3項目でわかる!...会っても発展しない!?「微妙な彼との恋の可能性」 #95

2020年11月13日 18時50分

恋愛 anan

3か月〜半年に1回。忘れた頃に声がかかる異性からのご飯のお誘い。そんなつかず離れずな関係ってありませんか。大好きってわけじゃないし、すごく会いたいってわけじゃないけど、なんとなく近況報告しあう関係。でもそれ、幸せな恋愛においては不要な関係かもしれません。

文・おおしまりえ


【おおしまりえの恋愛道場】vol. 95


「最近どう? ご飯行こうよ」季節のご挨拶男子の本音と関わってはダメな理由



友達の距離感にはいろいろあるものですが、なかには3か月〜半年に1回くらい「ご飯いかない?」と突然誘ってくるような、つながりは薄いけど定期的に声をかけてくる異性の友達っていないでしょうか。


すごく親しいわけでもないし、会うとめちゃくちゃ盛り上げるというわけでもない。でも会う頻度が緩やかなので、話すことはある。恋愛にもしかしたら発展するかも……という淡い期待がないわけではないけど(もしくはその相手は元カレもだったりもする)、でも今のところ恋愛にという感じではなさそう。


そんな男性との関係って、実はこれから真剣に恋愛をしていこうと考えるならちょっと見直したほうがいいかもしれません。なぜなら、あなたの中にある恋愛に向かうエネルギーが、その異性と会うことでムダに消費されてしまうからです。


季節のご挨拶男子の本音とは



「季節のご挨拶男子」と表現しましたが、別に男性に限らず、女性が男性に声をかける場合もあります。ただ男女どちらも、「なんとなく久々に会いたくなって声をかけた」という動機のもとは「寂しさ」です。それは周りに人がいない寂しさではなく、自分が人生のスピード感に取り残されていないか、という不安感が募ってのさみしさです。


1年ぶりに誘った女友だちが1年前と変わらないノリで応じてくれる。いつ会っても変わらないという状態は、思っている以上に私たちを安心させてくれます。


しかしこれは、同類という愛しさはあれど、異性としての愛しさはありません。2人の関係が前は恋人だったとしても、です。むしろ恋人関係だったほうがタチは悪く、この場合ワンチャン期待の結果のお誘いであることも多い。そんな雑な関係のために声をかけられるのって、心外ではないでしょうか。


久々の誘い、乗るまえにチェックしたい3項目



では、季節のご挨拶男子からの誘いは断ったら良い……とわかっていても、後ろ髪を引かれるのが人間ですよね。ただきちんと相手との時間を有意義にするためには、これからご紹介する3点を改めて感じて、それから決めても良いかもしれません。


本当に話したいことがあるか


「久々だからご飯行きたい」

これも目的としては良いのですが、そもそも会って話したいこと、会って知りたいことがあるか、本人に会いたいのか、もう一度心に聞いてみましょう。


明確に話したいことがあるなら会う意味はあります。でも、なんとなく久々だから〜という気持ちで会うと、その会はだいたい「久々に会えてよかった」以上の楽しさが生まれないものです。そのために数千円のお金と時間を使うの、本当に見合っていますか?


相手は私に会いたがっていると感じるか


「あなたに会いたい」

これもとても大切な動機のひとつです。でも、誘ってきている相手は本当にあなたに会いたいのでしょうか? たとえば日程調整のタイミングで、うまく日付が合わないと「それならまたにしよー」とサッと引いていく男性はいませんか? はたまた「今夜暇?」といった軽い誘いで、ダメといったらサッと引いていく方など。


こういった誘いは、基本的に「仲いい人とご飯が食べたい」という目的を叶えるために行動しているわけで、あなたに会いたいわけではありません。そんな適当な誘い文句にエネルギーを割くほど、あなたは敷居の低い女性で良いのでしょうか。


彼と会ったら楽しくて幸せな気持ちになれるか


もちろん相手が適当な対応でも、あなたの中で彼に会いたいという気持ちがすごくあるなら、誘いに応じればよいと思います。ただ、ここで考えてほしいのが「彼と会ったら楽しくて幸せな気持ちになれるのか」という点を、もう一度感じてみてほしいのです。彼とお酒を飲んだら淡い恋が芽生えるかも…。そんな中途半端な期待で時間を使うと、結局大きな変化はなく、淡々といつもどおりの空気感で宴は進みます。


「空いているから誘いに応じる」のではなく、「行きたいから、会いたいから応じる」とすることで、時間や幸福感の濃度を高めることができるのです。


寂しいを自分で解決できるかは、いい恋愛への第一歩


そもそも、こういった寂しいという気持ちをきっかけに人と会うと、中途半端に寂しさは満たされます。でも寂しさは本来、自分で乗り越えたい感情です。また自分ひとりで無理なら、恋人と幸せな関係を築くことで、2人で成長して乗り越えたい感情です。それを適当な友達で適当に濁すと、結局自分の本当の目的(幸せな恋愛)ではないところに使ってしまうことになります。


だからこそ、季節のご挨拶的なお誘いには本当に行きたいと思ったものや、本当に自分に会いたがっている人以外の誘いは、男性だけでなく全部整理していけたらいいですね。


幸せな恋愛のためには、時間の使い方も整理できるのが、素敵な女性に備わっている1つのスキルかもしれません。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト


10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。




©Westend61/Gettyimages

©Plume Creative/Gettyimages

©Tara Moore/Gettyimages

anan

2020年11月13日 18時50分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。