確かに言う通り...! 男性が「素直に聞き入れる」不満の伝え方

2021年05月13日 19時00分

男性心理 恋愛 anan

彼のことは大好きだけれどコレはちょっと……と思っても、ストレートにダメ出しをすると気まずいムードになりがち。彼に言いたいことがあるときは、「すんなり受け入れてもらえる言い方」が大事です。

彼が「素直に聞き入れる」女性の伝え方



良かれと思ってアドバイスしたのに、彼氏がふてくされたり、逆ギレしたりすることは珍しくありません。恋人とはいえ“親しき仲にも礼儀あり”は大切ですし、言わなくていいことを言って地雷を踏むこともあります。彼氏にひと言もの申したいとき、どんな伝え方をするといいんでしょうか?


単刀直入に言っちゃダメ!


当然ですが、ストレートにダメ出しをすると大抵の男性はウンザリしてしまいます。特に、イライラした口調はただの文句に聞こえるので、彼に何か言うとしても感情が静まるまで待ったほうがいいですし、自分からケンカの種をまくことはありません。


彼に何か言いたいとき、目的はあくまで二人がもっと仲良くなること。バトルではないはずです。自分の不満を理解してもらおうとは、そもそも考えないようにしましょう。


不満より目的を伝える




「ここが困っているから何とかしてほしい、と論理的に言ってほしい。ネチネチと感情的に言われるより、ズバッと言われたほうが素直に聞ける」(35歳男性・経営者)


恋人同士とはいえ、お互いに不満のひとつやふたりは必ずあるものです。だからこそ、困っていることは「こうしてほしい」と結論だけを明確に伝えましょう。


……私はアナタのだらしないところを今までこんなに我慢してきたのに、アナタはちっとも気づいてくれなくて、もういい加減どうにかしてほしいの。


ではなく、こんな風に。


待ち合わせには遅刻しないでほしい。アナタが遅刻したぶん、一緒に過ごす時間は減ってしまうから。


まず、「こうしてほしい」と目的を伝えます。そして、その理由をできるだけ前向きに説明できると、彼も受け入れやすくなります。自分のイライラを彼に伝える必要はなく、愚痴はSNSや女友達に話して発散しましょう。


天然で欠点丸出しの彼には質問する



彼が欠点を自覚しない天然タイプの場合、外堀を埋めるように質問して本人に気づかせる方法がいいでしょう。あえて回りくどい言い方をして核心は突かないほうが、彼としては受け入れやすいはずです。



「自分は当然と思っていたことを、彼女から『職場の人にちょっと甘えてない?』と言われて、そう思う同僚もいるかもしれないと気づいた。別の視点で自分の行動を振り返れた」(30歳男性・会社員)


比較的素直なタイプは、言い方さえ気をつければすんなり受け入れてくれます。本人が「そうか!」と気づくなら、ムカつかれるどころか感謝されるでしょう。


褒めて伸ばす


後進の指導や子育てでは『褒めて伸ばす』が良く言われますが、恋愛においても良い関係を築くカギになります。ただ、ほめて伸ばすとはやたらとおだてる状態でありません。


褒めるときとダメ出しをするときのメリハリをつけて、正しく指摘することが大事です。

ほかの人と比較しない 怒りや悲しみ(涙)を見せない 上から目線にならない

また、小さなことでも彼の努力や苦労は理解して、日ごろからマメに言葉をかけるといいでしょう。自分の喜びを一緒に喜んでくれる彼女には彼氏も信用しますし、二人の間に揺るぎない信頼が築かれればダメ出しをしても急に逆ギレすることはないはずです。



「同じ職場で働く彼女には公私ともに本当にサポートしてもらっている。だから、ちょっと厳しい言葉を言われても『彼女の言うことだから』と思って聞いている」(38歳男性・自営業)


仕事のダメ出し……する? しない?


仕事については基本的に口出ししないほうがいいかもしれません。職場恋愛で自分が上司であれば別ですが、働く業界・職種が違うなら、良かれと思って言うアドバイスが見当違いになるかもしれません。



「仕事で何か言われるのは無理。アドバイスは要らない」(35歳男性・経営者)


彼が仕事にポリシーを持つタイプなら、少し離れたところからあたたかく見守るのが一番です。これは自分に置き換えて考えると納得できるはず。聞いてもいないのに「あれはダメだよ」といきなり言われると、やっぱりイラっとしてしまうものです。


彼に言いたいことがあるときは、言い方やタイミングはもちろん大事ですが、普段からどんなやり取りをしているかも大切です。いつも仲良くいたいと思えば、多少のダメ出しも言えるムードができ上がるでしょう。また、彼の性格を熟知するからこそ言える内容、あるいは「こういう言い方をすると良さそう」とわかるはずです。




©skynesher/Gettyimages

©Tony Anderson/Gettyimages

©LaylaBird/Gettyimages


文・沙木貴咲

anan

2021年05月13日 19時00分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。