彼との“ラブラブ写真”を送り付け... 不倫女性がゾッとした「彼の妻からの制裁LINE」3選

2021年02月03日 20時15分

浮気・不倫 LINE体験談 恋愛 anan

既婚者と付き合っている女性のなかには、不倫相手の妻に関係を知られ、トラウマになるようなLINEが妻から届いた人も存在します。今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな“不倫相手の妻からのLINE”をご紹介します。

1:夫とのラブラブ写真




「飲み会で知り合った既婚男性と、最初は彼が独身だと思って付き合っていたんです。しかし、彼は既婚者で、妻にLINE画面を見られて、私との浮気がバレました。その後、妻から私に直接、『別れてください』とLINEでメッセージがきて関係を終えました。私は彼のことを独身だと思っていたので、既婚者だと知った時点で未練はなかったんです。


ところが、それからしばらくの間、彼の妻から夫である彼とのラブラブ写真付きのLINEが届くように……。彼への未練がなかったとしても、一度でも好きだった男性とその妻が仲良くしている写真を見せつけられるのは、精神的にしんどかったです。


今でも、そのときのことを思い出すと嫌な気分がおさまりません」(25歳女性/ネイリスト)


夫の不倫をいつまでも許せない場合、不倫相手への執着も消えにくいのでしょう。また独占欲が強い人ほど、夫婦仲の良さを周囲にアピールしたくなるのかもしれません。


2:ご実家に連絡しました



「以前、職場で不倫をしていたときに、相手の妻に私たちのことが知られてしまいました。正直、私は不倫相手のことがそこまで好きではなかったんですが、贅沢をさせてくれるのでなんとなく付き合い続けていたんです。


ところが、彼の妻が不倫を知った翌週、いきなり彼の妻から私のLINEにメッセージが届き、『勝手ながら、あなたのご実家に連絡しました』とだけ書かれたメッセージが届いたんです。しかし、実家からは、数日経っても音沙汰なし。私の両親は人の道を外れたようなことが大嫌いなので、『私が不倫をしていたことをと知って、勘当したのかもしれない……』と思いました。


しかし親には謝罪だけでもしておこうと母親に電話したところ、彼の妻からの連絡は来ていなかったようで、いつもどおりの対応だったんです。そこで初めて、妻からのLINEの内容は、嘘だと悟りました。


不倫をした自分が悪いので文句は言えませんが、今でもその時のことを思い出すと背筋がヒヤッとします」(39歳女性/製造)


不倫相手への制裁として、相手の女性を萎縮させるようなLINEを送る妻もいるようです。内容が事実ではなかったにせよ、不倫を知られたくないであろう両親に連絡したというメッセージが届けば、気が動転するのも無理はないでしょう。


3:幸せにしていますか?




「3年前に、彼の前妻に私たちの関係がバレ、夫は離婚。その後、私と再婚しました。当時の妻に私たちの関係が知られたときは、何度も三者面談を繰り返し、慰謝料や今後のことについて話し合いをしたので、前妻は私のLINEを知っています。


彼と再婚してから3年たった今も、たまにではありますが夫の前妻から『ちゃんと幸せにしていますか? あなた、まさか彼を裏切って浮気なんてしていませんよね?』などとメッセージが届くんです。


人様の家庭を壊してまで手に入れた関係なので、前妻に文句は言えませんが、監視をされているようで、正直前妻からLINEが届くたびにドキッとします」(35歳女性/IT)


連絡先を知っている間柄では、不倫関係ではなくなった後にもトラウマ級のやりとりが続くケースがあります。不倫をした人が悪いとは言え、何年にもわたってこのようなLINEが届き続ければ、精神的に大きな負担となるでしょう。


不倫女性に対して同情の余地はありませんが、世間には驚くような制裁LINEが彼の妻から届き、トラウマになってしまった女性もいるようです。みなさんは、くれぐれも不倫の道に足を踏み入れないよう、ご用心くださいね。


©monzenmachi/gettyimages

©yamasan/gettyimages


文・並木まき


既婚者と付き合っている女性のなかには、不倫相手の妻に関係を知られ、トラウマになるようなLINEが妻から届いた人も存在します。今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな“不倫相手の妻からのLINE”をご紹介します。

1:夫とのラブラブ写真




「飲み会で知り合った既婚男性と、最初は彼が独身だと思って付き合っていたんです。しかし、彼は既婚者で、妻にLINE画面を見られて、私との浮気がバレました。その後、妻から私に直接、『別れてください』とLINEでメッセージがきて関係を終えました。私は彼のことを独身だと思っていたので、既婚者だと知った時点で未練はなかったんです。


ところが、それからしばらくの間、彼の妻から夫である彼とのラブラブ写真付きのLINEが届くように……。彼への未練がなかったとしても、一度でも好きだった男性とその妻が仲良くしている写真を見せつけられるのは、精神的にしんどかったです。


今でも、そのときのことを思い出すと嫌な気分がおさまりません」(25歳女性/ネイリスト)


夫の不倫をいつまでも許せない場合、不倫相手への執着も消えにくいのでしょう。また独占欲が強い人ほど、夫婦仲の良さを周囲にアピールしたくなるのかもしれません。


2:ご実家に連絡しました



「以前、職場で不倫をしていたときに、相手の妻に私たちのことが知られてしまいました。正直、私は不倫相手のことがそこまで好きではなかったんですが、贅沢をさせてくれるのでなんとなく付き合い続けていたんです。


ところが、彼の妻が不倫を知った翌週、いきなり彼の妻から私のLINEにメッセージが届き、『勝手ながら、あなたのご実家に連絡しました』とだけ書かれたメッセージが届いたんです。しかし、実家からは、数日経っても音沙汰なし。私の両親は人の道を外れたようなことが大嫌いなので、『私が不倫をしていたことをと知って、勘当したのかもしれない……』と思いました。


しかし親には謝罪だけでもしておこうと母親に電話したところ、彼の妻からの連絡は来ていなかったようで、いつもどおりの対応だったんです。そこで初めて、妻からのLINEの内容は、嘘だと悟りました。


不倫をした自分が悪いので文句は言えませんが、今でもその時のことを思い出すと背筋がヒヤッとします」(39歳女性/製造)


不倫相手への制裁として、相手の女性を萎縮させるようなLINEを送る妻もいるようです。内容が事実ではなかったにせよ、不倫を知られたくないであろう両親に連絡したというメッセージが届けば、気が動転するのも無理はないでしょう。


3:幸せにしていますか?




「3年前に、彼の前妻に私たちの関係がバレ、夫は離婚。その後、私と再婚しました。当時の妻に私たちの関係が知られたときは、何度も三者面談を繰り返し、慰謝料や今後のことについて話し合いをしたので、前妻は私のLINEを知っています。


彼と再婚してから3年たった今も、たまにではありますが夫の前妻から『ちゃんと幸せにしていますか? あなた、まさか彼を裏切って浮気なんてしていませんよね?』などとメッセージが届くんです。


人様の家庭を壊してまで手に入れた関係なので、前妻に文句は言えませんが、監視をされているようで、正直前妻からLINEが届くたびにドキッとします」(35歳女性/IT)


連絡先を知っている間柄では、不倫関係ではなくなった後にもトラウマ級のやりとりが続くケースがあります。不倫をした人が悪いとは言え、何年にもわたってこのようなLINEが届き続ければ、精神的に大きな負担となるでしょう。


不倫女性に対して同情の余地はありませんが、世間には驚くような制裁LINEが彼の妻から届き、トラウマになってしまった女性もいるようです。みなさんは、くれぐれも不倫の道に足を踏み入れないよう、ご用心くださいね。


©monzenmachi/gettyimages

©yamasan/gettyimages

anan

2021年02月03日 20時15分

浮気・不倫 LINE体験談 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。