キスより先に進みたいなら... 彼との仲を深めるために大切なたった4つのコト

2020年11月12日 20時45分

恋愛 anan

何度かデートを重ねると、次のステップに進みたくなるはず。すでに手をつないでいるなら、次はキスではないでしょうか。しかし、男性のなかには、キスに対してハードルが高いと感じている人も多くいます。そんなときは、男性が少しでもキスをしやすい状況を作ってあげることが大事。というわけで今回は、“キスより先に彼と進むためにデートで気をつけること”を男性たちの意見をもとにご紹介します。

文・塚田牧夫


お店選びは、「ニオイ」を気にする




「狙っている女性との2回目のデートのとき。お肉が食べたいと言うので、一緒に焼肉を食べに行ったんです。


その後、お店を出て、なんとなく“キスをしたいな……”って思ったんですが、いざキスをしようとしたときに、“俺の口のニオイ大丈夫かな……”と気になってしまい……。


結局、キスをすることがはばかられてしまい、その日はそのまま帰りました」トモ(仮名)/28歳


何回目かのキスであれば、多少ニオイがあっても気にならないでしょう。ですが、最初となると余計に意識してしまいますよね。

キスまで進展させたいのなら、ニオイの強い食事を選ぶのは避けるべきかもしれません。


デートは「近場」でする



「デートの場所が女性の帰りやすいところだと、時間を気にしなくていいので、“キスをしやすいな”と思います。


それに彼女の家が近いなら、デートの流れで夜も期待できますしね」マサユキ(仮名)/32歳


家が近ければ、終電なども気にする必要がありません。男性にとっても、気を遣わずに済むというわけです。

待ち合わせ場所に関して「どこがいい?」と聞かれたら、近場を指定するのがおすすめですよ。


会話に「色っぽい話題」を入れる




「デート中に、下ネタまではいかなくても、ちょっと色っぽい会話をして彼女からの反応がいいなら、キスくらいしてもいいのかなって思います。


例えば、浮気とか不倫の話題とかですかね。カラダの関係がどうとかって話ができたら、ハードルも下がる気がします」カイト(仮名)/30歳


男性も、自分からキスをするためには勇気が必要。そのハードルを下げるために、色っぽい会話をしておくというのもひとつの手段でしょう。

その会話が、男性を“そろそろ攻めてみてもいいのかな……”という気持ちにさせるというわけです。


歩く速度は「ゆっくり」にする



「デート帰り、あまり人通りのない道を歩いていたんです。すると、相手の女性がゆっくりと歩くので、帰りたくないのかな……と思いました。


また、もっと一緒に居たいような雰囲気だったので、手をつないでみたんです。


すると、特に嫌がるそぶりもなかったので自信がつき、無事に彼女にキスをすることができました」ケイヤ(仮名)/25歳


デートの帰り道にテキパキと歩かれると、“早く帰りたい”と思わせてしまうことも。一方でゆっくりと歩けば、男性に名残り惜しさが伝わるでしょう。

すると、男性も“キスをしてもいいのかな”と勇気が持てるはず。また、そのときは人通りの少ない道を歩くというのもポイントですよ。


“キスより先に彼と進むためにデートで気をつけること”をご紹介しました。


相手の男性にばかり任せていると、お互いに好意があっても、なかなか進展しないことも。

男性が行動しやすいように上手にサポートしたり、勇気を出して女性から求めてみてもいいでしょう。


©PeopleImages/gettyimages

©shapecharge/gettyimages

anan

2020年11月12日 20時45分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。