どういうこと?...「嫌いじゃないけど合わない」と別れたがる男の本音 #46

2019年12月19日 20時40分

ホンネ告白 恋愛 anan

振られた……。人生がどん底に落ちるような、もうこの先恋愛なんてできないと思うような、そんな絶望感に包まれる(?)彼氏との別れ。

仕方なく別れを受け入れたとしても、でも理由が「嫌いじゃないけど何か合わない」だったら、あなたは納得できるでしょうか?

納得できない女子に向けて、そのきれいな別れ文句の深層心理を解き明かします。

イラスト、文・おおしまりえ


【おおしまりえの恋愛道場】vol. 47


「嫌いじゃないけど何か合わない」そんな理由で振る相手の深層心理にあるもの



「嫌いじゃないけどなんか合わない」

きれいに別れたい時、振る側がよく言うセリフです。確かに付き合ってみたけれど、何かが違うと思うことは誰しもあります。しかし、振る側は“なんか違う”と伝えながらも、その“なんか”の中身を理解しているのに、相手を傷つけまいと、本音を伝えないことがほとんどです。


振る側はそれで良いのでしょうが、振られる側は原因が理解できず、最悪の同じよう理由で次の恋愛も失敗することがあります。それってかなりの大惨事。そこで今回は、振る側が「嫌いじゃないけど〜」と濁す部分に隠れている理由について、ひも解いていきます。


そもそもあんまり好きではなかった


大前提として、合わないとか合うとかいう判断を持ち出し始めたら、それは感情がそのぶん動いていない証拠です。つまり「そんなに好きじゃなかった」という事実が相手の心にはあることを、まずは理解してください(悲しいけど)。「付き合ってみたら好きになるかも」みたいなノリで、相手は恋愛をスタートしていたのかもしれません。


また、好きになって付き合ってみたけど、好きではなくなってしまった場合も世の中には多くあります。その理由は、これからご紹介していく理由が関係していることもあります。


考え方や感じ方の深さと方向性が違う



恋人に求める性格として、よく「価値観が合う」と言いますが、そもそも価値観っていったいなんのことを指すのでしょう。


よく「趣味や好きなものや性格が似ていること」なんていいますが、具体的にそれらが合うことよりも重要なことがあります。それが、考え方や感じ方の“深さ”と“方向性”が似ているとき、人は価値観が似ていて心地よいと思うのです。


例えば彼氏と自分が、同じバンドを好きだったとしましょう。あなたはそのバンドが好きな理由に「ライブでガンガン盛り上がれるから好き!」をあげたとします。しかし、彼は、「同ジャンルのバンドの中でも、メロディアスな要素が強く、90年代UKロックをオマージュした感じも、新しさと深さがあっていい」みたいな理由を述べていたらどうでしょうか。


2人は同じバンドが好きでも、もしかしたら話していて「合わないなー」と感じるかもしれません。


もちろん感じ方が真逆だからこそ新鮮さがあって、恋愛に深みが出るパターンもあるでしょう。しかし趣味に関していえば、同じものを好きなカップルの場合、うまくいく人たちは、比較的感じ方や考え方の方向性が似ている方がうまくいきやすい(心地よさを感じやすい)といえます。


相手に対して信頼感を抱けなくなった



人は「わかってもらえる」という気持ちを相手に抱くと、自然と相手への信頼感が深まり、それが恋愛感情を高めることに繋がります(むしろ信頼のない恋愛感情なんてないかも)。いったいどういうことか、イメージがつきやすいよう、彼に対して信頼感が抱けなかったある女の子のエピソードをご紹介します。


彼女の彼は、彼女の話に対して何でもYESと答える優しい人でした。行きたいところ、食べたいもの、やりたい事、彼に直して欲しいこと。全部伝えることができ、周りからみると、彼は”すごくいい彼氏”として映っていました。


しかし彼女は、残念ながら彼を好きではなくなってしまい、別れることになりました。なぜ、こんないい彼氏なのに、好きではなくなってしまったのか。それは、彼が何でもYESと受け止める“だけ”だったからだと、彼女は話します。


「私はこう思うからこうしてほしい」と伝えれば、「どうしてそう思うの?」という会話の深まりもなく、会話はYESでおしまい。何か食べようとなった時も「何食べたい?」から始まった会話は「私はこれが食べたい」と女子側が提案しないと、なかなか決まらないことばかり。そんなやり取りを繰り返した結果、女子のなかでは、自分を理解されている感じがせず、疲れてしまったのだといいます。


YESマンの彼は極端ですが、コミュニケーションはお互いが言葉や気持ちを交換しあうから成立し、そして信頼感が生まれます。どちらかが与えるだけの恋愛は、悲しいかないつか冷めてしまうのです。


彼との会話で、深さや方向性のズレはなかったか?



「嫌いじゃないけど、何か合わない」


もし、そう彼に言われて振られた女子がこの記事を読んでいたら、まずは彼とのコミュニケーションの中で、深さや方向性がずれていたポイントがないか、振り返ってみてください。もちろん、すぐに思いつくものもあれば、相手だけが「合わない」と感じていた場合もあります。見つからなくてもそこは自分を責めすぎないでくださいね。


振られた側は、理由がしっかりわからないと、モヤっとした気持ちが残るかもしれません。最終的に答えを全部ひも解くのは難しいものの、2人の関係での合う合わないを考えることで、気持ちを相手に寄り添わせる力が高まります。そんな成長ができれば、あなたはコミュニケーション上手に一歩近づき、きっともっと素敵な女性に成長できるかもしれません。


おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト


10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。




©Witthaya Prasongsin/Gettyimages

©DjelicS/Gettyimages

©Constantinis/Gettyimages


anan

2019年12月19日 20時40分

ホンネ告白 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。