深夜に「泊めて!」...ウサン臭すぎる男たち3選

2020年03月03日 20時40分

恋愛 anan

婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第32回は、婚活していて出会った“男性”についてのエピソードです。なかでも、いまでも印象に残っている「婚活男性3選」その11をお届けします。

1. 年齢を聞くとフェードアウトする男 


【結婚引き寄せ隊】vol. 32


それは20代から40代の男女が参加する婚活パーティへ参加したときのこと。その会場では、立食パーティのようなかたちで、飲み物や食べ物を各自で取りに行くスタイルでした。基本的には、フリータイムをメインとしていて、気に入った相手のところに自由に行き来できます。誰もがちょっとよそいきの格好をして、和気あいあいとパーティは進んでいきました。


そんななか、何人かの男女が楽しげに会話をしている輪があったので、のぞいてみました。会話の中心になって、場を盛り上げているのは、スラリとした背の高い男性。言葉の端々から、関西方面の出身なのだろうと感じました。


私のほかにもうひとり女性がその輪に入ったので、「あらためて挨拶しよう」ということになり、ひとりずつ簡単に自己紹介をしていた流れで横の女性が、「お仕事は?」とその男性に聞きました。「IT関係の仕事です」と男性も即座に回答。さらに女性が「お住いは? ご趣味は?」などと矢継ぎ早に質問すると、その男性もまた即答。


ただ、「おいくつですか?」と女性がたずねると、とたんに無言に。再度年齢を女性がたずねると、「年齢は非公開なんですよ」と、関西弁で笑いを交えながら答える男性。それを見ていると、たとえば女性に年齢をたずねるのは失礼だったり、自ら言いにくかったりするのはわかりますが、男性で年齢を秘密にする人は珍しいなと思いました。


その後、男性が年齢を「非公開」と答えたことを忘れた頃、またその女性が「で、本当はおいくつなんですか?」とたずねました。すると、男性は苦笑いをしていたかと思ったら、知らないうちにうまくその場をフェードアウトしてしまいました。もしすごく年上でも、大人の魅力でモテることもあるのにと思いながらも、いろんな人がいるもんだと思ったのでした。

2. パンをくれる男 


それは大手結婚相談所のお見合いの場でのこと。そこは自分の「希望条件」を伝え、出会いから成婚までをフルサポートしてくれるスタイルです。マリッジコンサルタントも丁寧で、かつ大手企業の男性がたくさん登録していて、安心感たっぷりでした。


あるとき、「希望する条件にマッチする男性がいらっしゃいます」というコンサルタントからのおすすめで、大手企業に勤めるサラリーマンの方を紹介されました。日本全国に支店があるその結婚相談所の室内で、まずは“初顔合わせ”というお見合い日程が組まれて会うことになりました。


当日、小ぎれいな格好をして出かけると、そこにいたのは写真通りの誠実そうな男性。コンサルタントが「あとはおふたりで」と言って部屋を出ると、その男性は「あらためまして◯◯です。よかったらこれ……」と言って、カバンから取り出したのは、菓子パン。しかもキッズが喜びそうなチョコペンでスマイルマークが描かれたパンでした。


婚活中に、パンを目の前に差し出されたことが初めてだったのでとまどっていたら、「僕、パンが好きで、来る途中に思わず買ってしまいました! よかったら食べてください」と言われ、受け取りました。気遣いのできる誠実な男性という好印象ではあったのですが、食べ物作戦をされたのが初めてで、いろいろな人がいるもんだと思ったのでした。

3. 夜に終電がないと連絡してくる男 


ある異業種交流会に参加したときのこと。そこで知り合ったインパルスの板倉俊之さんに似た30代の男性は、自称「銀行員」と言っていました。なぜ“自称”だと思ったのかというと、連絡先を交換してから、妙なタイミングで連絡を寄こすので、生活時間に疑問を持ったからです。


知り合ってから一週間ぐらい経ったある日の晩、もう寝ようかと思っていたら、その男性から電話が。「友達と飲んでいたら終電を逃してしまった。家が近いかもしれないから、泊めてもらえませんか」というのです。なんの親睦も深めていない男性に、急に泊めてと言われてもと、「急には難しいです」とお断りしました。


すると、1か月後の夜中にまた電話が。出ると「終電が〜」と以前と同じことを言っているので、またお断り。そんなことも忘れた頃に、また夜中に着信がありましたが、今度はスルーしていたら、その後はもうかかってこなくなりました。この男性を知る人に探りを入れたところ、違う女性には「自分はトレーダーだ」と話していたとかで、なかなかに怪しさ満点。


きっとこの男性の「泊めて」電話で、なかには実際に泊めてしまう女性もいて、味をしめて知り合った女性にいつもこうしてるんだろうなと、いろいろな人がいるもんだと思ったのでした。


婚活していると、思いがけずいろいろなタイプの人たちに会うこともあるかもしれません。くれぐれも、みなさんもお気をつけてくださいね。




©Sophie Walster/Gettyimages

©Todor Tsvetkov/Gettyimages

©sanjeri/Gettyimages

anan

2020年03月03日 20時40分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。