全部当てはまればキス上級者! 7項目で分かる「キスのうまさ診断」

2020年10月31日 21時15分

恋愛 anan

「キスがうまい」と言われる人もいますが、相手から感想を言われることはないため、自分がどのくらいのレベルなのかわからないですよね。そこで今回は、“7項目で分かるキスのうまさ診断”をご紹介。自分のレベルを把握して、さらなる高みを目指しましょう!

文・塚田牧夫


1:キスの前に見つめ合う




「キスのタイミングって難しいですよね。狙っていてもなかなか動けないときがあります。まさか“これからキスしたいんだけど、いい?”なんて聞けないし……。


そんなとき、彼女が僕を見つめてくれると、“キスしてもいいんだな”と思えます」ケイシ(仮名)/25歳


お互いにキスしやすい雰囲気を作るのも、キスのうまさに関わってきます。相手を見つめることで、“キスしてもいい”という雰囲気を演出できそうです。


2:すぐにキスしない



「キスがうまい女性って、焦らしてきますよね。鼻息がかかるくらい近い距離なのに、すぐにキスしないんです。さんざんお預けをくらい、待ちきれなくなったところでチュッとしてくるんです」タツヒロ(仮名)/31歳


キスを焦らすことで、彼の興奮を高められます。しかし、焦らしすぎても彼を冷めさせてしまうので、なかなか難易度の高い行為です。キスのタイミングを見定める能力も、キスのうまさを測る要素になるでしょう。


3:唇が柔らかい



「男性慣れしていない女性とキスをするとき、緊張しているのか、唇が固い気がします。逆に、キスに慣れている女性は柔らかいんです。キスの気持ち良さでいえば、やっぱり唇が柔らかいほうがいいですね」マサシ(仮名)/28歳


男性に慣れていないと、緊張してカラダが固くなります。それがキスにも影響するのかもしれません。やはり、唇が柔らかいほうが、男性も気持ちいいようです。


4:舌が長い



「以前付き合っていた彼女は、伸ばすと鼻先につくくらい舌が長かったこともあり、キス中の舌遣いが上手でした。彼女の舌が僕の口のなかでクネクネと動いて、気持ち良かったですね」レイジ(仮名)/25歳


舌遣いは、キスのうまさを測る大事な要素。互いの舌を絡めることで、大きな快感を生みます。鼻先につくほどでなくとも、長いほうが口のなかの隅々まで届くので、有利であることは間違いないでしょう。


5:キスを5分以上続けられる




「キスが気持ちいいと、その時間も長くなりますよね。2人きりのときだったら、5分以上はしてしまいますね」フミアキ(仮名)/33歳


気持ち良ければ、長時間のキスでも飽きません。むしろ止められなくなるようですね。中には30分以上キスをするという人もいるんだとか……。長い間キスし続けられる根気強さも必要そうですね。


6:気まずい雰囲気にならない



「キスのあと、無言になることもあるじゃないですか。なんとなく気まずい雰囲気になって、“キスしちゃいけなかったのかな……”と反省してしまいます。でも、キスの後に彼女がニコッと笑ってくれたりするとホッとします」タスク(仮名)/26歳


キスが終わったあとも、気を抜いてはいけません。気まずい雰囲気になれば、相手を不安にさせてしまいます。ニコッと微笑んだり、見つめ合ったりすることで、そんな不安は解消できるはずです。


7:キスを求められる



「キスがうまい女性とは、何回でもしたくなります。一度でもキスをして上手いと感じると、我慢できなくなりますね。お酒が入っているときは、周囲に人がいてもこちらから求めることがあります」カンタ(仮名)/26歳


一度でも気持ちいいキスを体験すると、男性はそれを忘れられず、何度でもしたくなってしまいます。つまり、彼からキスをリクエストされるということは、あなたのキスがうまいという証拠なのです。


以上“7項目で分かるキスのうまさ診断”をご紹介しました。


さて、あなたはいくつ当てはまったでしょうか。


0~3つ当てはまった方は、うまいとまでは言えませんが、ピュアなキスができる人です。そういうキスを好む男性もたくさんいますので、落ち込む必要はありません。


4~5つ当てはまったあなたは、なかなかのキス上級者。今の時点で十分に相手を満足させられそうですね。


6~7つ当てはまったあなたは、ずば抜けたキスセンスをお持ちの方。男性は、すぐに虜になってしまうでしょう。ただし、安易にキスをするとトラブルの危険もあるため、乱用は禁物です!


©Westend61/gettyimages

©Uwe Krejci/gettyimages

anan

2020年10月31日 21時15分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。