好きな人の前だと...共感続出!?「恋愛ベタな女性」の特徴

2020年10月23日 20時20分

恋愛 anan

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第54回は、これまで見聞きした恋愛下手ゆえにうまく恋を進められない女性の特徴を3つご紹介します。

1. 言いたいことが言えず音信不通になる 


【結婚引き寄せ隊】vol. 54


片思いの男性がいたり、いい出会いを探していたりしても、恋愛下手ゆえにうまく恋を進められないタイプの女性もたくさんいますよね。そんなどこか共感してしまうところがある女性の特徴として、ひとつめに「言いたいことが言えず音信不通になってしまう」こと。


控えめな印象のAさんは、女友達同士で集まるときでも、いつもにこやかにみんなの話を聞いているような性格。お嬢さまで女子校育ちということもあってか、社会人になってからも、あまり男性とは接触しないようなところがありました。


とはいえ、30代半ばとなり、「そろそろ婚活というものをしてみようかな……」と思い腰をあげたものの、もともと男性に慣れていないために会話がまったく弾みません。実際に会うまでのメールなどでのやりとりではスムーズに話が進むのですが、それは男性を目の前にしないから、あまり緊張しないで済むからなのだそう。


でも、実際に会ってみると、相槌を打つぐらいで、男性のほうから質問されたら自分の話をする程度で、なかなか次のステップへと進むことができませんでした。さらに、「将来、この人と結婚するかもしれない」と思うほど、言いたいことも言えずどうやって説明すればいいのかも悩んでしまい、何度か音信不通にしてしまったのだとか。


音信不通になるって、相手にとってはあまりいい印象ではないのかもしれませんが、根っからの遊び人で適当に付き合うから音信不通になる場合と、Aさんのように悩みすぎて適切な言葉を言えず苦渋の末に音信不通になる場合があるんですね。


ただ、今後のことを考えても、たとえば「悩みすぎてしまうので今回はご遠慮しますね」などと、ひとこと相手に伝えるようにすると、また違った展開が待っていることもあるのかもしれません。もしくは、Aさんのように恋に不器用な女性のことをすべて包み込んでくれるような男性に、巡り会えるといいですよね。

2. 意識をしすぎて逆にツンツンする 


女性だけでいるときは、明るくサッパリとした印象のあるBさん。どちらかというと、思ったことはストレートに発言するなど、男勝りな感じがありましたが、恋愛となると話は別のようでした。


まったく異性だと意識しないような男友達だといつもの明るいBさんなのですが、そこに少しでも「いいな」と思う男性がいると、途端に無口になるんです。とくに誰と誰をくっつけようなどということもなく、気楽な飲み会の場だとしても、気になる男性がいるだけで、借りてきた猫のようになるBさん。


さらに、気になる男性から話しかけられても、意識しすぎるがゆえに、「ああ」「うん」「そう」程度しか返事をしません。あげくに恥ずかしくて「目を合わせられない」とかでツンツンしている状態で、はたから見ているとちょっと挙動不審になってしまっているのだとか。


でも、程度の差はありますが、まわりから見て特定の男性にだけ態度が違うと、「好きなのかな?」と勘づく人も多いですよね。そこに気づかない男性だと、本来のBさんの良さが伝わりづらくて、もったいない。こういうタイプの女性の場合、そんな性格を理解して、間をとりもってくれるような友達がいると交流しやすくなるはずです。

3. 好反応があってもひよってしまう 


職場の先輩にずっと憧れていたCさんは、「ただ見ているだけで十分だから」と、女子高生のような気持ちで、片思いを続けていました。違う部署の憧れの先輩をどこかで見かけることがあると、ものすごくテンションが上がって、仕事もスイスイはかどるんだそうです。


アラサーでちょうど仕事もノリにノッてきていたCさんは、テキパキとすすめる仕事のように、恋もどんどんすすめていくのかと思いきや、「仕事とプライベートは別」という感覚。あるとき、仕事をがんばるCさんに、憧れの先輩から「最近頑張ってるらしいね!」などと声をかけられると、喜びが爆発しすぎて、その好反応がむしろこわくてその場から逃げ出してしまったのだとか。


せっかく憧れの先輩と会話ができるチャンスなのにと、同僚女性から言われても、「私なんて遠くから見ているだけのポジションで十分なのに」とひよってしまって、親睦を深めるチャンスも自ら遠ざけてしまう始末。その後また先輩と距離ができたらしいのですが、距離があるほうが安心するそう。


これって、“憧れ”と本当に“好き”という気持ちとが混同しているのか、それとも心の準備がまだできていないだけなのか。自分のなかでも見極めながら、もし本当に好きなら、今度はチャンスをつかめるように心の準備をしておくと、うれしい進展があるかも。


恋愛下手だからといって、うまくいかないとは限りません。「ここぞ!」というときだけはなんとか頑張って、すてきな恋愛ができるようになるといいですよね。



©stock-eye/Gettyimages

©lovro77/Gettyimages

©Westend61/Gettyimages

anan

2020年10月23日 20時20分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。