ドキドキするよ... 男を手玉に取る「女子の小悪魔発言」4つ

2020年01月06日 20時45分

恋愛 anan

男性は女性に甘えられると、ついコロッといってしまう場合があります。なので、上手に甘えれば、男性を思い通りに操ることができるかも? では、その方法とは一体……? 今回は、“男が手玉に取られた、女子の小悪魔発言”というテーマで、男性たちに過去の経験を聞いてみました。

文・塚田牧夫


「そういう人好き」




「僕はお酒を飲むときのこだわりがあります。グラスを持つとき、必ず左手じゃないとダメなんです。なんとなくそう決めています。


そんな話を知り合いの女の子にしたら、“分かる”と。しかも、“そういう人好きかも”とまで言うんです。何気ない会話なのに、ドキッとしてしまいました」ヒデキ(仮名)/30歳


「好き」というフレーズは強いですよね。この言葉が含まれているだけで、まるで告白されたかのような感覚に陥る男性は多いのです。


「ついなんでも喋っちゃう」




「知り合ったばかりの女の子と、2人きりで食事をしたときです。会話も盛り上がって、楽しんでくれている感じがありました。


すると向こうが、“ついなんでも喋っちゃう”と。俺と一緒にいると、話したい気分になると言うんです。そんなこと言われたら嬉しいですよね。もちろんご馳走しました」カイト(仮名)/28歳


つい話してしまうというのは、心を開いている証拠。好意を持っているという捉え方もできます。男性としては、その気持ちをもっと自分のほうに向けたいと、意気込んでしまうのでしょう。


「私なんて賞味期限切れ」




「年上の女性と仲良くしていたとき。相手は3つ上の32歳でした。飲みに行ったときに、“彼女作らないの?”という話になったんです。


そこで僕が、“そっちは?”と尋ねたら、“私なんて賞味期限切れだよ”なんて寂しそうに言うんです。キレイだし、まったくそんなことないと思うので、こっちが切なくなりました」エイジ(仮名)/29歳


「私なんて……」と自分を蔑むようなことを言われると、聞いてるほうは切なくなります。さらに、好意を抱いている相手なら、男性は支えてあげたいと思うようです。男性の庇護欲を掻き立てるような発言と言えるでしょう。


「酔うとどうでもよくなっちゃう」




「彼氏のいる女の子に、飲みに誘われたんです。まあ、彼氏もいるし、何もないだろうと思っていました。


時間が経つにつれ酔いが回ってきたのか、その子の目がトロンとなってきた。すると、“私、酔うとどうでもよくなっちゃうの”って言うんです。


ドキッとしました。どういう意味なんだろう……と。頭のなかが混乱しました」タク(仮名)/27歳


捉え方によっては、誘っているようにも感じますよね。どこかふしだらな発言のようにも聞こえます。男性は葛藤したようですが、彼女をちゃんと家まで返したようです。


“男が手玉に取られた、女子の小悪魔発言”をご紹介しました。


いったん心を掴めば、あとは女性の思うがまま。男性は、きっと何でも言うことを聞いてしまうでしょう。

しかし、あなたが好意を抱かない男性にやると、周囲から“悪女”という印象を持たれることがあります。使うなら、時と相手はよく選んで。あなたの価値を下げないように、好意のある男性限定にしてくださいね。


©Nejron Photo/shutterstock

©Nejron Photo/shutterstock

©Joshua Resnick/shutterstock

©Eugenio Marongiu/shutterstock


anan

2020年01月06日 20時45分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。