ラブラブしよう!... 夫とのスキンシップを深められる「意外な方法」7つ

2019年09月06日 21時15分

恋愛 anan

結婚すると、以前はラブラブだった夫との関係が冷めてしまうことも多くなるでしょう。それでも、好きで結婚したふたりですから「たまにはラブラブしたい」と考える女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、“夫と久しぶりにラブラブしたい時のおねだり方法”を7つ紹介しましょう。

文・東城ゆず



ストレートに「しよう」と誘う



「夫とご無沙汰になってから、5年が経とうとしていました。夫婦仲をどうにかしたいと思っていたのですが、鈍感な夫はアプローチに気づいてくれませんでした。そこで、ストレートに“ラブラブしよう”と誘ってみたんです。その日の夜は、約5年ぶりに幸せな気持ちになりました」(Mさん・29歳女性)


妻のラブラブしたいアプローチに気づかないのであれば、ストレートに誘うのもおすすめ。なんとなく遠ざけていただけで、思ったより簡単にラブラブな時間を過ごせるかもしれません。


夫を褒める



「普段はそっけない態度をとってしまう私ですが、ラブラブしたい時は夫を褒めるようにしています。“すごいね”とか“結婚してくれてありがとう”と言葉に出して伝えます。子育てで忙しく、夫には普段きつく当たりがちですが、こういう日を作ることで“ツンデレな妻も可愛いね〜”と、喜んでくれます」(Hさん・32歳女性)


毎日、夫に優しくすることは難しいという人は多いでしょう。仕事で忙しい人は、夫と会話する時間すら取れないこともあるはず。それでも、週に1回でも、夫への好意や感謝の気持ちを言葉に出してみましょう。きっと彼も喜んでくれるはず。


「一緒に早く寝よう」と誘う



「夫婦で共働きだと、どうしても寝るタイミングがズレてしまいますよね。家事や子育てに追われていても、夫はそれを理解せず寝てしまうんです。そこで、“一緒に寝ようよ。たまにはラブラブしたいよ”と伝えると、夫も寝る時間を私に合わせてくれるようになり、自然と家事も手伝うようになりました。前よりラブラブになれたようです」(Wさん・37歳女性)


生活リズムが夫と合わず、悩む女性は多くいるでしょう。そんなときは、夫に目的を伝えた上でお願いすると、うまく行くかもしれません。




何も言わずに手を握る



「たまにロマンチックなムードを演出することも、夫婦には大事だと思うんです。この間、高級なおつまみとワインをあけて、おうちでディナーしていた時のことです。気持ちよく酔っていたこともあり、夫を見つめて手を握ってしまって。夫も火がついてしまったようで、その夜は寝かせてくれませんでした」(Iさん・39歳女性)


いつもと違うシチュエーションで、スキンシップを取ってみるのもいいかもしれませんね。


夫の好物ばかり並べる



「あからさまなご機嫌取りも、夫婦ほどの近い関係なら問題ないと思うんです。むしろ、そのくらいでないと、気づかれない可能性もあるんですよね。


私がラブラブしたい時は、とにかく夫が好きな料理をテーブルに並べるし、お酒もたくさん用意しておきます。気持ちよくなった夫に、”愛してる”と伝えると、“普段言わないけど、感謝しているよ”と嬉しい言葉が返ってきました」(Uさん・40歳女性)


夫婦で過ごす毎日は、単調でマンネリしがちです。しかも、多少気を遣った程度では気づいてもらえないことも。そんなときは、多少露骨でも、分かりやすい気遣いが重要になります。


ふたりだけのデートに誘う



「子どもの両親という立場になったふたりだからこそ、夫婦の絆を高めるためにはふたりきりの時間が必要なんです。たまに、夫と私だけのデートをすることがあります。あえて外で待ち合わせてみると、恋人どうしに戻った気分になれるんです」(Sさん・26歳女性)


ふたりだけのデートに夫を誘ってみるのもいいでしょう。当日の予定を相談するだけでも会話のネタになりますので、マンネリ気味な夫婦こそデートを提案してみては?


毎日「好き」と伝え続ける



「日頃から愛を伝えられるような雰囲気じゃないと、ラブラブできるムードにもならないと思っています。だから、夫には毎日“好き”と伝えるようにしています。家族という以前に、恋人同士だったふたりですから、この感情を伝えられる環境を作るのは大事だと思うんです」(Hさん・32歳女性)


一緒に暮らしていると、夫を想う気持ちを忘れてしまう女性もいます。家族である前に、恋人でもある夫に、改めて「好き」と伝えてみることで、ラブラブな関係に戻れるかもしれません。


いかがだったでしょうか。

夫とラブラブしたいと思ったときは、いつも以上にわかりやすいアピールをするのがいいようです。夫婦であっても、惜しみないラブアプローチを忘れないようにしましょう!


©Luis Alvarez/gettyimages

©PeopleImages/gettyimages

©PeopleImages/gettyimages


anan

2019年09月06日 21時15分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。