既読スルーが許せない!...彼氏のLINEが気になりすぎる時の解決策

2019年11月20日 20時30分

男性心理 LINE体験談 恋愛 anan

LINEを既読スルーされると返事を催促してしまうとか、次々にメッセージを連投するという人は要注意。LINEだけで何もかもを判断しようとしていませんか? 好きな人のLINEが気になりすぎている人は、ちょっと注意が必要です!

文・沙木貴咲


恋愛にLINEは必須! 好きな人の気持ちを探るために、何でもないメッセージを深読みしてしまう人もいるかもしれません。想いが強くなるほど、彼へのLINEが既読スルーされると不安でならないとか、スタンプだけの返信に変な勘ぐりをするなど、気になって仕方なくなるはず。そんな時はやっぱり、視野を広げてLINEから離れることが大事です。


LINEのトークがすべてじゃない!



恋愛にLINEは欠かせないものですが、だからこそ、LINEだけで恋愛しようとしている人が多くなっているのかもしれません。好きな人のLINEが気になりすぎてつらくなっている女性は、LINEというステージだけで恋愛していることが多いです。口頭での会話や直接会うことを怠っていないでしょうか?


男性のなかには、女性ほどマメにメッセージを送らない人がいますし、LINEを連絡用ツールとしか見ない人もいます。LINEでは「了解」「OK」という素っ気ない返事ばかりなのに、会って話すと饒舌にいろいろと語る人もいるでしょう。


そもそもLINEですべてを語ろうと思っていない男性も多いのです。だから、たとえば深く考えずに送ってきた言葉に対して、まったく見当違いの返事をしたり、一方的に落ち込んだりするのかもしれません。


彼がLINEをどう扱っているかを知る



ネットを検索すれば、LINEから彼の本心を探るような記事がたくさん出てきますが、男性だからこう! 男性にはこんなクセがある、といったルールはありません。男性でもLINEの扱い方は人それぞれで、マメにメッセージを送る人もいれば、既読スルーばかりで返信が遅い人もいます。


LINEが気になってしまうのなら、できるだけ早く彼がLINEをどう扱っているかを知ることが大事です。


男性はLINEをどう使う?


短文をリズミカルに送り、「おはよう」「ただいま」といった他愛ない言葉も送ってくるようであれば、息をするようにLINEするタイプだといえるでしょう。LINEでも本音をさらけ出しやすく、告白すら送って来るかもしれません。


一方で、返信が「OK」「わかった」「うん」など素っ気ないものが多く、用がないとメッセージを送ってこない男性は、LINEを連絡用ツールとしか見ていないはず。本心といえる部分をLINEで語ることはまずないので、口頭で話すことに注目したほうが良さそうです。


あるいは、勤務中はスマホに触れられないとか、早朝や夜が忙しいなど、彼のライフスタイルと仕事の状況を把握することも重要でしょう。日中はほぼLINEの返信ができないのを知らずに連投をすれば、彼にウザがられるかもしれませんし、何を送っても返信がないと杞憂してしまうはず。


男性だからといって、ひとくくりでLINEの傾向は決められないですし、彼の性格や仕事、ライフスタイルを含めて判断することが大切です。


大事なことは会って話す



LINEがあまりマメじゃない男性は特に、重要なことは口頭でしか話しません。LINEごときで送るべきではないという考えが少なからずあるので、LINEのメッセージを深掘りしても仕方ないでしょう。


また、LINEで多くを語りがちな男性だとしても、大切なことは面と向かって話したほうがいいと思います。表情や声の様子を生で感じ取りながら話したほうが、実のある話ができるはず。うまくいったと思っていたのに実は違った、という思い違いをしないで済みます。


結局のところ、LINEは恋愛の一部分でしかないので、そこで彼の気持ちをすべて把握しようというのは難しいかもしれません。LINEは上手に活用しつつ、大事な話は口頭か、せめて電話で話したほうがスムーズなやり取りがかなうでしょう。




©Mixmike/Gettyimages

©Morsa Images/Gettyimages

©Tim Robberts/Gettyimages


anan

2019年11月20日 20時30分

男性心理 LINE体験談 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。