若い女性をチラチラ...会うんじゃなかった!「残念な男性」3選

2021年01月05日 19時00分

男性心理 恋愛 anan

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第61回は、婚活していると出会う“男性”についてのエピソードです。なかでも、いまでも印象に残っている「婚活男性3選」その20をお届けします。

1. 若い女性を目で追う男 


【結婚引き寄せ隊】vol. 61


それは20代から30代の男女が集まる、婚活パーティでのこと。パッと見る限り、男性はほぼ30代、女性は20代と30代が半々ぐらい集まっている印象。婚活パーティを開催している会社によって、同じような年代で区切るパーティであっても、集まる人たちの年齢やタイプに違いがあることを、すでにいろいろな場に顔を出していた私は感じていました。


また多分同年代であろう女性も多そうで、ちょっと安心しながら、いざ本番へ。会場にいる人たちと短時間で自己紹介をしていきます。何番目かにまわってきたのは、ややもすると40代ぐらいに見える、茶髪の男性でした。


プロフィール用紙を交換し、まず言われたのが「え! 30代後半に見えないな〜」というひとこと。あからさまではあるものの、最初は褒めているつもりなのかな……と思っていましたが、すぐにそうではないことがわかりました。こちらと話している間も、ちらちらと20代の若い女性に目線がいくのです。


ほんの数分間も待てず、目の前のアラフォーと会話しても身が入らなくて、つい横にいるピチピチの20代女子に、顔を向けてしまう茶髪の男性。ああ、これはアカンやつやな……と、話すのも面倒でひたすらお茶を飲んでいたら、時間が来て次の人にチェンジしました。次の人からはちゃんとした男性ばかりで、安堵したことは言うまでもありません。

2. 顔に自信のある男 


それはある飲み会に参加したときのこと。職業も年齢もバラバラで、「友達の友達に紹介されて来ましたー!」という、友達つながりでの場でした。すぐに彼氏! 彼女! という具合に出会いにガツガツせず、飲みながら普段の生活では知り合わない、違う業種の人たちの話を聞いているのは、新鮮でした。


そんななか、やたらと自分の前髪を気にしている男性がいました。片手でビールを飲みながら、もう片方の手は髪をいじる……。その仕草を一度発見してしまうと、気になってしまい、つい何度も見てしまいます。やはり、髪をさわるのがクセなのか、会話しながらもちょいちょい前髪をさわる男性。


あるとき、じっと見ていたことに気づいた男性が、ハッとした顔をした後、こちら側の席に移動してきました。ニコニコしていて人当たりはいいので、嫌な感じはしませんが、どうやら気があるから見つめていたと勘違いされてしまったようで……。


「俺ってけっこう整った顔って言われるからさ、つい見ちゃったんだよね?」と、笑顔で聞かれましたが、はあ? とも言えず、とりあえず「たまたまだよ」と返しておきました。でも男性はどこかご満悦。そしてどうやら髪をいじるのは、自分の顔の良さをより髪型で際立たせたいからということもわかってきました。


なんといってよいやら言葉も見つからず、前髪をさわる男性と反対側の男性とも会話したりしながら、とりあえずその場を乗り越えました。あのクセと、自画自賛するところがなければ、いい人そうなのになあと思ったのでした。

3. やさしすぎる男 


それは婚活サイトで知り合った男性と会うことになったときのこと。自営業をしているという、同年代のその男性は、会う前のメールでの連絡のときから、親しみやすい雰囲気を醸し出していました。


実際に会っても、その印象はそのままで、運ばれて来た料理を小皿に取ってくれたり、こちらの話も「うん、うん」とよく聞いてくれるやさしいタイプ。でも、ふと気づくと、なんだか手応えがないな……と思ってしまいました。


なぜなら、こちらがどんな話をしても、「そうだね。僕もそう」とかえってきます。たまに自分の話が出たと思っても、「こういうことがあったけど、どう思う?」と聞かれ、「〇〇〇じゃないかな」と言うと、「うん、そうだよね、僕もそうかなと思ってた」とどの話をしても即、同意。いえ、御意という感じです。


こちらの話を否定され続けると不愉快ではあるものの、なんでも肯定されすぎるやさしさは、ちょっと違和感が。自分の意見を持っている男性のほうが、もしかしていいのかもしれないなと思ったのでした。


婚活していると、普段は知り合わないようないろいろなタイプの人たちに会うこともあるかもしれません。くれぐれも、みなさんもお気をつけて、すてきな人を見つけてくださいね。




©Westend61/Gettyimages

©Westend61/Gettyimages

©SrdjanPav/Gettyimages

anan

2021年01月05日 19時00分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。