何気ないひと言にキュン♡ 彼が「女友達を意識した瞬間」6つ

2019年11月30日 20時15分

胸キュン 恋愛 anan

それまで友だちだと思っていた人を、急に異性として意識し始めることは珍しくないようです。そこで今回は「異性の友だち」と思っていた女性を、ふとしたきっかけで意識し始めた男性に話を聞いてみました。

文・東城ゆず



口周りの汚れを拭いてくれた



「友だちとして付き合って8年ほど経過したときでしょうか。僕と彼女とその仲間たちで飲み会をしていたときのこと。僕はついお酒が進んでしまい、ほろ酔い状態でした。


そのとき、彼女は“口にケチャップついてる”とニッコリ笑って、僕の口を拭いてくれたんです。彼女は覚えていないようですが、それ以降、彼女を異性として強く意識しはじめました」(Hさん・32歳男性/アパレル)


優しくされると、グラッときてしまう男性は多いものです。男性同士だとあまりない交流だけに、ささいな思いやりにもキュンとするケースがあるようです。


意味深なセリフにキュン



「大学のサークルで知り合った2つ年下の女性がいるのですが、彼女はまさに妹みたいな存在。悩みをよく相談してくれるので、頼られる感じがして嬉しかったんです。


あるとき、いつものお悩み相談と言われて呼び出されたのですが、彼女は“ずっとふたりで遊びたくて、でもなんて誘ったらいいかわからなくて”と赤面しながら僕に打ち明けてくれました。


かわいすぎて、異性として意識せざるを得ませんでした」(Eさん・30歳男性/保育士)


「ふたりで」という言葉が特別感をかもし出しますね。特別扱いされて嫌な人はあまりいないので、かなり使える方法です。



好きな異性のタイプを話していたら



「僕には女友だちがひとりいたのですが、ふたりとも趣味が美術館巡りだったので、一緒に出歩くことが多かったんです。


あるとき、好きなタイプを告白する流れになったときに、彼女は“趣味が同じで、それほど身長が高くない人で、話しやすい人がいいなぁ”と僕のことを見つめました。


“それ、俺のこと?”と確認すると、その場では笑ってごまかされましたが、後日告白したところ、OKをもらえました。今では恋人同士として仲良く付き合っています」(Oさん・35歳男性/介護士)


ちょっと回りくどい方法ですが、彼をドキドキさせるにはうってつけの方法ですね。それとなく彼に好意を気付かせたいときにも有効な手段です。


会わない時間が続いたとき



「ある日、長年の女友だちが“最近、ある男性にしつこくアプローチを受けているの”と僕に相談をしてきました。長年の友人として言わせてもらうと、彼女は押しに弱いタイプ。少し心配でした。


その後、連絡が取れない日が続いて、“もしかして付き合ったのかな? 俺と遊んでくれなくなるのかな?”と、ずっと心細く思っていました。そのとき、彼女のことを異性として見ている自分に気づきました」(Wさん・32歳男性/医師)


会えない時間が続くと、相手のことを大切だと再確認する人は多いでしょう。たまには連絡を取らないのもいいかもしれませんね。



厳しく怒られたとき



「前から一緒に遊んでいる女友だちがいます。俺はいつも待ち合わせに30分くらい遅刻してしまうのですが、今まで彼女に怒られたことはありませんでした。


しかし、あるとき“女の子を待たせるのはやめた方がいいよ!”と思いっきり怒られてしまいました。


怒られはしたのですが、俺に嫌われる覚悟で怒ってくれるなんて、なんて素敵な女性なんだと感じました」(Oさん・28歳男性/エンジニア)


男性を大切に想うからこその助言は、彼にもきちんと伝わるようです。厳しくも的確なアドバイスをしてくれる彼女に心を奪われてしまう男性も多いはず。


何気ない一言に



「大学の同期の女友だちと身長の話をしていたとき、彼女が何気なく“カップルの身長差が15cmあると、キスが気持ちいいんだって”と言ったんです。


そこで彼女に身長を聞いてみると“155cmだよ”と小さく笑いました。僕の身長は170cmなので、ぴったり15cm差です。


“この子とキスの相性がいいのか……”と思ったら、意識しはじめてしまいました」(Mさん・21歳男性/大学生)


何気ない一言で、男性の妄想スイッチをONにすることもできるかも。


恋愛対象として見られるためには、スキンシップを想像させるような言葉をかけるのもいいでしょう。


友だちだと思っていた男性から「女性として見られてる」なんて、少しドキドキしてしまいますね。


それまで友だちとして仲良く付き合えていたのですから、ふたりの相性は悪くはないはず。恋愛のチャンスに恵まれない……という方は、周囲の男友だちに目を向けてみるのもアリかもしれませんよ。


©imagenavi/shutterstock

©Green Apple Studio/shutterstock

©PeopleImages/shutterstock

©bojanstory/shutterstock


anan

2019年11月30日 20時15分

胸キュン 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。