アレを信じる!...高確率で恋を引き寄せられる「女性の特徴」 #88

2020年09月24日 19時50分

恋愛 anan

恋愛したいと思ったら、とにかく出会いを増やそうって思いますよね。でもちょっと待って! 人の心は、出会いが増えると不幸を感じる仕組みになっています。それを知らずにたくさんの人と出会い続けると、気づくと疲労困憊になっているかもしれません。

文・おおしまりえ


【おおしまりえの恋愛道場】vol. 88


恋愛したい! とはいえ多くの人と出会おうとすると、全然恋が生まれない理由



結婚したい! 恋愛したい! そう思ったら、最近はいくらでも出会いを増やすことができます。マッチングアプリや各種婚活イベントだけでなく、例えば趣味のオフ会やSNSで出会うことも可能です。しかし、だからこそ、たくさんの人と出会い、「この人ならいいかな?」「こっちかな?」と迷い続ける人も増えているように思います。


「選択肢が増えると、もっと良い人がいるかもって気持ちになって選べない」という話は誰もが思うことですが、実はたくさんの人と出会うデメリットはほかにもあります。今日はその理由と、解消方法についてご紹介します。


選択肢が多いと、人は不幸になる



「選べることは自由が増えて幸せなことである」。多くの女性がそう考えていることでしょう。でも実は、選択肢が増えると人の幸せ度は下がるといわれています。いい恋愛がしたいからどんどん人と会うという行動自体が、いい恋愛から遠ざかる行為なのです! でも、いったいなぜ幸せ度は下がっていくのでしょうか。


選ぶことは人にとってストレス


そもそも、選択肢をたくさん持つことは、脳や心の負担になり、無意識にストレスとなります。マッチングアプリ疲れを起こすのも、たくさんの人と会うことによるストレス疲れによるもの。「もっといい人を探したくなるから選べない」と思っているようですが、そうではなくて、選びすぎて心も頭も疲労している状態なのです。


選ぶ時間が長くなると疑いが増す


人は何かを選ぶ時、頭の中で何をどう考えているのでしょうか。実は考えていることのほとんどは、リスク回避のためのネガティブなことだったりします。


―この人で大丈夫かな

―ちゃんと好きになれるかな

―付き合ったらすごく変な性格かも


などなど、正しく判断するための疑いを生み出します。そして同時に、失ってしまった選択肢にも思いを馳せます。


―前のあの人のほうがよかったかな

―実はこうしたほうが、幸せになれたかも


こういった損失に対しての疑念も、選ぶ時間が長いほど高まりやすくなります。


その結果、人は選ばなかった選択のほうが良かったように感じたり、目の前の相手への期待感が下がってしまったりします。でもこれは、長い時間をかけて選んだからこそ出る期待感の低下です。それってすごくもったいないことだと思いませんか。


選ぶほど期待感は高まっていく


先程、選ぶ「時間」が長くなるほど疑いが生じて期待感は下がるという話をご紹介しました。一方、選ぶ「選択肢」が多い状態は、期待感が無駄に高まってしまうといわれています。


「たくさんの男性が登録しているんだから、すごく好きになれる人がいるはず」。マッチングアプリを使っていると、ついこういった白馬の王子さま願望が高まることってありませんか。それは脳の仕組み上、起きて当然のことなのです。


期待してたくさんの人と出会って、たくさん選んで疲れ果てて、疑って答えがわからなくなる。期待感の落差もあいまって、さらにストレスがつのる。そして気を取り直してまた次の人を探す……婚活で大勢の人と出会うことは、こんな負のループにハマる危険性を高めています。


あなたはやっていませんか?


「なんとなくいい」はだいたい正しい!



無駄にたくさん選ぶこと自体を避けたほうが、人は幸せになれる。それを知っている人は、例えば毎日着る洋服はルーティンにしたり、自分の中での選び方のルールを設けていたりします。


しかし、人選びでそれをするのも難しいですよね。そこで1つだけ参考になる選び方の軸をご紹介します。それは、第一印象で感じる「なんとなくいい」という直感を信じてみるというもの。


実はこの直感の判断は、だいたい正しいという研究結果があるんです。そもそも直感のベースとなっているのは、積み重ねられた過去からの経験です。つまり理由もなさそうな感覚も、無意識の中ではきちんと理由づけがされているんです。


だからこそ、たくさんの人を頭で選んで疲れてしまうのではなく、感覚を研ぎ澄ませて直感をベースに選んでいけば、無駄な労力を省いて恋愛に向かっていけるかもしれません。


恋愛相手を選ぶのって、大人になるほど難しく感じる方がほとんどです。その理由は、経験や思考が豊かになり、相手を純粋な目で見て選べないからだといわれています。


直感的に生きることって、ある種の習慣化が必要なのですが、みなさんはできているでしょうか。ちょっと今から感じて選ぶことを習慣にして、いい恋愛を手繰り寄せてみませんか。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト


10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。




©fizkes/Gettyimages

©praetorianphoto/Gettyimages

©Igor-Kardasov/Gettyimages

anan

2020年09月24日 19時50分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。