あえて別れを切り出して... 「彼氏の辛い束縛」を直す方法7つ

2019年10月10日 21時15分

男性心理 恋愛 anan

彼と幸せな関係を築きたいと思っても、喧嘩することだってありますよね。特に、彼が嫉妬深い場合は「どうしてそんなことで怒るの?」と、激しい喧嘩になりがちです。しかし、彼の束縛が激しいときに彼に怒っても、解決は難しいでしょう。そこで今回は、彼の束縛が激しいとき、女性ができる対処法について7つ紹介します。

文・東城ゆず


お揃いのものを持つ




「彼の束縛がきついと感じたので、ふたりが付き合っている証としてペアリングを買ってもらいました。左手の薬指につけいれば誰だって恋人がいるのが分かるということで、彼も安心したようです」(Aさん・31歳女性/事務)


お揃いのものを身につけていれば、彼は安心するかもしれません。彼女の周囲に「自分という彼氏がいる」ことをアピールしたい男性には、効果的な方法です。


短い時間から連絡を絶つ




「彼の束縛に理解を示すと束縛がエスカレートして、付き合いきれなくなります。そこで、まずは1時間おきで連絡を返すことを止めました。短い時間でも彼が返信を催促せずに待っていたら、『信じてくれて、ありがとう』と気持ちを伝えます。そのような行為を根気よく続けたら、彼からの束縛LINEが徐々に減りましたよ」(Mさん・35歳女性/保育士)


短い時間でも、連絡がないことを我慢できない男性は、きっとあなたに依存しているでしょう。そこで、短い時間からでも連絡を取ることを止めてみましょう。もし「彼女から連絡がこなくても大丈夫」と彼自身が理解できたら、彼も執拗に彼女に連絡することはなくなるでしょう。


交友関係を告げる




「私の友人や同僚との関係性、仲の良さが分かっていないからこそ、束縛するのだと思います。彼にこれまでの卒業アルバムや、どんな企業に勤めていてどんな人が働いているかを説明しました。異性が多い職場というのを理解してくれたようで、それから束縛が落ち着きましたよ」(Iさん・34歳女性/SE)


交友関係を理解していないと、彼は想像で彼女の遊び相手をイメージします。束縛体質な彼はこんなときにネガティブな想像しか浮かばないものです。交友関係を思い切ってオープンにするのも手段の一つ。遊びに行く相手のことを事細かく教えていれば、「怪しいことはないんだな」と彼も理解してくれるはず。


予定を共有するアプリを入れる




「私の予定を常に把握したいという彼。理由を聞いたら『好きだから、全部知っておきたい』と言うので困りました。いちいちLINEするのも面倒なので、予定を共有するアプリを入れるようにしました。そうしたら、安心したのか、険悪なムードは無くなりましたよ」(Kさん・37歳女性/看護師)


予定を共有するために、連絡が増えるのは負担ですよね。毎回の予定や詳細までを彼氏に伝えていては疲れてしまいます。


そこで、最近流行っているのがカレンダータイプのスケジュール共有アプリ。自分のカレンダーに予定を入れれば、彼もその予定を見ることができます。スケジュールをオープンにすることで、彼も「隠し事はないんだな」と思ってくれるでしょう。



別れを切り出す




「あまりに束縛に耐えきれなくなったので、『そんなに言うなら別れる』と、冷静に別れを切り出しました。焦った彼氏が『もう束縛はしないから』と大反省したことにより、関係は良好になりました。行き過ぎた束縛であれば、女性も居心地が悪いことを主張した方がいいですよ」(Hさん・38歳女性/経理)


あまりに行き過ぎた束縛は、女性の心を蝕んでいきます。そんな男性は、見限るつもりで別れを切り出すのもオススメです。彼が変わろうと思ってくれたら、ラッキー。ただ、本当に別れに発展してしまう可能性もあるので、覚悟を決めてから発言しましょう。


彼も遊びに連れていく




「女子会などであっても、彼も遊びに連れて行くようにしました。最初のうち彼は嫌がっていましたが、みんなに“私の彼氏”と説明することで安心したらしく、束縛も緩和されましたよ。彼も私の友達と仲良くなって『いい人たちだね』と笑顔で言ってくれました」(Wさん・30歳女性/事務)


彼の束縛が激しい理由は、浮気の心配だけでなく、もっと彼女と一緒の時間を過ごしたいと思っている場合もありますし、共通の友人がいる場合は「どうして僕は誘われないのか」とねたんでいる可能性もあります。そんなときは、彼も一緒に出かけるようにすることで、彼を納得させることができるのでしょう。


同棲を検討する




「常に一緒にいたい年下の彼は少しでも仕事で遅くなると、『寂しい』と連絡を送ってきます。文句は言ってこないものの、そんな様子が私は負担に感じていました。そこで、同棲を切り出したんです。毎日のように顔を合わせるようになったら、『たまには、どこかに遊びに行ってきなよ』と、いい距離感を保てるようになりました」(Uさん・43歳女性/出版社勤務)


あまりに一緒にいることを要求してくる束縛彼氏には、同棲することを切り出して見るのもオススメです。同棲すれば、マンネリの可能性もありますが、程よい距離感を作ることができるかもしれません。


彼の束縛は、自信のなさや不安から来ている可能性が高いです。彼の束縛に怒るのではなく、どうすれば彼のことを安心させられるのかについて考えると解決方法が見えてくるようです。


©Kamil Macniak/shutterstock

©traveliving/shutterstock

©fizkes/shutterstock

©GaudiLab/shutterstock

©fizkes/shutterstock

©nd3000/shutterstock

©TZIDO SUN/shutterstock


anan

2019年10月10日 21時15分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。