正直、ないわ...もう会いたくない!「相性の悪い男性」5選

2020年12月09日 19時30分

男性心理 恋愛 anan

「なんで?」と目が点になるほど理解できない相手、いわゆる「相性の悪い」相手っていますよね。みなさんも多かれ少なかれ「ないわー」とため息が出るような男性と知り合ったことがあるのでは。そこで今回は女性のみなさんに「もう会いたくないと思った男性」について聞いてきました! あるあるエピソード満載です。 

文・牧ぐりこ


興味がないのに質問する




「初対面の男性から『その口紅、どこの?』『今日着てる、肩の出たニットって流行ってるの?』と質問されたときはゾクッとしましたね。『知ってどうする!?』って感じです。別に化粧品会社の人でも、マーケティングの人でもないんですよ。

極めつけに『俺、アニメとか興味ないんだよね』と言いながら、人気映画の見どころについて質問してきたんです。『俺は見ないけどさ、どういうところが魅力なの?』だなんて、答える気も起こりません。早く帰りたくてたまりませんでした」(27歳・マスコミ)


ムスッとしたり、無口になる人よりマシですが……。明らかに「興味がない」様子で話を掘り下げるのはやめてほしいですね。「見た目を褒める」「相手のことを知ろうとする」といった恋愛Tipsを履き違えているように思います。


例えば「その口紅、似合ってるね」と言ってくれれば悪い気はしません。あるいは「その口紅、どこの? 実は妹にあげるプレゼントを探していて…」と理由のある質問なら、むしろ好ましく感じることもあります。


場をつなげるだけなら、もっとオーソドックスな質問をすればいいのに……。悪い人ではなさそうですが「会話が苦手なんだな」と感じられるエピソードでした。


ボディタッチがわざとらしい




「マッチングアプリで知り合った男性がいました。話が合うし、顔もタイプだし…と、ごはんに行く約束をしたんです。でも実際に会ってみたら、中途半端なツッコミとボディタッチをしてくる、面倒な人でした。話は面白いんですけど生理的に無理で、あれ以来連絡をとっていません」(31歳・公務員)


時々いますよね、ちょっとしたボディタッチが気持ち悪く感じられる人……。


ボディタッチは「言葉と同時」なら自然ですが、「言葉の後」に触ってくるのはわざとらしくなりがち。「嘘だろー!」とつっこむとき、一音目より先に体が動いていればナチュラルですが、言い切ってから触られるのはどうにも不快だと思いませんか。


全部しゃべってから体を動かすのは、お辞儀だけで十分。何より、初対面でベタベタ触ってくるのは論外です。女の子が嫌がっていることに気づいて!


否定から入る



「大人数の食事の席で、とにかく否定ばかりする男性がいました。『エビ頼むの? 俺は食べられないけど』『好きな芸能人? 俺全然知らないけど』『これからダーツ? 俺できないけど』といった具合です。私は『できなくても知らなくてもいいから、心の中にとどめて。黙って!』と思っていました。

ですが同席していた誰も、彼の言動は気にならなかったそう。私の気にしすぎで、どうやら彼と相性が悪かっただけのようです」(29歳・メーカー)


ちょっとした言葉遣いのせいで、心のシャッターが降りることがありますよね。人柄によっては許されるのかもしれませんが、お話を聞いた限りでは「そんな人にはもう会いたくないよね」と共感してしまいました。


とにかくエラそう




「よくある話ですけど、お店の人に威張る男性って格好悪いですよね。この間知り合った人は、店員さんにも自分の友達に対しても偉そうで。『社長気分なの!?』と心の中で思いつつ『もう会いたくないな』って、ひしひしと感じました」(25歳・飲食)


「自信のある人が好き」という女性もいますが、一歩間違うと「偉そうだな…」とマイナスな印象を持つもの。命令口調で話したり、心配りの足りない人とは距離を置きたくなるのも道理です。


自称「俺、格好いい」



「『自分のこと、格好いいと思ってるんだろうな』と感じる男性に会ったことがあります。実際きれいな顔をしてたんですけど、キメすぎてることに引いちゃって。日曜日なのに、まるでスーツみたいな黒いジャケットのセットアップを着てきたり、暇さえあればショーウィンドウを見つめて髪を直していたり。『あ、私には合わないな』と感じたので、会ったのはそれが最初で最後です」(30歳・IT系)


見た目へのこだわりが強い人は苦手、という意見もよくわかります。きっと、同じように身だしなみにこだわる女性とうまくいくのでしょう。服や髪型に気を配らない男性は嫌、という女性もいますし、まさに「相性」ですね。


いかがでしたか。誰もが「こんな人は嫌…」と感じる男性もいましたが、「私はあまり気にならないかも」というエピソードもあったのでは。「どうしてこんなに合わないんだろう!」と仰天する相手にも友達や元恋人がいるわけですから、突き詰めれば「相性」の問題なのかもしれません。ギョッとするような男性のことは笑い話にして忘れて、次の相手を探してみてください!

文・牧ぐりこ



©jhorrocks/Gettyimages

©anyaberkut/Gettyimages

©Prostock-Studio/Gettyimages

anan

2020年12月09日 19時30分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。