正直しつこい... 残念な「構ってちゃん男子」の特徴6選

2019年10月01日 20時15分

恋愛 anan

職場の同僚や自分の彼氏など、意外と身近な男性に「構ってちゃん」の男性はいませんか。最初は、人懐っこく可愛らしい男性に愛嬌を感じてしまう女性も多くいるでしょう。しかし、次第に彼のふるまいがストレスの原因になってしまうことも……。今回は、女性に過剰に関わろうとする「構ってちゃん男子」の特徴と、その対処法をご紹介します。

文・東城ゆず


しつこく連絡してくる




「合コンで出会った男性は、最初から私に気があるようでした。男性に好かれるのは嬉しいことなのですが、私は別に好意を寄せている訳ではないので冷たく返事していたんです。それでも、仕事終わりや休みの日までプライベートなことを続々と聞いてくるLINEにうんざり。結局はブロックしました。清々しましたよ」(Hさん・33歳女性)


しつこい連絡で、自分の気分が落ち込んでしまうような時は、ブロックしてしまうのも手段の一つでしょう。しつこく連絡してくる男性ほど、女性が嫌がっていることに気づいていないものです。


自分の話ばかりする




「私の同僚に、いつも自分の話ばかりする人がいるんです。正直、本人しか共感できない話なので、いつもつまらない思いをしていました。


そこであるとき、会話の内容を私がリードしてみたんです。すると“僕の話、終わってないじゃん”と嚙みついてきました。


イラっとしたので“だって、あなたの話がつまんないです”と言ったら、私の話も聞いてくれるようになりました」(Kさん・30歳女性)


自分の話ばかりで周囲のことを考えない人は、男女問わず存在します。そんな人には、オブラートに包まず、ダイレクトに感想を訴えるべきでしょう。


とにかく甘えん坊




「同棲している彼氏は、とても甘えん坊。私の仕事が休みの日も、ずっと一緒にいました。ちょっとした外出でも一緒じゃなきゃダメだったんです。


そんな生活が半年続いた頃、さすがに疲れてしまいました。甘えてくる彼氏に“自分でやってよ”と冷たく突き放したことがありました。


意外と私がいなくても大丈夫そうで、“今までの頑張りはなんだったのかな”と後悔しました。単に自分が何かするのが面倒だっただけのようです」(Iさん・31歳女性)


女性としては、頼られたら断りづらいと考える人も多いでしょう。ただ、自分の負担になってしまうようであれば、毅然とした態度でたしめなる必要もあるでしょう。



いつも彼女が近くにいないと…




「いつもデートで私をエスコートしてくれる年上の紳士とお付き合いしていたのですが、付き合って半年たった頃、急にプロポーズされました。


その理由が“君が僕のそばにいてくれないと不安だから”だと聞いてびっくりしました。少し連絡が遅れるだけで私の家に押し掛けるような人だったので、予想はしていたのですが、まさかここまで依存体質だったとは……。


そこで、あえて彼と会わない期間を設け、彼にもそれを徹底させました。今では彼も我慢できるようになり、いい距離感を保ってくれるようになりましたよ」(Wさん・34歳女性)


あなたへの依存が強い彼には、少し距離をとってあげるのがよいでしょう。あなたも彼も辛いでしょうが、距離が近すぎる恋愛は煮詰まってしまい、きっと破綻してしまうでしょう。


些細なことですねる




「自分の意見や話を聞いてくれないと、すぐにすねる上司がいたんです。“どうせ僕の意見なんて、誰も聞いてくれていないんだろう……”とボソボソつぶやく上司が、本当にいやでした。


最初のうちは彼のご機嫌をとっていたのですが、だんだんそれも面倒になり……。声をかけることもなくなってしまいました。


私たちが上司をスルーするようになってからは、さすがに彼も学んだのか、すねることもなくなり、普通に業務をするようになりましたよ」(Kさん・38歳女性)


誰かに構って欲しいためだけに、すねる男性も多いです。早めに彼の本心に気付き、余計な労力を割かないようにしましょう。


子どもっぽくアピールする




「私に反応してもらいたいのか、私の彼はわざと大声を出すことがあります。“あっ!”とか、“へぇ〜!”とか、ひとりで大きな声を出しているんです。


最初の頃は“どうしたの?”などと話を聞いていたのですが、自分が注目を浴びていたいだけだと理解してからは、話を聞くのをやめました。


それ以降は、あまり大きい声を出さなくなりましたよ」(Mさん・28歳女性)


注目を集めたいためだけの理由で、大声を出す男性もいるようですね。本人にはそこまで深い意図はないので、本気になって反応する必要はないでしょう。


以上、 残念な「構ってちゃん男子」の特徴をご紹介しました。


彼の行動が、知らず知らずのうちにあなたの負担になっているかもしれません。そうなる前に、毅然とした態度で改善を促してみましょう。


© TORWAISTUDIO / Shutterstock

© miya227 / Shutterstock

© KaptureHouse / Shutterstock

© liza54500 / Shutterstock

© tuaindeed / Shutterstock

© Rachata Teyparsit / Shutterstock


anan

2019年10月01日 20時15分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。