「私のこと好きじゃないの?」男友達との予定ばかり優先する理由

2020年09月10日 18時00分

恋愛 anan

世の中には恋愛のうまくいかない女性が、大きく分けて3タイプいます。片想いばかりの女性、ケンカで心を閉ざされる女性、飽きられてしまう女性……。そんな女性達に恋愛コラムニスト・神崎メリさんが相手の地雷を踏まずに、愛され続けるための男の本能と対処法についてお教えします。発売前重版と話題の神崎メリさん最新刊『男のトリセツ』から抜粋してお届けします。

文・神崎メリ


【男のトリセツby神崎メリ】vol. 2



今回は、「仕事が忙しい」と言いつつ、土日は男友達と遊んで、自分への優先順位が低いという彼のトリセツ。「私に時間を割いてくれないってことは、好きじゃないってこと??」「もしかして浮気してる……?」と不安が募るあなたへ、男性心理をお教えします。


「本気のヒマな時だけ呼び出してきてんじゃない! 」


コレ超わかる(いきなり同意)。


平日忙しいって言われてLINEがあまり来ないのも、「まあ仕方なし」とガマンできる。だってこっちも社会人でそれなりに忙しいから。で、金曜の夜「おつかれ〜☆ 週末何するの〜?」って探り入れたときのシレッと「良平たちとフットサル行って、その後飲み行くわ〜」って返信きたときの爆発的怒りよ(スマホ持つ手がワナワナ)……。


「はぁぁ? 普段ないがしろにしておいて、週末も友達と遊び行くのとか! せめて! せめてそこは『土曜だけど、フットサル行ってもいい?』って一言聞いてほしいわけよ、だって私、彼女じゃないの? 先週の土曜だって、先輩の送別会とかで深夜まで飲んでたみたいだしさ! 翌日まんまと二日酔いで会えたの夕方5時からだよ!? 昼間から約束してたのに! 会ったら会ったで『気持ちわり〜』とかいちいちうっさいし! 知るか! OS1飲んでろ!」


「クッソ〜〜この怒りをぶちまけたい! でも恋愛本とか読むと『男同士の時間は大切にさせてあげましょう』とか書いてある(涙)。何なの!? 女っていうのは待つだけなの!? 男の自己中どこまで許せばいいわけ! 何で彼女のこと優先できないわけ?」とイライラするのですよね……。


んで、気持ちを立て直して、「今夜は? 仕事の後ご飯行こうよ!」って誘ってみたら、「今日は上司と急遽飲みなんだ! ゴメン」……誘わなければよかったと怒り爆発。「もういい! 誘わない!」と返信して、彼とギクシャクしたまま週末会わずに終わってしまった……。


こんな経験、あなたにもありませんか?


「そこは彼女である私を優先すべきでしょ!」とカチンとくるポイント


そりゃ私たち女性だって、365日自分を優先してほしいだなんて思ってはいません(思っているあなたは恋愛依存ですよ。笑)。でも優先してほしいポイントは確かにあるのですよね。こんなときに優先してもらえないとなると話は別です!

クリスマスやイベントなのに男友達優先 年末年始やGWは男友達と旅行へ行かれる 男友達との予定優先で月2日程度しか会えない デートしているのに「この後あいつらと会うから」と早めに解散される 二人きりのデートだと思ってたら、男友達が参戦してくる 趣味にのめり込みすぎて、会ってもらえない 「体調悪い(からなんか買ってきて)」アピールしても男友達と飲みに行く 平日デートなんて絶対してくれないのに男友達とは飲みに行く 自分とのLINEは未読スルーして男友達の遊んでるストーリーあげる 男の友情と言いつつ、仲間の彼女がよくいる

優先してほしくて、こんな風に彼氏に圧をかけちゃっていませんか?


もはや男友達と会えないタイミングのときだけ、私に連絡しているんじゃないの? と勘ぐるレベルで優先順位が底辺! こういう扱いをされたとき、私たち女性は彼氏に対してこんなプレッシャーをついかけてしまいますが、これは逆効果! うっとうしいと思われて、ますます優先順位は下がってしまいます!

「私のこと好きじゃないの?」と問い詰める 「その飲み会、私もいく!」と言い張る 「女じゃないの? 今すぐテレビ電話して!」と勘ぐり&命令する シクシク泣くことで相手に罪悪感を与え、コントロールしようとする 「迎えに行くから集まり終わったら連絡して!」と送迎係を買ってでる

「え? 私コレやってたわ〜(汗)」と気落ちしているあなたにトリセツをお伝えする前に、男性にとって男友達がどういう存在なのか、まずお伝えしていきましょう。彼が男友達と会いたがる心理を知るのです!


男にとって、男友達は仮面を脱げる相手



男性は女性が考えている以上にシンプルな思考回路で、ちょっと子どもじみた部分があります。でも社会人としてやっていくためには、駆け引きや打算的な部分、大人のふるまいが必要になってきて、ある種の仮面をかぶりだします。


そして彼女ができたとしても、よほど心を許せる相手ではない限り、彼らは大人の仮面をかぶったまんまなのですよね(余談ですが、彼女や妻の前でおちゃらけて裸踊りをする男性の報告がよくあります、童心に戻って心を解放しているのです。笑)。


男性は社会人してても、デートしていても気を遣って疲れます(心は小3だもん)。ところが気心知れた男友達の前になると仮面が脱げ、子どもに戻れるのです。何者でもない俺に戻って「マジで〜」と子どもみたいに笑い合え、マウント取り合うでもなく、お互いの仕事の話をフラットにできます。一緒にスポーツなんかすると、より結束が深まり、最高のリフレッシュになるのです(仲間の男たちと共同で狩りしていた狩猟時代の本能)。


男性には社会人としての仮面を脱いで、童心に戻る瞬間がストレス発散のために必要なのです(私たち女性がおしゃべりでストレス発散するように)。


男友達とのふれあい(笑)を求める、男の本能については理解できましたか? でもここで厄介なのが、男友達を優先する男性にはいくつかパターンがあるということ。そのパターンによっては、取り扱い不可と判断して(ぶっ壊れてるやん、この「おクズさま」)お見切りも必要となってきます。


3つのパターンについてこれから説明していくので、自分の彼がどちらに当てはまっているのか、チェックしてみてください!


彼女より男友達優先な男の対処法


1. あなたのことが本気でない「おクズさま」


あなたが彼にとって「とりあえずの彼女」だった場合、超当然の如く男友達を優先します! ムラムラッとしたり、どうしてもヒマなときにあなたと会おうとするのですよね……。言わずもがな、トリセツ不要な「おクズさま」です。お見切りしてしまいましょう。


2. 仲間意識が強すぎる「俺ら」


世の中には恋愛よりも、男同士の友情が一番という価値観のグループがいます。彼らは地元意識が異常に強く、女性は三歩下がってついて来いという根っからの男尊女卑で、仲間が彼女や家庭を大切にしだすと「アイツも女々しくなったなw」とバカにしたりして、お互いが逃げて行かないように結束を固めます。都会に出た同郷の友人に敵対心を持っていたりと、実は劣等感でつながっているのです。


この手のグループに属している男性と結婚すると面倒なことになります。あなたが病気で苦しんでいても「わりぃな」と出かけていくことでしょう。この手のグループとうまくやるには、あなたがそのグループにどっぷり染まる覚悟がなければムリです(大体、すでに誰かの彼女が長年仕切っていて厄介なんやわ〜)。


3. あなたが干渉し過ぎている


最初は「ど本命」でラブラブだったのに……。男友達がいても私のこと優先してくれていたのに……。最近冷たい……。こんな風に彼が変わってしまったあなたは、そもそもあなた自身が恋愛中毒で365日彼氏に依存してはいませんでしたか? 「私たち、ニコイチなんだからいつでも一緒だよね♡」「隠し事は禁止! 何でもツーカーでいこうよ!」。


こんな風にべったりされてしまうと、男性は逃げます(笑)。ここで「男友達と遊んじゃダメ」と束縛すると、彼はストレスを溜め込んで壊れてしまう可能性もあると肝に銘じてください。


女性が干渉しすぎる=男友達に逃げて彼女を優先しない「おクズさま」化


彼をこんな風にさせないためには、「たまの息抜きくらいどうぞ」と気持ちよく送り出してくださいね。これくらいの余裕がある女性に男性は戻っていきたくなるのです。



今回のトリセツ

男友達との時間は「オトナの仮面」を脱いでストレス発散するために必要なこと!

気持ちよく送り出してあげましょう。


Information



神崎メリ(かんざき・めり)


恋愛コラムニスト。2月9日生まれ。ドイツと日本のハーフ。40歳。

自身の離婚・再婚・出産という経験から「男心に寄り添い、しかし媚びずに、女性として凛と生きる力」を「メス力」と名付け、InstagramとLINE公式ブログにて発信していたところ、Instagram開設半年でフォロワーが7万人を超え、現在のフォロワーは12万人。ブログは月間200万PV。コメント欄には共感の声が殺到し、恋愛や結婚に悩める10代から50代の幅広い年齢層の女性たちから、熱い信頼と支持を集めている。

2020年9月10日発売の最新刊『「本能」を知れば、もうふり回されない! 恋愛&婚活以前の男のトリセツ』(マガジンハウス)が話題沸騰中。





©laflor/Gettyimages

©monkeybusinessimages/Gettyimages

anan

2020年09月10日 18時00分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。