意外と細かい...! 男が“キス中に萎える”女の特徴7つ

2019年08月07日 20時15分

恋愛 anan

好きな人とのキスは、とても素敵な時間です。男性にとっても、それは同じことでしょう。しかし、女性が気にしていないことでも、男性にとっては萎えてしまう原因になることも。今回は、そんなキス中に男性が萎えてしまう原因をご紹介します。

文・東城ゆず



口や香水の臭いがキツイ



「ニンニクを食べた後など、臭いがきつい状態でキスをするのは遠慮したいです……。とてもキスに集中できたものではありません。


また、香水の香りがきついのも苦手です。キス中は鼻で呼吸するので、よけいにその香りが気になってしまうのです」(Uさん・32歳男性)


これは男女ともに言えることですが、キスをするときは臭いに気を付けましょう。


唇がカサカサ



「唇がカサカサな女性とのキスは、痛いですよね。なかなか積極的になれないんですよ。


それに、僕がキスするとさらに彼女の唇が荒れそうだし……。ちょっと気を遣ってしまいますよね」(Wさん・42歳男性)


唇がカサカサだと、その唇の感触が気になってしまう男性も多くいます。唇のお手入れは常にしておくことをオススメします。



いきなり激しいキス



「積極的な女性は大歓迎なのですが、最初から激しいキスだとちょっと引きます。


僕はキスのムードをすごく大事にしているので、徐々に激しくなっていくのがいいかな……」(Wさん・39歳男性)


キスの印象はムードによって決まると言っても、過言ではありませんよね。男性のキスが最初から激しいと、あなたもつい身構えてしまうはず。


彼に同じことを思わせないためにも、キスの激しさにはお気を付けくださいね。


目が開いている



「僕の様子を伺っているのか、キスの最中に目を開いている女性がいました。


僕は目をつぶっていたんですが、視線を感じて目を開けたら彼女と目が合ってしまって(笑)。


ちょっと気まずいので、キスするときは、目をつぶっていてほしいですね」(Sさん・37歳男性)


キスの最中は、相手がどんな表情をしているのか気になります。しかし、あまりに見つめてしまうと、彼も気にしてしまうもの。ほどほどに留めておきましょう。


髪の毛を食べている



「髪が長い女性は、たまに唇に髪がつきますよね。それは仕方ないと思っています。


僕が萎えるのは、髪の毛が唇についたままキスをすることなんです。髪の感触が気になってキスに集中できないんです」(Cさん・22歳男性)


髪の毛がリップやグロスで唇についてしまうこともありますよね。キスの前には、髪の毛を耳にかけたり、ピンで留めたりするなどの工夫をして乗り切りましょう!



歯に異物が挟まっている



「歯に異物が挟まっている女性は、どうしても気になってしまいます。歯に何か挟まっていないかだけは、デート前に鏡で見てほしいですね。


もちろん、僕もデート前にはチェックしています。キス以外でも、歯に何か挟まっていたら、可愛い笑顔が台無しです」(Hさん・28歳男性)


男性とデートしていなくても、歯に異物が挟まっているのは恥ずかしいので、常に気を配っておきたいものです。鏡で自分の歯に何か挟まっていないか、デート前に確認したほうがいいでしょう。


キス最中のおしゃべり



「僕の彼女は、キスの最中におしゃべりをします。“今のキスはどうだった?”“私のこと好き?”と、キスしながら言うので、聞き取れずに困ります。


キス最中のおしゃべりは、せめて唇を離してからにしてほしいです。また、キスの感想を求められるのも困りますね……。元カノと比べられるのも嫌だと思うので」(Bさん・29歳男性)


キスの最中に話しかけられると、集中できない人は多いはず。2人のムードを台無しにしないためにも、キスの最中に彼に話しかけるのは避けましょう。


好きな人とのキスは魅力的なもの。ちょっとした心がけでキスがさらに素敵なものになるなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


©Luis Alvarez/gettyimages

©EyeEm/gettyimages

©Strawberry Mood Photography/gettyimages


anan

2019年08月07日 20時15分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。