動」

2021年07月22日 21時00分

男性心理 恋愛 anan

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、誕生日直前に彼がほしいと焦り始めた24歳女性。そこで、気になる彼の前で「彼氏ほしい」とつぶやいたところ…。三松先生が、彼を意識させるための超重要なポイントを教えてくれます!

祐子(24)口癖の「彼氏ほしい!」は‟余白レス”な言葉。彼氏を取り急ぎで作ろうなんて思うな



【レスなひとびと】vol. 125

あと3か月で誕生日。誕生日には、まわりの友達は、彼氏とリッチなホテルに泊まってお祝いしてもらっている。ケーキに花束、HAPPY BIRTHDAYのデコレーションされたベッド。それが、SNSで見る24歳女子のバースデー平均値。


今日は大学時代の仲良しグループでの飲み会だ。このメンバーには在学中から少しいいなと思っているヒロキがいる。芋っぽいところがあるけど、まあイケてるレベル。この際だからヒロキでいい。


「あ〜彼氏ほしいいいい!」みんな酔いが回っているし、許されるだろうと叫んでみた。もちろんヒロキを見ながら。ヒロキが気にかけてくれるといいんだけど…。その夜は何事もなく飲み会終了。


1か月後、また同じメンバーで飲み会。


「最近どうよ?」とお互いに聞き合っていると、ヒロキに気になる人がいることが発覚。えっ、先月まで全然出会いがないとか言ってたじゃん。内心焦りながら突っ込む。


「誰? 誰? どこの子?」


「会社の同僚。なんか気になる話し方するんだよね。なんか意味深な」


「どんな?」


「いや、なんか帰りの電車で一緒になったんだけど。しゃべってる時に『あーあ、もうちょっと素直になれたらな』とか言うんだ。なんかドキッとしたよ」


「なにそれ! もうそれいけるじゃん!」


(全くうまくいってほしくなんてないけど)


「どうなんだろ。なんか気になっちゃうよね。俺のこと好き? どういう意味? ってさ、なんか俺、モテ期かな」


「うかれんなよ」と周りにこづかれるヒロキを見て、祐子、フリーズ。


祐子だって「彼氏ほしい」とヒロキにそれとなく伝わるようにしていたつもりだったのに、作戦ミスか。


よーし、もう一度、と思って口に出す。


「あ〜私も彼氏ほしいいい」


返ってきたのはヒロキの想定外の反応。


「祐子、それホントに思ってる?」


「思ってるよ。もうすぐ25歳だし」と反撃。


と男性陣が次々に。


「ほらあ、誕生日用の彼氏じゃん」


「確かに俺も、クリスマス前とか思うわ。独り身寂しいって」


「わかる、かわいい彼女連れて街歩きたいよな」


「所詮、イベント済んだら終わる恋ってやつだよな」


えっ、そんな流れ? ヒロキに全く響いてなさそう。このままじゃ、職場の女に取られちゃう。なんで、私の彼氏ほしい気持ちを男の子たち、わかってくんないかなあ。

【三松さんからのコメント】

願いは口に出すと叶いやすいといいますね。私もたくさん叶えてきましたよ。「叫ぶ」と「叶う」の字も似ていますし。ところが、男性陣の前で「彼氏ほしい」と叫んだ祐子さん、願いが遠ざかってしまいました。「彼氏ほしい」だけは、口に出すだけでは叶うことはない。


さて、なぜでしょう。男性陣の発言にヒントがあります。


漠然とした「彼氏欲しい」は、「とりあえず体裁や見栄のために彼氏作っとくか」に受け取られることもあるのです。


祐子さんに邪悪な要望が完全になかったと言い切れない。バースデー前の微妙な時期。


「ステキな人に告ってほしい」「価値ある自分をみんなに知ってほしい」


そういう願望があることは、悪いことではない。素直でよろしい。ただ、SNSで披露するために彼氏がほしいのだと気づかれてしまうと「じゃあ俺が」と立候補しづらいじゃないか。


それに比べて、ヒロキさんの同僚女女性、ナイスですね。「素直になりたいな」なんて。「彼氏ほしい」のような狙い打ち度が全くない。「俺にその言葉を言うなんて、ハートの中ぜんぶ見せてくれてるのか」と思わせる上級ラブトーク。


何より、相手にアレコレ想像してもらえる‟余白”があります。この‟余白”が大事なのです。ヒロキさんはまんまと「あれってどういうこと?」「僕に気があるかも」とその後ずっと考える。つまり意識下にスルリと入り込んでいる。


祐子さんのように、とりあえず手近なところで彼氏作っとく、みたいな取ってつけたようなアクションはだめ。やるべきことは、理想の相手を具体的にイメージすること。


具体的な相手像が浮かべば、友人に「こんな人紹介して」と頼みやすくもなります。彼氏を作るための発言という点では同じですが、漠然とした「彼氏ほしい」よりもこちらのほうがずっと周囲に響く。自分の人生、よく考えてるなって思われる。


「夢を言葉にする前に、言葉の裏にある意味を問え。なんのためにこんなこと言ってんだと。自分の浅はかさに気づいたら撤回せよ」



三松 真由美 

恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。




©PhotoAlto/Gettyimages

©Wavebreak/Gettyimages


文・三松真由美

anan

2021年07月22日 21時00分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。