通知にドン引き...男からのウザいいくじなしLINE4つ

2019年09月02日 19時50分

ドン引き行動 LINE体験談 恋愛 anan

興味のない男性からのお誘いは、スパッとお断りするのもレディのたしなみ。ですが鉄のハートを持つ男性は、それでもしつこく連絡してくるようで……。今回は、ライター・牧ぐりこが女性のみなさんに「男からのいくじなしLINE」をテーマに話を聞いてきました。ゾワッとするような連絡のオンパレード、覚悟してお読みください!

文・牧ぐりこ


「嫌なところがあったら言ってよ」




「同僚の男性と、仕事終わりに何回かご飯に行きました。ラーメンや定食などを一緒に食べただけで、デートではありません。ですがそのご飯がきっかけで、彼からプライベートの連絡やお誘いがくるようになったんです。

波風を立てたくなかったので、なるべく時間をあけてから簡単な返事をしていました。すると彼から『最近そっけないよね。嫌なところがあったら言ってほしいな……って思うのは俺の傲慢なのかな?』と下から様子をうかがうような連絡がきて。『仕事の関係に恋愛を持ち込むところがイヤ!』……とは言えず(笑)。決定的なアプローチをされたわけでもないので、のらりくらりと逃げ回っています。そろそろ気づいてほしい!」(29歳・メーカー)



男性は「押してダメなら引いてみろ」を実践したようですが、下手に出られても無理なものはムリですよね。大人なら、こちらは好意を持っていないことに早く気づいてほしいものです…。


「これからも好きでいたらあかん?」




「友達の友達として知り合った男性から『好きだな〜、つきあってくれたら嬉しいのにな』と連絡がきたんです。『私はそういうつもりないです!!』とはっきりお断りしたんですが、毎日のように一方的な連絡がきます。

ある日『これからも好きでいたらあかん?』という通知がきていて、さすがにぞっとしました…」(25歳・サービス業)


セリフだけは健気ですが、実情は真逆ですね! わざわざ「好きでいてもいい?」なんて言って気を引いて、情けないと思わないのでしょうか。チラチラとこちらの反応を伺っている感じがうっとうしいです…。


「俺、プレゼント渡せてたかな?」




「暑気払いのビアガーデンに誘われました。大人数の会だったので知らない人もたくさんいましたが、その中に私の苦手な男性がいたんです。何度も思わせぶりな告白をしてきて、その度にお断りしている相手でした。

飲みの席では挨拶程度しか交わさなかったのですが、帰り道に『俺、ちゃんとプレゼント渡せてたかな? 酔ってたからあまり覚えていなくて』とLINEがきたんです。『なんのこと!?』と思ってかばんをあさったら、いつの間にかラッピングされた海外のお土産が入っていました。酔っていたなんて絶対ウソで、確信犯に違いありません。

『受け取っていないし、今後も一切物をもらう気はありません。もう連絡してこないでください』と返して、お土産は駅のゴミ箱に捨てました」(31歳・ホテル勤務)


善意をもってプレゼントを買ってきてくれたことはわかっていますが、鞄の中にこっそり忍ばせるのは気持ち悪すぎ! それに加えて、自己満足のために物を贈るのはやめてほしいものです。贈り主は多かれ少なかれ「ありがとう」とお礼を言われたくて選んだんだろうし、こちらもお礼くらい言わないといけない気がしてしまいます。でも、女々しくつきまとってくる人のために嘘でも喜ばないといけないのは理不尽ですよね…。拒絶してるんだから早く去ってください!!


「好きなだけ浮気していいよ、でも彼氏でいさせて」




「長く付き合った彼氏がいました。でも1年ほど前から、私の気持ちは離れていて……。『早く彼と別れないと』と思っていた矢先に素敵な男性と出会い、とんとん拍子で告白されたんです。もちろんOKしました。

彼と別れる理由がやっとできたので『好きな人ができた』と伝えました。それでもなかなか諦めてくれないので『もうその人と付き合うことに決めたの!』と言ってしまいました。すると『浮気相手がいてもいいから、彼氏でいさせて……』という連絡がきたんです。『そういう問題じゃない』と伝えて正式に別れるのに、とても苦労しました」(33歳・代理店)


浮気は褒められたことではないですが、人間ですから心変わりしてしまうこともありますよね……。別れを告げられているのに「浮気相手でいいから一緒にいさせて」ではなく、あくまで彼氏の座に居座ろうとするメンタルの強さに呆れます。「浮気相手でいいから!」なんて言葉も、相当女々しいですが……。


以上「男からのいくじなしLINE」を見てきました。興味がないからあしらっているのに、どうして気づいてもらえないんでしょうか…。「無理です」「ないです」と取り付く島もないくらい、思い切り冷たく断ったほうがいいときがあるのかもしれません。



©JGI/Tom Grill/Gettyimages

©Westend61/Gettyimages

©Kevin C Moore/Gettyimages


anan

2019年09月02日 19時50分

ドン引き行動 LINE体験談 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。